• HOME
  • 住宅・インテリア
  • 子育て中のシングルマザーが考えておくべき住まい探しって? ここが大事なポイント!

住宅・インテリア

子育て中のシングルマザーが考えておくべき住まい探しって? ここが大事なポイント!

離婚することを考えているときに、住まいのことも考えるのは負担が大きいかもしれません。でも、子育てしながら住まいを確保することって意外と大変なのです。環境も大切ですが、考えておきたいことはなんなのか、ポイントをまとめました。

■離婚する前に賃貸ではなく購入しておくほうが望ましい

離婚して実家に住む人もいるかもしれませんが、そう長くはいられず、出ていくシングルマザーもいます。子育てしながら物件を探すのは、時間的にも精神的にも大変なものです。

望ましいのは、離婚前に賃貸物件ではなく、分譲マンションや戸建てを購入しておくことです。賃貸住宅に住むよりは、購入したほうが自分のものになるので将来子どもに残すことができるし、結果的に安くなるのです。

購入する場合も、新築よりは中古をリノベーションして安く買うこともできます。また、夫との名義でローンが組めるので、審査にも通りやすくなります。

シングルマザーになって正社員になれば購入できると思われがちですが、正社員になって1年たたないと審査に通らない場合もありますので、やはり離婚前に購入しておくほうがいいと思われます。

■まずは正社員など安定した雇用を確保する

購入する場合はもちろんですが、賃貸住宅に住む場合にも基本的に審査があります。購入物件に関しては、ローンを組む関係上、収入がある程度あることがローンを申し込む基準となっています。

一方、賃貸住宅はそれほど厳しい審査基準はないものの、家賃を払えるかどうかが重要視されるため、パートなどで支払いが難しいと思われると、入居させてもらえない可能性があります。

■譲れない条件を書き出しておく

大人1人で住むのであれば、利便性を重視するだけでいいかもしれませんが、シングルマザーのように子どもがいると、費用だけでなく、環境面や生活のしやすさなどいろいろ考えることがあるでしょう。

子どもが学校に通うから小学校には近い方がいい、とか防犯面が心配だからセキュリティがしっかりしているところがいいなどなど。また、保育園に通う子どもがいるから、保育園に近い方が送迎は楽だとか、近所に同い年くらいの子どもが多い地区がいいとか。

全ての希望を兼ね備えた物件は少ないかもしれませんから、ある程度しぼっておいて、そこから妥協できるところは譲っていくという決め方が一番理想に近くなるでしょう。

■行政や支援サービスを利用する

住まいは暮らしていくうえで欠かせないものです。人間は、衣・食・住が重要だといわれていますしね。住まいに困ったら、まずは市役所などに行って相談するのもひとつの方法です。公営住宅に入れるように斡旋してくれたり、ひとり親向けの住宅補助について教えてくれたりするかもしれません。何かしなくては前に進めませんから、とにかく助けを求めることです。

シングルマザー向けのNPO法人(リトルワンズなど)では、住宅探しをサポートしてくれるところもあります。そういった支援団体に頼って、実際に子どもと安心して暮らせる住まいが見つかったというシングルマザーの方もいます。

■不動産会社選びに妥協をしない

賃貸に住むにも分譲や戸建てに住むにも、不動産を訪れて物件探しをすることになるでしょう。不動産屋さんなんてどこも同じ、と思ったら違います。不動産会社というよりはその会社の担当者によるといった方がいいかもしれません。

私の経験上、ある名の通った不動産会社を結婚前に訪れたとき、正面ドアから入ったにもかかわらず、そこの社員に無視されたことがあります。後から入った年配の夫婦には、すぐに対応されていたので、ショックでした。年が若いから買わないと思って判断されたのでしょうか。嫌な気分になったので、そこはやめて別の不動産会社を訪れたら、そこは親身に対応してくれて、一緒になんども色々な物件を回ってくれました。

やはり、大事な住まい選びでは、不動産会社やその社員の人間性も重視した方がいいかもしれません。その点、不動産会社などを介さず、大家さんと直接つながることのできるウチコミ!がいいかもしれません。大家さんと直接やりとりをすることができるので、条件などに融通が利く可能性があります。

~おわりに~

シングルマザーでも誰にとっても、住まいは生きていくうえで大事なものです。子どもと一緒に生活していくなかで、環境はとても大切になってくるでしょう。安いからといって即決してしまわずに、役所や支援団体などの助けも借りながら、納得できる住まいを探すことが大切です。

賃貸住宅よりも購入したほうが安い場合が多々ありますので、購入するタイミングなども考慮しておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:住宅・インテリア

8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!