【シングルマザー必見】補助金を使えばマイホームも夢じゃない?

借り家に住んでいて近隣トラブルに困っている…古いアパートで安全面が不安…現在の住居に満足いかず、マイホームを考えているシンママ必見!マイホームを購入する際に役立つ支援制度について紹介します。

185

現在の住居に不満があり、子どもの安全や快適さを求めて新築を購入したいと思っているシンママの方も多いのではないでしょうか。

「でも現実的に考えて今の収入じゃ新築なんて夢のまた夢・・・」と諦めてしまう前に、補助金に目を向けてみて下さい。意外にも補助金を使えばマイホームも夢ではないのです!

では具体的にどういった補助金があるのか?対象者は?注意点は?――気になるその中身を見ていきましょう。

 

▼新築購入ってどのくらいかかる?

155

まず、新築購入の際にかかるお金の種類について知っておきましょう。これは、主に2つ、購入時にかかるお金と購入後にかかるお金に分けられます。

購入時にかかるのは、「購入諸費用(税金や手数料等)+頭金(物件価格の1~2割程度)」で、これは現金で準備する必要があります。

一方、購入後にかかるのは、「住宅ローン+住まいの維持費(税金やマンションの管理費・修繕費等)」で、こちらは毎月定期的に支払う形になります。

具体的な出費を知るために、購入サイトを使って調べてみました。立川、八王子あたりの新築マンションだと3LDKで3000~4000万円前後、中古でも 3LDKで2000万円オーバーの価格帯でした。もちろん、都心に近づけば近づくほど価格は高くなります。

これにさらに購入諸費用(物件価格の7~10%目安)、維持費(管理費・修繕積立金・駐車場代・リフォーム代等、3LDKで月5~6万円)がかかってきます。

例えば、マンションで3000万円の3LDKを購入するとします。頭金で500万円、ローンを30年で組んだとしたら、購入時に【頭金500万円+購入諸費用40万円】、購入後に【ローン7万円+維持費5万円/月】支払うことになります。

かなり大きな買い物、ましてやシングルマザーにとっては手の届かない買い物だと感じるのではないでしょうか。そこで、補助金を使って安くマイホームを購入する方法をここで学んでいきましょう。

 

▼どんな補助金があるの?

PAK73_kumasannonuigurumi20140531_TP_V

補助金には、「手当」「助成金」「減免・減額」「貸付と利息の優遇」の4種類がありますが、マイホームを購入する際に役立つものがあるのは「貸付と利息の優遇」になります。

(※手当の中には「住宅手当」というものがありますが、これは民間アパートに住んでいるシングルマザーのみが対象なので、マイホームを持とうとしている場合は当てはまりません。)

「貸付と利息の優遇」の中には「母子父子寡婦福祉資金貸付金」というものがあります。これは、母子家庭及び父子家庭の経済的自立と生活意欲の向上のための無利子の貸付制度です。

貸付金項目にはいくつもの種類がありますが、そのうちの1つに『住宅資金』があります。これにより、住宅を建設、購入、補修したりするのに必要な資金を無利子で借りることができます。頭金や購入諸費用でまとまったお金が必要となる時に、この制度を利用すると良いでしょう。

この制度を利用すれば、前述の具体例で示した前金+購入諸費用の540万円を貸付してもらえるので、現在の貯金を、ローンを組むのに回すことができます。もちろん、借りた540万円も返済しなければならないので返済計画と住宅ローンは注意して組むようにして下さい。

◯貸付対象者

貸付の申請が出来るのは、以下のとおりです。

  1. ひとり親家庭の親
  2. 寡婦(配偶者のない女子で、かつて配偶者のない女子として20歳未満の児童を扶養していたことのある方)
  3. 寡婦と40歳以上の配偶者のない女子で、現に子を扶養していない方の場合、特別な事情のないときは、前年の所得(控除後)が203万6千円以下の場合に限り貸付の対象となります。

上記の申請対象者のうち、世帯年収550万円未満の世帯が貸付対象者となります。

◯必要書類

  • 貸付申請書
  • 返済計画書
  • 個人情報の取扱に係る同意書
  • 年収を証明するもの
  • 税を滞納していないことを示す納税証明書
  • 戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票
  • ひとり親家庭もしくは寡婦であり扶養の事実を証明する書類
  • 借受人と連帯借主および連帯保証人の各自が自筆で署名・捺印した借用証書
  • 印鑑登録証

 

▼補助金をうける時の注意点

上記の「母子父子寡婦福祉資金貸付金」をうけるにあたり、注意しておかなければならない点を紹介します。

  1. 資金を借受けの目的(申請内容も含む)以外に使用したとき、偽り(虚偽の説明等)その他不正な手段により貸付を受けたときは、貸付は停止され、一括で償還しなければならない。
  2. 支払期日に償還金又は一時償還すべき金額を支払わられなかったときは、遅延元利金額につき年5.0%(平成25年4月から平成27年3月までは年10.75%)の違約金が徴収される。また、借主、連帯借主、連帯保証人に文書、電話、訪問により督促が行われる。
  3. 返済意思がみられない場合、大阪府からの連絡に応答がない場合など、やむを得ず法的措置がとられる。

 

▼まとめ

シングルマザーにとってマイホームを買うことは、騒音等の近隣トラブルを回避できたり、セキュリティ面での安全性を得られたり、子供との思い出を作っていける、夢の買い物ではないでしょうか。

少しずつためている貯金があり、現在住んでいる借り家を出たいと思っている方は、ぜひ今回紹介した補助金の制度を利用してマイホーム購入を考えてみて下さい。その際には、無理なく貸付金を返済できるよう、計画的なローンと返済計画を立てるよう窓口で相談してみて下さいね。

また、やっぱりマイホームは憧れるけど厳しそうだ……という人は、新しい住まい探しをされてはいかがでしょうか。こちらの賃貸サイト【ウチコミ!】では、大家さんと直接のやり取りができ、様々な相談ができます。新居選びに利用してみてはいかがでしょうか?

シンママStyleでは、住まい探しからお得な制度情報まで、シングルマザーの皆さんの暮らしを応援しています。関連ページもぜひチェックしてみてください。

関連記事:

総額18万!?図解で学ぶシングルマザーが簡単に受けられる8つの支援制度

最大400万円助成!?シングルマザーの移住【厳選5箇所】

シングルマザー家庭なら教育費が無利子!母子父子寡婦福祉資金貸付金って?