• HOME
  • 住宅・インテリア
  • 母子家庭が住宅を選ぶときに考えておくべき事とおすすめの住宅ローン3選!

母子家庭が住宅を選ぶときに考えておくべき事とおすすめの住宅ローン3選!

離婚してシングルマザーになった方も、未婚のシングルマザーの方も、住む場所になやんでいませんか? 実家に戻るという方もいるかもしれませんが、様々な事情で実家に戻れない……という人も多いのではないかと思います。今回の記事では、母子家庭の方が住宅を選ぶときのポイントについてまとめてみました。

SMM4131

離婚してシングルマザーになった方も、未婚のシングルマザーの方も、住む場所になやんでいませんか? 実家に戻るという方もいるかもしれませんが、様々な事情で実家に戻れない……という人も多いのではないかと思います。今回の記事では、母子家庭の方が住宅を選ぶときのポイントについてまとめてみました。

 

(1)住宅選びをミスればこんなことに…

SMM4132

あまり詳しく調べずに住宅を決めてしまうと、後から後悔することが多かったり、家賃が払えず苦しい思いをしたりしてしまうかもしれません。同じ住宅であっても、少しのポイントを知っていると費用を安く済ませることができます。また、子どもが小さいうちは特に、子どもを預かってくれる施設や町の治安などを考えていくことが子育てと仕事を両立していくために大切です。母子家庭の方が住宅選びで失敗しないように、考えておくべきことを確認していきましょう。

 

(2)母子家庭が住宅を選ぶ時の3つのポイントって!?

SMM4133

 

①母子家庭への支援制度が整っている場所
地域により、住宅手当やホームヘルパーの派遣、交通費の割引や子どもが遊ぶ施設を低額な料金で借りることができるなど、母子家庭の子育てを支援する制度が整っているところがあります。内容は、東京都であっても場所によりさまざまなので、事前にその自治体で行われている支援制度を確認しましょう!

②子どもに安全なつくり
母子家庭の方は特に、子どもが小さいときにはいつでも目が離せません。家の中で子どもが怪我をしてしまうような急な段差がないか、車の通りが多く危険でないかなどを確認しておくことが大切です。また、対面式のキッチンであれば、ご飯を作っている間も子どもから目を離さずにいられるため、おすすめです。

 ③臨時徴収されないか
マンションと選ぶときに、今後の修繕計画がどのようになっているのかを確認しましょう。計画的にメンテナンスなれていないような住宅は、修繕が必要になったときに臨時徴収されてしまう可能性があります。子どもが大きくなり出費が増えてしまっても安定して住み続けられるように、メンテナンスが行き届いた住宅に住めるようにしたいですね。

 

(3)母子家庭におすすめの住宅ローン3選!

SMM4134

母子家庭の方が住宅ローンを利用するときのポイントについて紹介していきます。母子家庭の方も住宅ローンを利用することはもちろんできますが、正社員か、安定した収入があるかなどの審査を通過しなければなりません。

①頭金を多めに用意する
一般的には住宅ローンの頭金は、販売価格の1割と言われています。しかし、頭金が多ければ銀行からの信頼も得やすいですし、返済負担率という年間収入に占める年間住宅ローン返済額の割合を下げることもできるため、なるべく多くの頭金を用意しておくことが大切です。

②自分の信用情報を把握する
住宅ローンを利用したいと思っているけれど、今までの返済状況について不安がある方はいませんか? 不安がある方は、一度信用情報機関で自分の信用情報を確認してみましょう。住宅ローンの審査を受けたときに銀行は信用情報を確認しますが、リボ払いや分割払いでの返済遅延などがあると審査を通ることは非常に難しいです。現在はスマートフォンからも申し込み手続きをすることができるので、一度確認してみましょう。

 ③親から援助してもらう
住宅購入をするときに、母子家庭の方は親に一部お金を贈与してもらい、頭金を増やし、返済負担率を下げるという方法も一つです。しかし、家族内でトラブルにならないように、お金の贈与は慎重に行いましょう。

 

(4)最後に

SMM4135

(参考URL)https://www.kakei.club/singlemama/teate-loan.html/