友情崩壊を防げ!独身の友達とルームシェアする前の確認事項

独身のともだちとルームシェア!シンママとしては家賃も光熱費も折半だから嬉しい事この上ない条件です♪ですがお相手はどうでしょう?楽しいルームシェア生活を送るためにしておきたい、入居前の確認事項についてご紹介します!

タグ:

 

シングルマザーとして家計を切り盛りしていると、家賃が出費の大半を占めていることに改めて気づかされます。そんな家賃を折半できるのがルームシェア!

 

1つの家、もしくはマンションの1室を、2組以上の世帯が同居することを言います。シンママにとっては金銭的なメリットが大きいから、「一緒に住もうよ」と言われたら飛んでいきたい気持ちです。

 

でもお相手はどうでしょう? ここではルームシェアする相手が独身の場合に気をつけておきたい、一緒に住み始める前の確認事項についてお伝えします!

 

■スタート前にシンママから必ず知らせておく事

 

子供と暮らしていて当たり前になってしまっていますが、子供がいる生活といない生活とでは、家の中で感じるストレスの度合いが半端じゃなく違います。

 

子供の食事、お風呂、遊び相手、寝かしつけ。さらに子供が熱を出したら看病もしなくてはなりません。子供に家事をさせようとするとかえって2度手間。ママが家事・育児のすべてを担うのが当たり前だから、自分の時間の無さにストレスを感じます。

 

こういった「家に子供がいる」という事に関する大変さや感じるストレスを、ルームシェアを始める前に必ず独身の友達に伝えておきましょう。

 

いくら子供好きでも、一緒に生活するとなったら話は別。子供は大人に気を利かせるなんてことできませんから、ルームシェアすることが確定していても、きちんと相談しておくべきです。

 

■子供がいる事に対する理解をちゃんと確認

 

以上の事を独身の友達に話したら、正直な意見を言ってもらいましょう。独身の友達の本当に気持ちはまず「そうなってみないと分からない」です。

 

産んだことが無いから育児のプロセスすら分からない。とにかく未知の世界なので当然です。

ルームシェア開始前から、何回か友達宅に子連れでお泊りをするのが1番いいでしょう。

 

とにかくここでお伝えしたいのは、シンママの方が「子育ての大変さは産んだことがある人にしか分からない」と決めつけて、子供との生活で起こりうるトラブルやストレスを全部1人で引き受けてしまうのは止めて欲しいという事です。

 

そんな気持ちのままルームシェアを始めると、ギクシャクしてしまい、互いに辛い同居生活となってしまうのは目に見えています。少しくらい育児の負担を担わせてくれたほうが、独身の友達も一緒に暮らしていて楽なんですよ。

 

■「終わるとき」についても話し合っておこう

 

もしルームシェアしていた友達が、急に結婚して彼と同居することになったら、あなたは引っ越しますか? それともそのままそこに住む? 答えは「その時にならないと分からない」ですよね。

 

ルームシェアをする前に確認したいもう1つの確認事項は、「解散することになったときの相談」です。

 

ノリで一緒に生活を始めるのも悪くはありませんが、ルームシェアを解散せざるを得なくなった時はどうする?といった相談までできていれば、不意に不安になることなく生活ができます。「いつか突然終わるときがくるかもしれない」と思いながら生活していく事は、相手にも失礼です。

 

またシンママのほうも「子どもが中学にあがったら1つ部屋をあげたいから引っ越そうと思っている」などと、最初から期限を提示しておく事で相手に安心感を与えることが出来ます。

 

☆まとめ☆

 

最初は楽しいルームシェアも、1年2年と月日が流れていくうち、お互い辛くなってくるケースも。そうならないためには住む前が肝心!あらかじめ互いが自己開示することで、一線引きつつも気持ちのいい関係を保つことが出来ます。

 

親しき中にも礼儀あり! 相手を思いやる気持ちを大切にしましょうね。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

タグ: