シンママ学生はやっていける??周りのサポートや給付金など

今回はシングルマザーが経済的に自立するために必要な資格や、学校へ通う為の給付金のお話をしたいと思います。

タグ:

 

シングルマザーになると決めた時、いざシングルマザーになって生活をしていると安定した収入を求めますよね。小さい子供を抱えて保育園のお迎えなどで働ける時間に限りがある中、安定した収入を得るには専門職に就くか特化している資格が必要になってきます。

 

女性の国家資格と言えば【看護師・准看護士】【歯科衛生士】【保育士】等がありますがお子さんを抱えての学生生活は不安が大きいかと思います。

 

お子さんが小さい場合だと周りのサポートが必要ですし、学費や学校へ通っている間の生活費などお子さんを育てていかなければなりませんので不安は尽きませんよね。ですがある一定の条件を満たせばハローワークから給付金が支給されたり、市町村によって異なりますがシングルマザー(非課税世帯)対象の月額10万円が貰える制度、また母子家庭への無利子の貸付があるのをご存知でしょうか?

 

そこで今回はシングルマザーが経済的に自立するために必要な資格や、学校へ通う為の給付金のお話をしたいと思います。

 

■シングルマザーが学校へ通うメリットとは?シングルマザーにおススメの資格をご紹介します

 

シングルマザーになり手に職や資格がある方はお子さんを育てていく上で仕事探しに困りませんが、資格も何もなく専業主婦から離婚しシングルマザーになると経済的に自立する事から始まりますよね。

 

シングルマザーでも、専門学校に入りなおして資格を取れるのか?と不安な方も多いと思いますが、シングルマザーだからこそ職に困らない国家資格が必要だと思います。シングルマザーという状況ではどうしても子供の送り迎えや急な呼び出しにお休みと職場に迷惑をかけてしまう為に正社員で採用してもらうのが厳しくなってしまいます。かといってパートやアルバイトだと安定した給与が貰えずに生活にゆとりが持てません。

 

そんなシングルマザーだからこそ、会社側から多少のリスクはあってもこの人材は必要だ!と思ってもらう事が大切です。

 

女性の国家資格と言えば 看護師・准看護士 歯科衛生士 保育士 介護福祉士など医療や保育系が多いですよね。保育士は2年制の専門学校へ通うと卒業と同時に資格が取れますし、すでにお子さんを育てている経験のあるシングルマザーには有利かと思われます。

 

また、看護師は3年制ですが一度資格を取ってしまえば夜勤など働き方次第では十分にお子さんを育てていけるだけの収入を得る事ができます。この機会に是非一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

■シンママ学生が知っておきたい事!給付金や使える制度はフルに活用しましょう!

 

シングルマザーになって資格の大切さが分かった今、専門学校へ通いたいけれど学費が高くて躊躇している…、学校へ通っている間の生活費が賄えるのか不安…、と考えますよね。ですが一定の条件(雇用保険への加入期間が2年又は3年)などを満たせばハローワークから給付金が最大で168万円降りる制度があるのをご存知でしょうか?

 

専門実践教育訓練給付金と検索をかければすぐにでてくる制度ですが、実際にこれを活用して学校へ通っているシングルマザーのお母さんも少なくはありません。

 

また、学校へ通っている間の生活費ですが同じくハローワークから専門実践教育訓練支援給付金というものがあり、離職する直前の6ヵ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の80%が支払われます。

 

例えば直近半年間の総支給が16万円だったとします。そうすると16万×6ヵ月=96万÷180日=賃金日額¥5,333になります。ハローワークから出ている早見表で確認すると¥5,333の場合切り捨てで¥5,250になりますのでその80%に対する額が基本手当日額¥4,139になります。

 

計算など少しややこしい面もありますが、ハローワークの方は丁寧に教えてくださりますので興味のある方は是非一度ハローワークでお話を聞いてみてはいかがでしょうか?

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

タグ: