ライフスタイル

離婚するときの親権について

シンママStyle編集部

 

離婚をするときに子どもがいる場合は親権者を決めなければいけません。基本的には子どもと一緒に住む親が親権者になるものですが、親権者は、必ずしも子どもと一緒に住んでいる人とは限りません。親権の中に監護権が含まれますが、状況によっては親権者が監護できるとは限らないため、親権がある親が監護権ももっているとは限らないのです。

 

親権と監護権の違いって?と疑問に思う方もいるでしょう。そこで今回は、親権、監護権について紹介します。

 

■親権とは?

 

親権とは、未成年の子を監護、教育し、その財産を管理するため、その父母に与えられた身分上および財産上の権利・義務の総称のことです。親権を行う人を親権者と言います。

 

内容

〇財産管理権

〇子どもの法律行為に対する同意見

 

■監護権とは?

 

親権の中に含まれる身上監護権のことです。

 

内容

〇身分行為の代理権

〇居所指定権

〇懲戒権

〇職業許可権

 

監護権は権利ですが、子どもを守る親の義務でもあります。監護を行う義務を放棄し、子どもの命の危険が生じるなど、安全が脅かされた場合、保護責任者遺棄罪で処罰されることがあります。

 

■別居中の親権、監護権

 

婚姻中の親権は夫婦両方にあるため、別居中であっても親権は双方にあります。ですが、別居中の監護権は子どもと一緒に住んでいる方にあります。

 

■親権者の決め方

 

離婚する際にはどちらが親権をもつか話し合って決める必要がありますが、双方が親権を主張し、親権者が決まらない場合は調停申立をし、親権者を決めることができます。

 

親権者にふさわしいと判断されるには、次のような事情を考慮して、子どものことを考えて総合的に判断されます。

 

・子どもの年齢や発育状況

・親権者となる人の子どもとのかかわり方

・収入などの経済力

・親権者が不在の時に代わりに面倒を見てくれる人がいるかどうか

・親権者となる人の健康状態や監護

・住宅や学校などの生活環境

・兄弟の分離が必要なのかどうか

・子どもの意見

 

子どもが幼ければ、母親が親権者になる可能性が高いのですが、これらのことを総合的に判断するので、必ず母親が親権者になるとは限りません。

 

また、親権者を決める場合、不貞行為があった相手を親権者にはしたくないと主張しても、これらの事情を総合的に判断して決められるので、不貞行為自体は判断の基準にはなりません。残念ながら浮気していた夫の方が親権者になることもありえてしまうのです。

 

ただし、夫の不貞行為が子どもに悪影響を及ぼしたとなれば、判断材料になります。子どもがおおむね10歳以上になれば子ども自身の意見も尊重されます。

 

■親権と児童扶養手当との関係

 

児童扶養手当は子どもを扶養する一人親が受けることが出来る制度です。収入によって支給金額が変わります。

 

児童扶養手当は、扶養している親、つまり一緒に住んで子どもの面倒を見ている、監護している親がもらえるものなので、親権の有無は関係しません。

 

■親権者を変更することはできる?

 

親権者が子どもの面倒をみていない、みられる状況ではないなど、子どもに影響がある場合、親権者変更調停を申立し、成立すれば親権変更は可能です。ただし、あくまでも子どもの福祉が優先なので、親の勝手な都合で親権者を変えることはできません。離婚時の話し合いのときによく話し合って取り決めをしましょう。

 

☆まとめ☆

 

親権について紹介しましたが、たとえ親権者であっても、子どもの利益に反する行為がある場合には特別代理人が子どもの代理や同意をすることがあります。“子どものため”が最優先であることを忘れず、親権者としての責任をきちんと果たして欲しいと思います。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!