気になる子どもの生活音…ママ一人でできる防音対策!

子どもと生活する上での生活音はご近所トラブルの原因になりやすいと言われています。また、子どもと一緒に生活していれば、走り回ったり、大きな声を出したり、泣いてしまったり……と、普通に生活しているよりも気を遣います。この記事では、ママが一人でもできる生活音の防音対策を紹介します。

▼生活音はご近所トラブルになりやすい……

同じアパート・マンションや、近所に住む人たちの間でなかなか避けられないのがご近所トラブル。実は、子どもがいる家庭が近隣の人とトラブルになる原因の1位は”生活音”。子供が走り回る音や、話し声、夜泣きの声など、子どもがいる上ではなかなか避けられない音が騒音として受け取られ、苦情になってしまうケースが多くあります。

近隣の人が「子どもがいるから仕方がない」と、わかってくれる人であればいいのですが、そのような人ばかりとは限りません。また、苦情がこないからといって、うるさいと思われていないとは限りません。

今回は、ママが一人でもできる子どもの生活音対策についてまとめました。少しの工夫でも、防音対策をするとしないのでは大違い!ご近所トラブルに発展してしまう前に、お部屋の防音をもう一度見直してみましょう!

関連記事:子どもの夜泣きでクレームが…… シングルマザーの近隣トラブルとおすすめの対処法3選!

 

▼生活音対策①:床の防音

アパートやマンションで2階以上の部屋に住んでいる人は、子どもの足音にヒヤヒヤしたことはありませんか?床の防音の基本は、元の床が見えない状態!例えば、カーペットやラグを敷くのは、防音対策の基本です。では、他のポイントもみていきましょう。

 

・ジョイントマット・カーペットを敷く!

クッション性のあるジョイントマットは、音をよく吸収します。足音を完全に消すのは難しいですが、ものを落とした音が気にならなくなった!という例もあります。デザインも豊富で、木目調やカーペット調、大理石調など、ぱっと見ではジョイントマットだとわからないものもたくさん販売されています。

ジョイントマットは、防音に優れているだけではありません。子どもが万が一転んでしまっても、ジョイントマットのクッションが衝撃を和らげてくれます。さらに、取り外しができるので、汚れてしまった場合もすぐに取り換えることができて衛生的です。また、賃貸に住んでいる人は、ジョイントマットを敷いた上に家具を置けば、床も傷つかず安心ですね。

 

▼生活音対策②:壁の防音

賃貸に住んでいる人は、隣の人の声や音がどうしても気になってしまいます。壁の防音対策は、音楽スタジオの壁のような防音シートを使うのが一番効果がありますが、お金もかかるしママ一人で取り付けるのは大変です。生活する上でどんな工夫ができるでしょうか?

・壁側に家具を設置する

壁側に背の高い家具を設置しましょう。壁から伝わる音が家具に遮られ、防音になります。また、家具が大きくなくても、壁に沿って家具を置けば壁側に近づけなくなります。子どもがあやまって壁を叩いてしまったり、壁側で騒いでしまったりといった心配も軽減しますね。家具と壁との間はぴったりくっつけるよりも2,3cmほど開けた方がより効果があります。

 

▼生活音対策③:窓の防音

床、壁の防音をしたら、窓にも防音対策をしたいところ。窓の防音対策のポイントは、「窓を隙間なく覆う」ことです。では具体的な対策を見ていきましょう!

・カーテンを見直す

今使っているカーテン、窓に対して大きさは合っていますか?カーテンは、床ギリギリの長さがあった方が防音効果があります。床に対して短すぎると、あまり防音効果は期待できません。また、カーテンは二重の方がより良いとされます。

カーテンの買い直しを考えている人には、防音カーテンがおすすめです。防音カーテンは、10dbほどの音をカットし、また、特に高い音のキーンとする感じを軽減すると言われています。

・サッシに防音テープを貼る

防音テープはサッシのすき間を埋め、音漏れを防止します。防音テープは、ホームセンターだと1000円ほどです。また、100円ショップでも扱っています。防音テープは、すき間風予防にもなり、部屋の暖かさを逃さない嬉しい効果もあります。

 

▼生活音対策④:思い切って住まいを変える

上で紹介した①〜③の対策をしても、完全に防音ができるわけではありません。そのため、どうしても近所の人とのトラブルが解決しない時は、思い切って引越しをするのをおすすめします。

でも、引越してみないと他の入居者の様子はなかなかわからないのが普通です。引越し先にも、少しの音で過敏になる神経質な人がいたら、せっかく引っ越した家も住みづらくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、大家さんと話せる賃貸サイトの利用です。普通の不動産会社を通しての契約だと、入居の契約まで大家さんと直接連絡は取れません。しかし、「ウチコミ!」 では、大家さんと直接チャットを通してコミュニケーションを取りつつ、入居を決められます。大家さんの人柄がわかる上に、自分の要望も直接話せるため、家賃や初期費用の交渉もできるかもしれません!

 

▼まとめ

いかがでしたか? 防音は、1つの場所だけにこだわらず満遍なく対策をすることが大切です。実際に、床の防音対策をしたら隣から聞こえてくると思っていた音が気にならなくなったという例もあります。今回紹介した中で、できそうな対策から進めてみてください。そして、自分も、近所の人もお互いが気持ちよく過ごせる住まいの環境が作れるといいですね!

シンママStyleでは、他にもシングルマザーの暮らしをサポートする記事を多数執筆しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

関連記事:

【シングルマザー必見】補助金を使えばマイホームも夢じゃない?

極狭スペースでも!勉強机周りの厳選収納術

シングルマザーに対する大家さんの目線って? 物件を借りるコツ5選!