母子寮はシングルマザー以外の方も利用できるって知っていますか?

母子寮という言葉を聞いたことがありますか? もしかすると、母子生活支援施設のほうが聞き覚えのある人もいるかもしれませんね。というのも、平成10年に「母子寮」から「母子生活支援施設」に名前が変更されたのです。変更の背景には児童福祉法の改正があります。

タグ:

 

母子寮という言葉を聞いたことがありますか? もしかすると、母子生活支援施設のほうが聞き覚えのある人もいるかもしれませんね。というのも、平成10年に「母子寮」から「母子生活支援施設」に名前が変更されたのです。変更の背景には児童福祉法の改正があります。

 

【母子生活支援施設とは?どのような人のため?】

 

母子生活支援施設とはどのような人のための施設なのか見ていきましょう! 目的は自立を支援しながら、保護をするということです。

 

〈対象者〉

・18歳未満の子供を育てている女性とその子供

シングルマザー、離婚、死別、DV、夫から子供への暴力などが原因で母子で生活しているが対象になります。

〈期間〉

入る施設によって異なります。期間を設けていない施設もあれば、2年以内と決められている施設もあります。

1年未満で出る人もいれば、10年以上施設で暮らす人もいます。みなさん、生活を立て直し自立できるようになってから施設を出ていきますので、期間は人によって違います。

 

近年では夫からのDVが理由で母子生活支援施設に入る女性の方が多いそうです。弱い立場の女性にとって、駆け込み寺とも言えるのではないでしょうか。

 

【どのような支援が受けられるのか】

 

自治体によって少し異なるかもしれませんが、母親、子供それぞれに受けられる支援があります。

 

〈母親〉

・基本的な生活習慣を築くための生活スキル向上支援

・育児の悩み相談やアドバイス

・子供の送迎(保育園や学校)

・母親が病気の時は、看病や子どもの保育支援

・精神的問題を抱えている場合の支援

〈子供〉

・保育園や幼稚園に入園できない子どもの保育(早朝、夜間も含む)

・病気やケガの時の保育

・学習支援、進路相談

・大人との信頼関係を築くための支援

・グループワーク

 

母親、子供それぞれに必要な支援を受けることができるので、安心して施設を利用できますよね。シングルマザーで働くお母さんにとって、体調不良の時に子供の保育を頼める、育児の悩み相談やアドバイス、子供の送迎はとても助かる支援だと思います。

 

【母子生活支援施設での生活】

 

建物は古いところが多いかもしれません。施設ですが大部屋で生活するわけではなく、独立した居室で生活ができるので、家事や育児で他の人に変に気をつかう心配はありません。

 

気になる費用についてですが、施設の利用にかかる費用は一律ではなく、住民税や所得税によって決まります。また、水道、光熱費は自己負担です。母子指導員、少年指導員と呼ばれる人たちが母子生活支援施設で働いています。

 

〈母子指導員〉

母親に対して支援や援助だけでなく、育児や家事の相談にものってくれます。他にも法的な手続きや関係機関との調整もしてくれます。

〈少年指導員〉

子供の日常生活の援助が中心。行事を考えたり、人間関係を上手に保てるような援助も行なっています。

 

【退社後の生活支援も】

 

2004年の児童福祉法改正で「退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする。」とされ、自立できるようになり、施設を出た方も支援の対象となりました。

 

施設を出てもシングルマザーの方は悩みや不安がありますよね。「施設に戻るまででもないし…誰に頼ればいいんだろう」と悩んでる方にとって支援の対象となるのは嬉しいことだと思います。

 

時代に合わせて法律が改正され、母子寮も母子生活支援施設へと名前が変わりました。求められる支援も時代の流れとともに変わってきているので、施設側も需要に合わせて変化してきているのかもしれません。

 

シングルマザーの方や結婚していても夫の浮気や借金、DVなどで辛い生活を送られている方は、母子生活支援施設の利用を考えるのもいいと思います。

 

 

(文/まりか 画像/123RF)

タグ: