その差6万円?!知らないと損、セルフ引っ越しのススメ

いざ引っ越しをしよう!と思い立っても引っ越しにはなにかと費用がかさみます。まず賃貸物件に掛かる敷金、礼金、仲介料…といった初期費用。しかし意外に盲点なのが引っ越し料金です。引っ越しは業者に依頼するのが一般的ですが、【セルフ引っ越し】をすれば引っ越し料金を大幅に節約することが出来ます。

▼高額な引っ越し料金、お得にするには?

smm2

費用がかさむ、と言っても引っ越し料金は実際にどれ程かかっているのでしょうか?引っ越しに掛かる料金の平均相場を見てみましょう。また、セルフ引っ越しの金額の目安もまとめました。
smm

 

二人暮しを例に見ると通常期の5-2月ですら60,000円、引っ越しシーズンの繁忙期3,4月は80,000円が平均です。引っ越し料金だけで60,000〜80,000円、ここにさらに住宅の敷金・礼金が加算される事を考慮すると、引っ越し料金は節約するに越した事はありません。特に3,4月は年度の移り変わり、様々な方面で出費がかさみます。例えばお子さんの教育費もその一つです。家計のためにも抑えられる費用は抑えていきたいですよね。

ここでシングルマザーの皆さんに是非オススメしたいのが”セルフ引っ越し”です。引っ越しは業者に頼むのがメジャーではありますが、業者には依頼せず自分で行うことによって引っ越し費用を格段に節約する事が出来ます。表の数値はあくまで目安ですが、二人暮しの家庭だとセルフ引っ越しに変えるだけでも繁忙期でおよそ60,000円も安くなります。セルフ引っ越しは、引っ越し料金をお得にする、最も有効な手段の1つと言えるでしょう。

 

▼セルフ引っ越しの費用内訳

smm4

 

今度はセルフ引っ越しに必要なものとその費用を見ていきましょう。必ず必要なのは、

・免許証

・レンタカー(バンタイプで13,000円/12h、トラックタイプで16,000円/12h程)

・ダンボール(10枚で1,000円程度、人数×10~15枚)

・ガソリン代(15km内だと1,500円程度)

です。もし友達や家族にお手伝いをお願いしていたらそのお礼代、当日のお弁当代が加わります。冒頭の表にあるセルフ引っ越しの費用もこれらの金額を元に算出しました。また、荷物がコンパクトであればレンタカーのサイズを下げられますし、運び出しがスムーズであれば車のレンタル時間も短くて済みます。ダンボールもホームセンターやスーパーに行くと無料で貰えたりするので、工夫次第でさらに節約する事が出来ます。

 

▼便利なサービスを一緒に利用してもっとお得に!

 

ここまでセルフ引っ越しを紹介しましたが、セルフ引っ越しと一緒に利用する事で、引っ越し費用をもっとお得にするサービスを紹介します。

%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

このウチコミ!というサイトでは、不動産会社を仲介しないため、全物件が仲介手数料無料で紹介されています。不動産会社を仲介しない代わりに大家さんと直接物件の交渉ができます。そのため、交渉次第では敷金・礼金といった初期費用のさらなる値下げも期待できます。

では実際にセルフ引っ越しとウチコミ!を一緒に利用するとどの位お得になるのでしょうか?家賃6万円の賃貸に、ママさんとお子さんの二人暮らしと仮定し比較しました。

smm

※ 家賃6万円×敷金   (2ヶ月分)=12万円
家賃6万円×礼金   (2ヶ月分)=12万円
家賃6万円×仲介手数料(1ヶ月分)=6万円
家賃6万円×前賃料  (1ヶ月分)=6万円 と設定

セルフ引っ越しとウチコミ!利用を組み合わせると、青色の最高値に比べて10万円も安くなることが分かります。今回の見積もりではウチコミ!にも敷金礼金を含めました。しかし前述にもあったように、大家さんとの交渉次第では値下げが可能ですし、これ以上安くなることも十分にありえます。今まで金銭的な理由で引っ越しをためらっていた人もこれを機会に新居を探してみてはいかがでしょうか?

別の記事に大家さんと仲良くなるコツ入居審査のコツも掲載しているのでこちらも参考にして下さいね!

▼まとめ

smm

セルフ引っ越しはレンタカー手配や荷物の梱包・運び出しといった手間はありますが、何よりも費用を安く抑えられる点が魅力です。また自分で引っ越しを行う分、時間に融通を利かせられます。仕事や子育てに忙しいシングルマザーの皆さんにはぴったりの引っ越し方法なのではないでしょうか?最後に紹介したウチコミ!などのお得なサービスも利用して、賢く引っ越しをして下さいね。皆さんの新生活を応援しています!