• HOME
  • ライフスタイル
  • 話題の子供食堂とは?誰でも利用できる?また、支援やお手伝いは出来る?

話題の子供食堂とは?誰でも利用できる?また、支援やお手伝いは出来る?

南は沖縄から北は北海道まで活動領域を広げているこども食堂ですが、今回は少し堀さげてお話しようと思います。

タグ:

 

皆さんは【こども食堂】を知っていますか?テレビや新聞で取り上げられていたり、ドラマの一部として登場したりと何かと話題の活動になっています。

 

母子家庭や父子家庭のお子さんへ向けた取り組みで、保護者が仕事等で帰りが遅い時や一人で晩ご飯を食べなければならない時などこども食堂へ出向けば無料もしくは格安で手作りの温かいご飯が食べられます。

 

また、こども食堂のメリットは手作りの温かいご飯が食べられるというだけではなく、誰かと一緒にお友達やこども食堂を手伝っている皆さんと一緒に食卓を囲む事ができるのもまた一つの特徴です。

 

南は沖縄から北は北海道まで活動領域を広げているこども食堂ですが、今回は少し堀さげてお話しようと思います。

 

■こども食堂は誰でも利用可能なの?また、どういった方の利用が多いの?

 

こども食堂を知っている方が着実に増えてきている現在ですが、まだまだ認知度が低いのも事実ですよね。こども食堂がどういう所なのか、またどういった方が利用しているのか分からない方が多いかと思います。

 

こども食堂とは、母子家庭 父子家庭のお子さんが一人でご飯を食べる機会を減らす目的も兼ねていますが、栄養のあるバランスのとれた食事を提供する事や人と人とのコミュニケーションを図る目的もあります。

 

普段ひとり親家庭で保護者と食事をとる機会が少ないお子さんやそのお母さんにとってはとても有難い取り組みですよね。

 

こども食堂ネットワークによると、地域により開催日時や時間は様々ですが月に1回の開催~平日毎日開催されている所、学校が終了し晩ご飯の時間帯に開かれている所から土曜・日曜の昼間に開催されている所など様々です。

 

北は北海道【もみじ台子ども食堂 つぼみ】から南は沖縄【子どもの広場IN那覇】など数多くあります。

 

こども食堂に大人のみで来店すると通常の料金がでる場合がありますので、こども食堂というコンセプトを理解しお子さんと一緒に来店してみると楽しめるかもしれません。

 

気になった方や是非利用したい!とお考えの方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

■こども食堂を開きたい方!またお手伝いしたい方!大歓迎です!皆さんで活動を広めていきましょう

 

こども食堂ネットワークには全国のこども食堂が掲載されているだけではなく、こども食堂を手伝いたい方や、実際に開きたい方などを随時募集しています。

 

例えばこども食堂を手伝いたいけれど、どこに行けばお手伝いできるのか、食材や調理器具の差し入れをしたい等お手伝いできる事は人それぞれですよね。

 

こども食堂ネットワークのホームページには、今お肉が足りません 野菜が足りません等の情報が掲載されていますので支援出来る方は是非一度覗いてみてほしいです。あなたの支援一つで助かる人たちや喜ぶこども達が必ず存在します。

 

また、支援する際に気を付けてほしい事が実際にお肉屋お野菜など送る際は一度送り先の施設や団体の方に連絡を入れてください。

 

これはホームページにも記載されている事なのですが、こども食堂は実際に店舗を構えている所も多いですが、まだまだ地元の公民館や施設の一部を借りて運営しています。その為、どこのどなたが送ってきたか分からない郵便物だと受け取る事が出来ずにせっかくの心使いを無駄にしてしまう事になります。

 

また、実際にこども食堂を開きたい!子供たちが安心して通える居場所を提供したい!という方がいらっしゃいましたら是非一度【こども食堂のつくり方講座】を受講されてみてください!

 

こども食堂ネットワークでは、こども食堂を実際に開きたい方向けに立ち上げ準備や運営方法等を教える講座を開いています。興味のある方は是非一度こども食堂に足を運んでみるのもいいかもしれません。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

 

 

 

タグ: