住宅・インテリア

離婚したらマイホームはどうなる?住宅ローンの注意点とは

 

ようやく手に入れたマイホーム。まさか住宅ローンの返済中に離婚になるとは。実は新築マイホームで離婚するケースがあるのです。しかし、離婚しても住宅ローン契約はそのまま残ります。では住宅ローンが残った状態で離婚をした場合の注意点について解説していきます。

 

■住宅の名義変更

 

名義人である夫がそのまま住宅に住み続けてローンを払う場合は問題ありませんが、妻が住み続けとなるとややこしくなります。住宅ローンは家に住む人を前提に契約されたものです。

 

しかし、居住者が異なるとなると銀行に承諾を得る必要があります。一般的に妻名義で住宅ローンの変更は難しいと思って下さい。理由は夫同様の十分な収入が担保されない可能性があるからです。特に専業主婦の場合はまず無理と考えておきましょう。

 

仮に妻が住み続けていて夫がローンを払わなくなると差し押さえられるリスクも出てきます。金融機関はそうしたリスクを考慮して名義人変更を承諾しないのです。また共同名義で住宅ローンを組んでいる場合は、単独の名義変更が必要になりますがこれも難しい場合があります。

 

■連帯保証人

 

住宅ローンを組む時に夫婦のどちらかが名義人となり、もう一方が連帯保証人になることもあります。連帯保証人は住宅ローンが完済するまでその責任は免れません。では離婚しても連帯保証人でいなければならないのか?

 

名義人単独で住宅ローンを借り換えることで連帯保証人から外れることはできます。しかし、借り換える金融機関も離婚が原因で住宅ローンの借り換えをすることに納得するかは別問題です。

 

■マイホームを売却

 

住宅ローンは残っていても住宅を売却することで利益が出て、ローンを完済して残れば財産分与に対象にもなります。基本的には財産分与が半分なれば売却益を折半することになります。

 

こうした売却を任意売却といい、銀行と交渉して売却をすることになります。銀行側とすれば競売する手間が省けることと、確実に返済をしてもらえるメリットがあります。

 

■金融機関に先ずは相談

 

このように住宅ローンを返済中の夫婦が離婚をする際は金融機関に相談してみることです。もし単独の名義変更が認められない、住宅ローンの借り換えも無理な場合は住宅を手放すことになります。

 

しかし、任意売却してもローンが残る可能性もあります。そのためマイホームを購入する際はしっかり生活設計を立ててからにしましょう。

 

■新築離婚に注意

 

マイホームの憧れが強い夫婦は新築の途中に意見の食い違いで喧嘩をしたりすることもあります。住宅は契約金を払ったり、着工がすでに始まっていると仕切り直すことが事実上不可能になります。こうした新築の完成を待たずに価値観の違いで離婚をするケースもあるのです。

 

住宅は一番大きな財産です。やむをえず離婚する場合は弁護士に不動産の財産分与について相談をしましょう。

 

☆まとめ

 

いかがでしたか? 住宅ローンが残ったまま離婚をする際は残りのローンをどうするのかが問題になります。

 

離婚をする際のリスクにどう備えるかが重要です。離婚となると家族の事に意識が集中しますが、離婚後の生活に住宅ローンは大きな影響を及ぼします。無理な住宅ローンを契約してしまい、結局競売にかけられ、世間体もある中でローンが残る最悪のパターンだってあります。

 

最初から離婚を考えて住宅を購入する人はいませんが、シミュレーションはある程度可能です。本当に離婚を考えるなら住宅ローンをどうするのか弁護士に相談をしてみましょう。そして何より、無理な住宅ローンを組まないことが大切です。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:住宅・インテリア

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!