あやちゃん先生の正しい離婚相談室

あやちゃん先生の正しい離婚相談室28 何か資格でもあると、安心していけるのでしょうか?

太田垣章子

Q:この先の経済のことが心配で仕方ありません。何か資格でもあると、安心していけるのでしょうか?

A:コロナから来る不況で、失業率が10%超えるのではといわれていますね。シンママだけじゃなくて、日本国民の大半が不安を抱えているのではないでしょうか?

私自身、離婚するときには専業主婦をしていたし、もともと結婚前も事務的な仕事ではありませんでした。この先どうやって生きて行けばいいんだろう。離婚を考えると同時に、先の収入を得る方法を模索しました。

小さな子ども抱えて、なんのキャリアもない私を誰が雇ってくれるのかしら……。同時に雇い続けてくれるのかしら……という点も不安でした。今は30歳。でももっと歳をとったときに「ごめんね」なんていわれたら、それからどうやって生きて行くんだろう。そう思ったら、とても不安でした。

当時離婚の裁判を担当してくれた女性の弁護士の先生に「司法書士なんていいんじゃない?」と軽くアドバイスもらって、それで働きながら勉強を始めたわけです。当初は軽く考えていて、資格さえ取ればなんとかなる!そう思いながらの勉強でした。

ところがこれ、結構大変なんですよ(笑)。働きながら、子育てしながら勉強するって、ただでさえ時間足りないと思っていたところ、本当に睡眠時間を削るしか時間を捻出することができなくて、泣きながらの受験期間でした。幸運にも合格することができましたが、受からないって可能性もゼロではないですからね。

メリットとすれば、要らぬことを考える無駄な時間から解放されたことでしょうか。離婚しようとしているとき、離婚した後、頭の中にあるのは、「相手のせいでこんな目にあって」「私の人生返して」「あんな奴、死んでしまえばいいのに(失礼)」などなど、ネガティブなことを考えてしまいませんか? 

そうなると本当に苦しいもの。スパッと決断したはずでも、結構いろいろと考えてしまうのが世の常です。ところが勉強始めると、そんなこと考えている暇がない(笑)。私の場合は、要らぬことを考えずに済んだので、この点はとても良かったと思います。

もうひとつのメリットとすれば、やはり経済的に自立できたことでしょうか。たまたま私は司法書士という資格を取得することができ、今もそれを生業としていますが、別にどういう資格(勉強)でもいいと思います。

何か持っていれば、それだけで食べていくことはできなくても、就職に有利だったり、手当がついたり、その知識を生かして何か新しいビジネスを考えることもできると思います。少なくとも「持っていない」よりは、良い点があるということですね。

デメリットはなんでしょうか。これはやはり時間が取られてしまうということ。また資格取得のためには、ある程度の費用もかかってしまうということ。例えば、お勉強の講座やテキスト、模試の受験にも費用かかかります。

「かけた分回収しなきゃ」というプレッシャーも得られますが、経済的にカツカツの生活だと、この費用を捻出するって大変なこと。ましてや勉強の時間を確保するって、とても難しいことですよね。しかもお子さんが小さいと、遊んであげる時間を削るわけにはいかないので、自分で時間コントロールするのが大変かもしれませんね。

メリット・デメリットある資格取得ですが、「これさえあれば安心」というのもまた違うのです。何か資格を取得した場合、ただ単に「これを仕事にしていいよ」とエントリーさせてもらっただけ。要はここからその業界のレースに参加していかねばならないわけです。

こんなことをいってしまうと身も蓋もありませんが、資格はそのレースに参加することを許されただけ。結局そこから頑張っていくしかないのですよね。そうなると「資格さえ取れば安心」という訳ではありません。司法書士だって食べていけていない同業もいて、現実の厳しさを目の当たりにすることもあります。

結論からすると、資格があってもいいし、なくてもいい。ただ自分がやりたいことを思っていたら「これ欲しい」「これ勉強してみたい」って思うことが出てくるのではないでしょうか。

それに没頭できれば、要らぬことを考えずに済むし、精神衛生上いいし、自分も生活にハリがでて楽しいし、って笑顔も増えてくると思います。なんでもいいと思うのですよ。資格に限らず、好きな本を読むとか、好きな料理を極めるとか、お弁当作りをがんばって記録していくとか。

今はYouTubeやブログ、発信するツールがたくさんあります。そうしたらそこから仕事につながるってこともあるはず。あまりがんじがらめに考えず、ご自身が「楽しい」と心から思うことに没頭するのがいいのではないでしょうか。まずはシンママ自身が、ご自身の人生を楽しむ、これがいちばんいいことだと思いますよ。

プロフィール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 螟ェ逕ー蝙」蜈育函繝輔z繝ュ繝輔ぅ繝シ繝ォ蜀咏悄-289x300.jpg

太田垣 章子(おおたがき あやこ)さん
章司法書士事務所代表 http://www.ohtagaki.jp

専業主婦で子どもを出産直後に離婚を決意。生後6ヶ月の子どもをつれて実家に出戻り。そこから働きながら子育てしながら勉強して、平成13年、司法書士試験に合格。苦節6年、極貧生活での受験時代でした。
自身の経験から、離婚相談もたくさん受けています。法的な部分だけではなく、心に寄り添ったサポートを心がけ、依頼者の方が元気に前を向いてくれるよう日々がんばっています。頼られるとがんばっちゃうタイプ。どんどんご質問くださいね。法的なことに限らず、何でも大丈夫ですよ。
皆さんからのご質問お待ちしております。

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:あやちゃん先生の正しい離婚相談室

太田垣章子
章司法書士事務所代表 専業主婦で子どもを出産直後に離婚を決意。生後6ヶ月の子どもをつれて実家に出戻り。そこから働きながら子育てしながら勉強して、平成13年、司法書士試験に合格。苦節6年、極貧生活での受験時代でした。 自身の経験から、離婚相談もたくさん受けています。法的な部分だけではなく、心に寄り添ったサポートを心がけ、依頼者の方が元気に前を向いてくれるよう日々がんばっています。頼られるとがんばっちゃうタイプ。どんどんご質問くださいね。法的なことに限らず、何でも大丈夫ですよ。 皆さんからのご質問お待ちしております。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!