シングルマザーが賃貸物件を借りるとき

シングルマザーでも賃貸物件を契約することはできますが、多少ハードルは高くなると考えておきましょう。賃貸物件を契約する際には入居審査があります。ここでシングルマザーだと条件的には厳しくなります。審査の判断は最終的にはオーナーさん次第です。

タグ:

 

シングルマザーでも賃貸物件を契約することはできますが、多少ハードルは高くなると考えておきましょう。賃貸物件を契約する際には入居審査があります。ここでシングルマザーだと条件的には厳しくなります。審査の判断は最終的にはオーナーさん次第です。

 

特に懸念点は以下のようです。

・家賃の遅延や滞納が発生する不安

・小さい子供がいると騒音など近所とのトラブル不安

・離婚時のトラブル不安

 

特に最大の懸案は、シングルマザーが定職についていない場合、家賃の遅延や滞納が起こりやすくなる点です。こういった面から入居審査は厳しくなりがちなのです。

 

また子供が小さいうちは、夜泣きや、走り回ったりして近隣とのトラブルになりやすい点があります。中学生くらいになるとそういった心配はなくなるので審査が通りやすくなる傾向があります。

 

離婚時のトラブルは、すんなり離婚問題が解決していればいいのですが、トラブルが続いている可能性もあります。最近はストーカーのような事件も多発していますのでオーナーさんはこういった点を気にします。

 

■シングルマザーの賃貸契約

 

賃貸物件を探す時に必要なものは以下の通りです。

・連帯保証人を見つける

・保証会社を選定する

・初期費用を準備する

 

連帯保証人は家賃が払えなくなった時に、代わりに払ってくれる人のことです。オーナーさんも連帯保証人がつけば安心して物件を貸すことができます。特に非正規雇用や無職で借りる時には重要なポイントになります。

 

連帯保証人が見つからない場合は保証会社を選定します。保証会社着く場合は無職だと審査に落ちます。パートやアルバイトは保証会社によっては問題がありません。収入がない・連帯保証人もいない場合は、一時的に生活保護受給者になって賃貸を探す方法もあります。

 

部屋を借りる際に必要な初期費用は、敷金・礼金・仲介手数料・前払い家賃・火災保険・保証金などです。物件によって条件も異なります。シングルマザーだと初期費用は重要なキーになりますから、確認しておきましょう。

 

■生活保護受給者の部屋探し

 

生活保護受給者は保証会社を立てて賃貸物件を探すことができます。生活保護受給金が収入としてみなされます。ネットでは「生活保護賃貸」で検索すれば物件を見ることができます。取り扱う不動産会社も経験があるので、通りやすい保証会社を紹介してくれたり、通るためのノウハウも教えてくれますのでコンタクトしてみましょう。

 

■家賃を抑えたいなら公団住宅

 

民間住宅は家賃が公団住宅に比べ高めです。母子家庭であれば自治体から家賃補助が出ることもありますし、入居に際して母子家庭であれば優遇措置をとる自治体もあります。公団住宅なら連帯保証人も保証会社も不要です。

 

住宅手当を受け取れるには、生活保護を受給していない、20歳未満の子供を養育している、家賃が1万円〜6万円未満、自治体が定めた規定より所得が低いなど条件があります。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーが賃貸物件を借りる際に、民間住宅と公団住宅に分かれます。民間住宅を借りるにはいくつかポイントがあります。特に収入の面はオーナーも関心がある点で、家賃の回収が滞りないよう審査を厳しくしています。

 

また、現在は連帯保証人や保証会社などつけることで収入が安定しないシングルマザーも借りやすくなっています。一方、公団住宅は連帯保証人や保証会社は不要です。しかし、母子家庭に場合、ワンルームや1Kの部屋は単身者専用の為、借りることができません。

 

母子家庭で公団住宅を借りるのは自治体も支援を行っており、民間に比べハードルは低いと言えます。母子家庭では家賃が占める割合が収入に大きな影響力を及ぼしますので、公団住宅も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

 

タグ: