• HOME
  • 住宅・インテリア
  • 子どもの夜泣きでクレームが…… シングルマザーの近隣トラブルとおすすめの対処法3選!

子どもの夜泣きでクレームが…… シングルマザーの近隣トラブルとおすすめの対処法3選!

シングルマザーの方にとって、注意しなければならない事柄の一つに、近隣トラブルがあります。子供を育てていると、近隣トラブルが起こるということもあります。子供が特に小さい時には夜泣きをすることもあると思いますが、この夜泣きですら近隣トラブルの原因になります。そこで、シングルマザーの方が近隣トラブルに対処する方法を3つ紹介したいと思います。

2-3

シングルマザーの方にとって、注意しなければならない事柄の一つに、近隣トラブルがあります。子供を育てていると、近隣トラブルが起こるということもあります。子供が特に小さい時には夜泣きをすることもあると思いますが、この夜泣きですら近隣トラブルの原因になります。そこで、シングルマザーの方が近隣トラブルに対処する方法を3つ紹介したいと思います。

(1)赤ちゃんに夜泣きはつきものだけど中にはクレームを言う
SMM333

赤ちゃんが夜泣きをするのは仕方ないことですよね。シングルマザーの方の中には、赤ちゃんが夜泣きすることは近隣の方々にも理解してほしい、と思っている方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんの夜泣きにクレームをつける方もいるのです。赤ちゃんは夜泣きをするものだということは、近隣住民も重々承知しているのです。しかし、赤ちゃんの夜泣きはうるさいもので、それに対して不快感を抱く人が出てくるのも当然のことです。

近隣住民が不快感を抱くと、近隣トラブルにつながります。近隣住民に子育ての経験がある人が多い場合には、そういった人たちは赤ちゃんの夜泣きに対して十分な理解があるために、近隣トラブルとなる可能性は低くなるかもしれません。ただし、近隣住民に子育ての経験がない人が多い場合には、そういった人たちは、赤ちゃんの夜泣きに対しての理解が相対的に低くなる傾向にあるので、近隣トラブルとなる可能性は高くなります。結局は赤ちゃんの夜泣きを受け取る側の感性にかかわってくる問題です。

(2)夜泣きが原因で引っ越しなんてことにも……

1SMM352

夜泣きが原因の近隣トラブルにシングルマザーが巻き込まれると、最悪の事態も想定されます。ただ、クレームをつけられるだけなら、まだよい方です。しかし、あまりにも夜泣きが酷くて、近隣住民との関係性が悪化する一途をたどると、引っ越しを余儀なくされることがあります。シングルマザーにとって、引っ越しをしなければならないというのは大きな問題です。どこに引っ越しても、赤ちゃんが夜泣きをする限り、近隣トラブルを起こす可能性はあります。そのうえ、シングルマザーの場合だと、入居するのが難しい物件もあり、物件探しで非常に苦労することになります。

(3)シングルマザーにおすすめの対処法3選!

SMM335

シングルマザーの、近隣トラブルの対処法を厳選して3つ紹介します。

①大家さんを仲介しましょう。

SMM334
事前に大家さんに間に入ってもらいましょう。大家さんに間に入ってもらうと、近隣トラブルに対処しやすくなります。そのために、大家さんとの親交を常日頃から心がけられるといいですね。そもそも近隣住民にはどのような方が住んでいるのか?大家さんが赤ちゃんの夜泣きなどに理解がある人なのか? など、大家さんとの親交を通じて把握しておきましょう。

 

②近所づきあい大切にしましょう。

SMM35521
普段から近隣住民との挨拶を欠かさないようにしましょう。普段からしっかり挨拶をしていれば、多少子供が大きな音を出したりしても、大目に見てくれるでしょう。特に、いつも迷惑をかけていることを申し訳なく思う気持ちを全面的に出せば、近隣住民も、クレームをつけるのに気がひけるでしょう。挨拶をすると同時に、子供が迷惑をかけてしまったという自覚があるのなら、クレームをつけられる前に近隣住民に謝るというのも有効な手段です。

 

③騒音対策された物件を選びましょう。

SMM352
なるべく、防音のしっかりした物件を選ぶようにしましょう。防音がしっかりしているからといって、決して騒音トラブルが起こらないとはいえませんが、ある程度近隣トラブルにつながる可能性を低めることはできるはずです。

(4)最後に

ああ

夜泣きといった、仕方のないように思える行動でも、近隣トラブルの引き金になってしまう可能性があります。引っ越しを余儀なくされることもあるので、近隣トラブルはなるべく避けたいものです。近隣トラブルを避けるためには、紹介した3つの方法を試してみてください。どれもそんなに難しい方法ではないので、実践は十分可能なはずです。