ライフスタイル

借金が原因で離婚になった時の注意点

シンママStyle編集部

 

夫や妻に借金がある場合、借金を理由に離婚することはできるのでしょうか? 離婚後の借金の返済は誰がするのか、夫婦間でどこまで返済義務があるのかなど今回は離婚と借金についてお話します。

 

■借金を理由に離婚できる?

 

法的な離婚理由には

・相手の不貞行為

・夫婦生活の拒否、扶養義務を遺棄など

・相手が3年以上生死不明

・相手に回復の見込みがない強度の精神病がある

・その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある(暴力、虐待、性生活の不満、配偶者の親族との不和、過度な宗教活動、犯罪行為による服役など)

などがあります。見てわかるように、借金は法律上、明確な離婚理由としては上がっていません。ですが、ギャンブルや浮気相手に貢ぐための借金など、夫婦共同の利益のためではない借金で、その借金が原因で夫婦関係が破綻に追い込まれたとなれば、借金が離婚理由として認められる場合があります。

 

■離婚後、借金の返済はどうなる?

 

離婚時の財産分与の対象は、プラスの財産だけではなく、マイナスの財産も対象になりますので、夫婦共有の財産である住宅のローンが残っている場合などは分与することになります。

 

ですが、先にも言ったように夫婦共同ではなく、自分の欲のために一方的に作った借金や、婚姻前の借金は分与の対象になりません。そういった場合は借りた本人に返済義務があります。

 

■生活費のための借金

 

生活費が足りず、夫に内緒で借金を作ってしまったという主婦の方もいると思います。最初に言ったように、ギャンブルなど自分のためだけに作った借金ではなく、生活費のために仕方なく借金をしてしまった場合などは一緒に生活していた夫にも責任があります。

 

夫に借金を打ち明けたら離婚を切りだされたとか、自分の作った借金だから自分で返さなければと諦めずに専門家に相談してみてください。専門家に相談することで返済金が減額になったり、過払い金があることがわかったりすることもあるので、ぜひ一度相談してみて下さい。

 

■借金が原因で離婚した時の注意点

 

〇子どもの相続権

相手の借金が原因で離婚した際は、気をつけなければいけないことがあります。それは、子どもには相続権があるということです。離婚しても子どもにとっては親であることには変わりないので、例えば借金のある夫と離婚して、その夫が死亡した場合、子どもには相続権があるので、借金が相続されてしまう可能性があるということです。

 

そんな事態を避けるためには、家庭裁判所に相続放棄を申し出ましょう。

 

〇連帯保証人は変更できない

婚姻中に借り入れが必要になったとき、妻が連帯保証人になっているということもあるかと思います。一度連帯になってしまえば、離婚したからと言って自然と責任がなくなるわけではなく、貸主の同意がなければ連帯保証人を変更することはできません。連帯保証人から抜けるには、別の保証人を立てるなどして貸主の同意を得る以外に方法はありません。

 

☆まとめ☆

知らないところで相手に借金を作られて離婚する場合だけでなく、上にも話したように女の人でも借金を作って離婚の危機になることも少なくありません。何のための借金なのか、その理由によっては夫婦2人で返済していく責任があり、逆に一方的な借金であれば返済義務はないということになります。

 

借金を理由に離婚になるような時には、何のための借金なのかよく把握して、返済義務のある人を明確にしておくことが大切です。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!