• HOME
  • ライフスタイル
  • 【体験談】寂しい気持ちの正体とは!? 離婚後の寂しさを乗り切るためには

ライフスタイル

【体験談】寂しい気持ちの正体とは!? 離婚後の寂しさを乗り切るためには

自分で選んでなったシングルマザー、でも子育てをしていて日々忙しいなかでも、ふと寂しい気持ちに襲われることってありませんか。そして、それが続くと、もしかしたらこんな寂しい気持ちになっているのは自分だけかもしれないと悩んでしまいがちです。しかし、実際にはシンママさんの多くが経験していることなのです。

そういったシングルマザーならではの寂しさの正体ってなんなのでしょうか、そしてそれを知ることでどう対処して日々を楽しく過ごしていけるようになるのかを考えてみたいと思います。

■シングルマザーが寂しいと思う理由やきっかけ

◎子どもに手がかからなくなった

子どもが小さくて手がかかるころはとても大変でしたが、寂しいと感じる暇もないくらい忙しかったはずです。しかし、今度は子どもに手がかからなくなると、時間ができてふと寂しいと思ったり老後のことを考えて不安になったりしやすいのです。

◎子どもが独立した

子どもが進学したり、成人したり、あるいは結婚したりで家を出ていくことがきっかけとなって、家に自分一人しかいないと寂しさ感じることがあるようです。

◎友達がいない

友達付き合いが苦手だったり、友人が少なかったりするママの場合、老後一人になる可能性は高いかもしれません。それを危惧して、寂しさや不安を感じてしまうこともあるでしょう。とくに子どもの手が離れ、一人でご飯を食べているときなどに不安になったり、悲観的になったりしてしまうこともあるかもしれません。

◎再婚相手に恵まれない

老後、子どもが家を出ると寂しくなるので、再婚相手をと考えて婚活をするシングルマザーもいます。しかし、お見合いや婚活パーティーに出かけても、なかなか再婚相手にめぐり合えない人もいて、このまま一人で老後を過ごすのかと不安に思うことがあるようです。

◎十分な収入や貯蓄がない

シングルマザーでなくても、多くの人が抱える老後への不安。仕事の収入が不安定だったり少なかったり、貯金が不十分であると将来一人で過ごす生活への不安が出てくることでしょう。

子どもが大きくなって自立しても、子どもの収入に頼るような親にはなりたくないとほとんどの人が思っています。だからこそ、一人でなんとかやっていかなければならないことへのプレッシャーや不安を抱えて、つらくなるケースがあります。

■【体験談】シングルマザーが子育てしていて寂しいと思う瞬間

実際シンママが寂しさを感じた体験談をご紹介しましょう。

◎1日の家事子育てが一段落したとき

「1日の多忙なひとときから解放されて、ほっと一息ついたときに、ふと寂しくなったことがあります。家事育児、仕事中は必死に頑張っていて寂しさにひたっている余裕などありません。でも、子どもが寝てしまってから一人になったとき、落ち着いたら心にぽっかり穴があいたような感じがしました」

◎将来を考えたとき

「このまま結婚をしないで一生を過ごすことを考えると、子どもたちはいつか巣立って自分の元からいなくなります。そうなったら、自分は一人ぼっちになるのではないかと思うと寂しい気持ちになりました」

◎幸せそうな家族を見たとき

「ショッピングセンターなどで父親と母親がそろってにこやかにしている家族を見ると、うらやましさを通り越してふと寂しくなってしまいました」

■シングルマザーでずっと一人じゃない、寂しくないと思う理由

ずっと一人で寂しいと思うシングルマザーがいる反面、同じような境遇であっても、寂しくないと感じるシングルマザーだっています。気持ちの切り替え方や考え方、乗り越え方については人それぞれのパターンがあります。どのようにすれば、今のずっと一人だと思う気持ちを乗り越えられるのかを考えてみました。

◎子どもがいるから一人じゃない

シングルマザーの場合、子どもが独立して家を出て行ったとしても帰ってくることもあるはずです。また、子どもが結婚すれば孫もできますし、また新しい楽しみが増えます。

ずっと子どもが家にいたから、一緒に過ごした家から出ていくと取り残されたような虚しい気持ちになることはあるでしょう。でも、これは永遠の別れではないのです。独立しても親子の縁が切れるわけではありません。

シングルマザーよりも老後に一人だと不安に思うのは、離婚後も子どもがいない人や、独身の人ではないでしょうか。子どもや配偶者がいない人の不安に比べれば、シングルマザーは子どもがいる分、寂しくないという考え方もあるかもしれませんね。

◎今の状態が気楽と考える

友達がたくさんいても友達付き合いが面倒に思うこともあります。また、子どもがいい年をしてずっと家にいてもご飯を作ってやったり何かと干渉されたり、わずらわしいと思うことだってないとはいえません。

つまり、今このちょっと寂しいくらいの状況が実は気遣いとか干渉とか考えなくていいので、一番楽できるのだと考えてはどうでしょうか。そうやって前向きに思うことで不安も解消されるかもしれません。

◎十分な貯蓄と備えを持つ

ライフプランニングをしたことはありますか? 子どもへの教育資金や生活費がいくらかかって、老後資金がどれくらい準備できるかという計算をしたことはありますか?

