シングルマザーの住居選択!実家と賃貸どちらがオススメ!?

人によって様々なライフスタイルがあります。特に毎日過ごす住居は自分のライフスタイルにあったものにしたいですよね? ではシングルマザーのライフスタイルが適しているのでしょうか?今回はそんなシングルマザーに最適な住まいについて検証してみたいと思います。

(1)まずはチェック!実家暮らしと賃貸のメリット・デメリット!
child-544316__180

シングルマザーの一番の課題は子育てと仕事の両立。普段は保育園に預けられたとしても子どもの体調が悪いとき、看病を誰がするのか、子どもが急に怪我をしたとき誰が迎えに行くのかと考えると、もしものときに頼りになる自分の親との同居は安心ですよね。しかし、家庭の事情や両親の居住地によっては自分の両親が必ずしもシングルマザーの子育てを手伝えるわけではありません。

実家でないのであれば、賃貸暮らしという選択もあります。実際に独立して賃貸暮らししいている方が好きな立地であるため、各々のライフスタイルを確立でき、生活しやすかったり、場合によっては認可保育園にはいりやすくなったりといったメリットもあります。

では次から、シングルマザーの住居について詳しく掘り下げてみたいと思います。

 

(2)実家暮らしを希望するシングルマザーへ〜注意点とアドバイス〜

finland-1236588_960_720

実家暮らしのメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は経済的なメリットです。実家がもし持ち家であれば家賃、食費、高熱費などの生活費もまとめて支払うことができるので、シングルマザーの住居に実家を選択するのは結果的に節約につながるといえます。

一方、デメリットはおおまかに述べると両親との関係にあります。シングルマザーの親というだけで、シングルマザーの親もひとりの人間です。子育てを終えて余生を楽しもうと思っていたときに孫の子育てを手伝うことになることで不満に思う親もいるかもしれません。また、親に頼り続けるのも自立という観点から好ましいとは言えません。親に依存しあう関係を続けていると、親になにかあって頼れなくなったときに困ってしまうのではないでしょうか?

つまり、親実家で生活する中でも、一方的に甘えずにお互いに刺激しあえる良い関係を築けるのであれば、シングルマザーの住居に実家を選択するのも良いと思います。

(3)賃貸を希望するシングルマザーへ〜注意点とアドバイス〜

apartment-building-1149751__180

賃貸暮らしの1番のメリットはは好きな場所に住むことができることです。子育て支援の手厚い自治体がある場所。保育園が近くにある場所。職場が近くにある場所。というふうに好きな立地を選ぶことができます。自分のライフスタイルにあわせた立地の場所に住むことで生活しやすくなるでしょう。また、シングルマザーといえども自立して生活していくことは自身の成長にもつながります。

デメリットとしては経済的なことになります。将来のために貯金が必要とされているシングルマザーなので、月々の家賃は経済的に重くのしかかります。また、小さい子供がいると賃貸の住居を汚してしまった際の費用などにも注意が必要です。子どもはどうしてもうるさくなってしまうこともあるので、近隣住民の理解も必要ですね。

(4)大家さんに直接交渉?!

実際に住み始めてからお世話になるのは、仲介の不動産会社ではなく賃貸住宅の大家さんですよね。大家さんと直接やり取りができれば、シングルマザーであるというハンデをカバーして信頼関係を築くことができそうなのに・・・と考えたことはありませんか?

そんな皆さんに是非おすすめしたいのが、大家さんと入居希望者を直接つないでくれる賃貸住宅情報サイト「ウチコミ!」です。直接大家さんとやり取りができるため、仲介手数料は発生しません。また、直接交渉のメリットとして、スムーズなやり取りが期待できるということだけではなく、交渉次第で初期費用を抑えることも挙げられます。

大家さんのプロフィールやコメントもたくさん掲載されていて、気軽に眺めるだけでも楽しいサイトになっています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ウチコミ!公式サイト

(5)最後に

kid-1241817__180

シングルマザーの住居は一概には実家が良い、賃貸が良いとは言い切れません。それぞれのライフスタイルに合わせて、快適に子育てができる住居を選ぶことが大切ですね。