離婚をする前に考えておこう、部屋探し!探し方のポイントとは

離婚してすぐ部屋が決まると思っていたらそうではなかった場合もあるでしょう。そこで、離婚して部屋探しに困らないよう、準備できることや探し方のポイントをまとめました。

タグ: ,

 

いろいろな事情で、離婚後はもともと住んでいた住居に住めないとか、実家に帰れないなどで新しく部屋を探すママもいるでしょう。しかし、母子家庭が家や部屋を借りるのはそう簡単ではありません。離婚してすぐ部屋が決まると思っていたらそうではなかった場合もあるでしょう。そこで、離婚して部屋探しに困らないよう、準備できることや探し方のポイントをまとめました。

 

【どこに住むかを選ぶ】

 

ひとくちに部屋といっても、賃貸住宅に住むか、公営住宅に住むか、シングルマザーシェアハウスに住むか、色々ありますね。それぞれの特性やメリット・デメリットをよく知っておく必要があります。

 

◎賃貸住宅

一般的な賃貸住宅の場合には、審査があります。特に安定した収入があり、家賃を払っていける能力があることが重視され、住民票や所得証明の提出、連帯保証人の名義が必要とされます。初期費用が払えるかどうかも重要です。ひとり親世帯への社会的信用度がまだまだ低いところが多く、シングルマザーというだけで敬遠されるところもあります。

 

◎公営住宅

市営住宅や府営、県営住宅といった公営の賃貸住宅があります。都道府県や市町村が管理をしていて、ひとり親世帯は「特約世帯」に当たるので、当選確率は高めです。条件付き住宅もあり、前年度の収入によって家賃が変わるところがあります。しかし、当選すれば一般の賃貸住宅よりも安く住むことができます。

 

◎シングルマザー向けシェアハウス

最近注目されてきたシェアハウス。家具など不要で初期費用が抑えられるうえ、同じシングルマザー同士が交流でき、お互いの子育てや家事などを協力できるのがメリットです。一方、キッチン・リビング・トイレなどの設備が共用であることや、外泊・門限などの決まりがあることに負担を感じる人もいるかもしれません。

 

また、部屋以外はほぼ共有であることから、プライバシーを守りたい人や他人とものを共有することに抵抗がある人には不向きです。また、思春期のお子さんはそういった他人との共同生活をストレスに感じてしまうことがあるかもしれません。

 

【まずは準備できるものを確認】

 

部屋を借りて住むことを決めたら、色々と準備するべきものがあります。早めに準備をしてあわてないようにしましょう。

 

◎初期費用を準備する

家賃の3~5か月分くらいかかることを想定しておきましょう。初期費用の内訳は、敷金1ヵ月分、礼金1ヵ月分、仲介手数料、前家賃、火災保険、保証会社を利用する場合の保証料)のほか、引っ越し代や家具・家電などの生活に必要なものも予算に入れておきましょう。

 

◎連帯保証人を確保する

仕事を持っているシングルマザーの方は本人名義で部屋を借りることが可能です。しかし、休職中であったり、パート主婦であったりする場合に部屋が借りられないとなると、安定して収入のある親族を借主として立てることが必要になるでしょう。

 

連帯保証人がいない場合は、賃貸管理会社に相談をして保証会社を利用することが可能ですが、その場合、年間で家賃の40%はかかってくるようです。

 

本人名義で部屋を借りる場合は、フルタイム勤務であれば本人と子どもの住民票と認め印は必要です。パートタイムや求職中であれば、家賃を払っていけることの証明として銀行通帳の預貯金がわかるページのコピーを求められることがあります。

 

◎キャンペーンや割引をチェックする

賃貸会社によっては、仲介手数料の半額や無料キャンペーンや賃料が何か月分かサービスされるフリーレント物件も扱っています。初期費用をかなり抑えられる可能性があります。具体的に話を聞いてみると良いでしょう。

 

そこでお勧めなのがウチコミ!大家さんと直接やりとりができるので、ある程度融通がきくかもしれません。

 

【必要なお金を計算しておく】

 

住むところ(首都圏なのか郊外や田舎なのか)や間取りなどによっても異なりますが、首都圏の一人暮らしを想定すると月々7万円くらいの家賃で、初期費用が33万円かかっているケースがあります。ファミリーの場合は、55万円という相場が出ています。

 

もちろん、駅近くなどにこだわらず、少し離れた場所や田舎などに住めば安くなるケースは十分考えられます。

 

【子どもがいる場合の部屋の間取りをチェック】

 

なるべく家賃を抑えたいからと狭い部屋を希望する人も少なくないと思います。しかし、子どもがいる場合にはあまりおすすめできません。たとえば、1R・1Kの物件だと単身者を想定して設計されているため、子どもの騒音がうるさいと入居を断られてしまう場合があります。どうしても金額的な部分で譲れない場合は、1階部分や角部屋、木造ではない物件を探すなどにこだわる必要がありそうです。

 

おすすめは、1DK~2DKの物件です。キッチン付きが便利です。子どもの人数や希望の間取りなども考慮しながら、いろいろ見学してみることがおすすめです。

 

【まとめ】

 

部屋を借りるにはまず資金です。初期費用や月々の家賃をどうやりくりしていけるか、それをきちんと計算し、準備しておくことで離婚後もスムーズに部屋探しができそうですね。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら