シングルマザーのお部屋探しで押さえておきたい3つのポイントって?

シングルマザーの皆様は仕事に家事、子育てにと、忙しい日々を送っていらっしゃる方が多いと思います。そんな中、春から新居で新生活を始める方も多いのではないでしょうか?お部屋探しを一から始めるにあたって、どこから手を付けて良いのかがわからない方も多いはず!シングルマザーのお部屋探しに役立つことをまとめてみました。

4401

シングルマザーの皆様は仕事に家事、子育てにと、忙しい日々を送っていらっしゃる方が多いと思います。そんな中、春から新居で新生活を始める方も多いのではないでしょうか?お部屋探しを一から始めるにあたって、どこから手を付けて良いのかがわからない方も多いはず!

シングルマザーのお部屋探しに役立つことをまとめてみました。

(1)お部屋探しは優先順位をつけよう!

4402

お部屋探しの時はどうしても欲張りになってしまうものです。最寄り駅からは近いほうがいい、オートロックがほしい、台所も広いほうがいい・・・と、様々な条件を満たすお部屋を探してしまいがちです。毎日忙しいシングルマザーだと、なおさらそうでしょう。しかし、すべての条件を満たす完璧な家は、ほぼないに等しいと思ったほうがいいでしょう。

すべての条件を満たそうと思えば思うほど、お部屋探しが困難となってしまいます。効率よくお部屋探しをするためには、優先順位をつけることが必要不可欠です。たとえば、お子様がまだ幼い場合は、お部屋の周辺の治安は良いか、周りに遊具のある公園はあるか、学校からは近いか、などの条件が考えられるでしょう。

一方中学生や高校生の場合は、通学に支障がない程度で多少遠くのお部屋に住まれても大丈夫だと思います。また、自分の職場への通勤の便の良さなども重要な条件です。お部屋に求める様々な条件を一度紙に書き出し、それらの中で優先順位をつけるといいでしょう。すると、不思議とお部屋探しが楽にできるように感じます。

 

(2) お部屋探しで押さえておきたい3つのポイント

4403

①実際にお部屋を見に行ってみる
優先する条件を満たすお部屋がいくつか見つかったら、実際に見学に行ってみることがマストです。不動産屋の方と見に行かれるのはもちろん、自分でも何回か足を運んでみましょう。この時、毎回同じ時間帯に行くのではなく、朝や夜、などと時間帯を分けて何度か見てみるのがおすすめです。お部屋探しは、そのお部屋自体だけでなく、そのまわりの環境も視野に入れることを忘れないでください。朝に行けば、実際に家から仕事場へ向かう場合どれぐらいの時間を所要するのか、通勤電車がどれぐらい混むのか、などがわかります。夜は、夜道はどれほど暗いのか、子供一人で歩かせるのは危険か、などがわかるでしょう。お部屋のつくりが気に入ったから飛び乗るのではなく、多面的に見ることで公開しないお部屋探しをしましょう。

②住んでからの生活費のやりくりの目安を考える
お部屋探しが大体定まってきたところで考えなければいけないのが、生活費です。気に入ったお部屋が見つかったのはいいけど、実際に暮らし始めたら生活がきつい、という風にならないように、あらかじめ家賃を含む生活費のプランを考えておいてください。お部屋が変われば、家賃に加えて、いろいろな費用が変わってくるでしょう。それらの費用も含め、賢く計画を立てておきましょう。

③子供が生活するために環境は整っているか最終確認する
お部屋探しにおいて最優先されるべきなのは、やはりお子様でしょう。お部屋周りの治安の良さに加え、隣人の雰囲気など、お子様が幼ければ幼いほどさまざまな条件が合致していなければいけません。周りの同い年ぐらいの子供たちが暮らしていれば、親が仕事で帰りが多少遅くなってもお子様は寂しくないでしょう。逆に、公園がなく、子供もあまり住んでいないような住宅エリアでは、寂しい思いをするかもしれません。毎日忙しく、子供と常にともにいることができないかもしれないシングルマザーにとって、お子様が毎日楽しく、安心して過ごせる環境にあることが大事でしょう。

 

(3)最後に

4405

いかかがでしたか? 毎日忙しくてお部屋探しに時間をさける方は少ないかもしれません。しかし、忙しいシングルマザーだからこそ、お部屋探しは妥協せずに、いい部屋で少しでもゆとりある生活を送れるようにしましょう!