自分で計算するのが難しければFP(ファイナンシャルプランナー)に相談して、今の収入と貯金で老後一人でやっていけるかどうかを試算してもらうと安心できるかもしれません。

また、シンママの場合は稼ぎ手がほかに家庭内にいないので、自分に何かあって働けなくなったときのことを考えて、備えを持っておくことが安心です。就業不能保険や貯蓄性のある年金保険に加入するほか、貯金をしっかりと持っておくことなどで対策できます。

経済面への不安が老後一人で生きることへの不安につながっているケースはとても多いです。この不安が解消されることによって、一人でも余裕を持って生活できるようになるはずです。家事ができないタイプの男性に比べれば、女性は基本的に家事ができる人が多いので、経済面がクリアされれば不安なく生活ができるでしょう。

◎死ぬまで婚活をあきらめない

「もう40歳だから相手には恵まれない」「もう50歳台になったから、再婚はできない」と諦めてしまう人がいます。しかし、今の時代は人生80年時代です。40歳なんて折り返し地点に過ぎません。再婚して子どもを産みたいということでなければ、何歳で彼氏を作ってもいいし再婚してもいいのです。そう思うと、焦ることなく気楽にのんびり婚活ができますね。

◎一人の楽しみを持つ

子育てに忙しい頃は、自分のための楽しみや趣味を持つ時間はなかなか確保できないものです。しかし、その間に、ひそかにしたいことを考えておくといいですね。

子育て中にできなかったことをたくさん書き出しておいて、子育てが落ち着いた頃に少しずつ始めてみると、人生が楽しく充実してきたというシンママさんもいます。

◎一人でいられるメリットを考える

ふと襲われる寂しさや孤独感に目を向けてしまうと人生楽しくありません。一人でいられるというのは貴重だとこれまでの人生を振り返ってみるのも大切です。子どものご飯を作らなくてもいいし、自分の意思で好きに過ごせることを考えてみると、不安感より開放感のほうが勝るというシンママさんもいます。

◎離婚前の生活を振り返ってみる

一人でいることより2人でいるほうが楽しいと思う人もいます。そんなときは、再婚や彼を作ることを考えてもいいかもしれません。しかし、それでも不安や寂しさがぬぐい去れないときには、離婚前の生活を思い出してみるといいでしょう。「あんなストレスだらけの生活に戻るくらいなら、今の生活のほうがはるかにまし」「一人のほうが気楽」と思えるかもしれません。

■【体験談】シングルマザーは寂しいとき、どうやって解消した!?

上記では、シンママが子育て中に感じる寂しさを中心にご紹介いたしました。続いては体験談です。

◎どんなときに1番寂しく感じるのか?

「やはりシングルマザーになったばかりのときは家族連れを見ると寂しくなります。私もそうでした。周りの人は家族で楽しそうにお出掛けしているのに何で私にはこんな家庭が作れなかったのか?と自問自答した時期があり、外出するのが嫌になった時期がありました。おそらくシングルマザーのほとんどの方が同じ思いをしたことだと思います。

また、子どものイベントにおいても家族連れで来ている家庭を見ると寂しくなったりもしました。シングルマザーになって3年くらいはそんな感情と私は葛藤していたと思います。但し、シングルマザーになったことに関して、後悔はなかったです。ただただ寂しく感じるだけでした」

◎どうやってその寂しさを紛らしたのか?

「私はなんでも相談できる人を見つけました。ちょうどその頃、自分よりも9つ年上の異性と出会い、彼もバツイチでシングルマザーの苦労は分かっていて、応援してくれていました。子どもを連れて一緒に遊びに行ってくれたりと私の不安を取り除いてくれる人と出会うことができたため、乗り切る事ができたと思います。

やはり一人では寂しさは解決できないですよ! 誰かに頼るということも必要だと今になってつくづく思います。但し相手はしっかりと選ぶ必要があります。その前の異性はシングルマザーの私をみているのではなく、女性としてみていたので、何するにも二人きりであったり、私の寂しい心の隙間を埋めるというよりも、遊ばれているという感じでした。それがまた、余計に寂しくなったりもしました」

◎寂しいが故に判断力が鈍る事があるので要注意!

「先ほども話しましたが、寂しさのあまり異性に走ってしまうと判断力が鈍り、子ども優先から自分優先の考えになってしまいがちです。失敗したからいえることですが、寂しいからと行って側にいてくれれば誰でもいいという考えはやめた方がいいです。一時期はそれで心が満たされるかもしれませんが、解決には絶対になりません。冷静に考え判断することをお勧めします。」

◎異性でなくても同じ境遇のシングルマザー同士話しをすることで解決できることもある

「同じ境遇のシングルマザーであれば、どんなときにつらくて寂しいのかということが理解してもらえますよね。同じシングルマザー同士意見交換することでその寂しさを軽減することができますよ! 気の合うシングルマザーの友達を作るのも寂しさを紛らわす一歩につながります。」

~まとめ~

とくにシングルマザーになったばかりの数年間は、いろいろな感情がでてきて悩まされることが多いと思います。否定的なことをいう人もいますが、それには惑わされないようにしましょう。シングルマザー歴10年のあるママはこう言っていました。

「私にも寂しいと感じる時期はあったけれど、大丈夫、時間とともに忘れていくから」

もしかしたら、今悩んだり寂しさに襲われたりしていることの心配って、そういう時期なのかもしれません。日々、子どもと一緒に普通に楽しく過ごしていくだけで、周りのことも気にならなくなってくるのかもしれません。

(文/ゆー、音葉、yuunamama 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!