• HOME
  • 住宅・インテリア
  • 豊かな大自然の中でのびのび安心して子育てできる  引っ越し費用から育職住の支援まで。シンママ移住研修生募集中!

豊かな大自然の中でのびのび安心して子育てできる  引っ越し費用から育職住の支援まで。シンママ移住研修生募集中!

 

最近よく耳にする「移住支援」シングルの悩みを解決する新たな取り組みが広がっています。今回お話を伺ったのは愛媛県久万高原町ふるさと創生課の山本氏と倉橋氏。お二人とも久万高原町で幸せに子育てをされています。

 

四国の軽井沢と呼ばれる久万高原町は、愛媛県の中南部に位置し、四国カルスト県立自然公園を有する森林に囲まれた高原のまちで、西日本最高峰の石鎚山をはじめ、日本三大カルストに数えられる四国カルスト、水質日本一に輝く仁淀川の源流域に広がる面河渓など、自然遺産の宝庫です。

 


(写真:面河渓)

 

平均標高800mの冷涼な気候に恵まれ、四季美しく、夏季は冷涼で冬季は積雪が見られます。農林業と高原リゾートのまちとして発展しています。

 

■安心して子育てできる 「地域移住支援」

 

高齢化、過疎化、若者の都市部への流入によって、危機を迎える地方部では、移住支援を行っている地域が多々あります。移住支援には「住宅の支援、提供」「職の紹介・提供」を中心に、様々な助成や軽減措置があり、生活費が都市部に比べ安価なこと、コミュニティの親密さや優しさが注目されています。

 

そんな中、ひとり親の移住支援事業は上記に加え、子育て環境の良さも加わり、「育・職・住」が叶えられる、一からスタートできると、ひとり親家庭の問題を解消できる仕組みだと注目されています。

 

■手厚いサポートを受けるチャンス!研修生を3名募集中

 

そんな中、愛媛県久万高原町では、久万高原町以外にお住まいのシングル家庭の方で、平成31年3月までに久万高原町へ移住し、平成31年4月から1年間、医療・介護・保育施設等で研修ができる「シングル子育て家庭移住支援事業」の研修生を募集しています。 研修生に認定された方には、研修期間中に各種助成金等の支援が予定されています。

 

支援内容は以下の通り

 

住居助成

◆住居紹介

  • 町営・民間住宅をご紹介します。

◆住居助成

  • 『賃貸』
    ※家賃月額の3分の2(上限2万円)
  • 『購入』
    ※2万円/月(購入費が100万円以上)※改修費補助制度あり

 

研修先紹介

「職種例」

◆介護、介護支援

※給与例( 正職員:15万~+手当有)昇給・賞与・保険・退職金制度・有給休暇・その他

◆看護師、看護師補助者

※給与例( 臨時職員:看護師 時給1,400円 補助看護者 時給800円)保険・有給休暇・その他

◆保育教諭、保育士

※給与例( 常勤職員:166,900円+手当有)昇給・賞与・保険・退職金制度・有給休暇・その他

 

養育助成

◆養育助成金

  • 『養育助成』
    ※子供1人につき1.5万円/月(中学生以下)

◆子育て支援

  • 『乳幼児医療費助成』
    ※0歳~15歳まで通院・入院は無料
  • 『紙おむつの補助』
    ※3歳未満の乳幼児に5万円分のおむつ券を交付
  • 『保育料』
    ※所得に応じて保育料の軽減措置
  • 『地元高校への入学準備金』
    ※入学費用7万円を支給
  • 『児童手当』
    ※3歳児未満1.5万円/月 3歳以上中学生1万円/月
  • 『児童扶養手当』
    ※全部支給42,500円 一部支給42,490円/月~10,000円/月 他

 

充実生活

◆助成金

  • 『支度金』
    移住の支度金として35万円を支給

 

◆毎月のように行われる各種町内イベントがあります。

 

 

写真は8月に行なわれる久万納涼祭り(御用木)の様子

 

募集概要

募集人数

3名(定員になり次第締め切り)

募集期間

平成30年9月21日(金)~平成31年1月31日(木)まで

応募要件

応募時において、次のすべての要件を満たしている方

  • ①久万高原町以外在住のシングル子育て家庭で、中学生以下のお子さんと久万高原町に移住される方
  • ②久万高原町が指定する事業所で就労が可能な方
  • ③研修終了後、久万高原町に定住する意思のある方
  • ④研修開始時において年齢が55歳以下の方
  • ⑤以前に久万高原町の住民であった方は、町外への転出後、3年以上を経過していること

 

合格者は研修生として認定されます。研修開始に向けて、平成31年3月中までに久万高原町に転入し、平成31年4月1日から医療・介護、保育施設等の事業所で研修を開始していただきます。

 

 

お気軽にお問い合せ下さい。

問合せ先

〒791-1201
愛媛県上浮穴郡久万高原町久万212番地

久万高原町役場 ふるさと創生課 移住促進班

0892‐21-1111 8時30分~17時15分(土日祝日を除く。)

 

furusatosousei@kumakogen.jp

 

久万高原町ウェブサイト

久万高原町 移住・定住サイト

 

・お話を伺ったのは…

久万高原町役場 ふるさと創生課 移住支援員 山本一人氏

 

平成28年3月に岡山から妻と子ども、そして実母(H29)と久万高原町に移住してきました。平成29年8月から、久万高原町の移住定住支援員として移住者及び移住希望者の夢や希望に沿ったお手伝いをしています。

 

子どもたちは、日々都会では体験できない自然たっぷりの野遊び川遊びをし楽しんでいます。都会の便利さと引き換えに、心の満足、スローライフを手に入れられ、久万高原町への移住は、大正解でした。

 

久万高原町役場 ふるさと創生課 倉橋広幸氏

 

子ども2人(小4女子・幼稚園(年長)男子)*来年、第3子誕生予定。

 

天気の良い休日は、町内のイベントや公園へ出かけて遊んでいる。平日、帰宅後は主に下の子と「戦いごっこ」。その後のエネルギー補給(ビール)が欠かせない。

 

 

ウチコミ!

シンママ 行政イベント一覧ページ パソコン用の画像

シンママ 支援情報一覧ページ パソコン用の画像
歩りえこのコスパ de トラベル
あやちゃん先生の正しい離婚相談室
養育費コラム
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します
メールマガジン登録はこちら