あやちゃん先生の正しい離婚相談室

あやちゃん先生の正しい離婚相談室25 コロナで在宅の人が増え、子どもがうるさいと思っているアパートの方がいるようです

太田垣章子

Q:コロナで在宅の人が増え、子どもがうるさいと思っているアパートの方がいるようです。追い出されてしまいますか?

A:直接「うるさいです」と言われた訳ではないのかしら? 家にいる時間が増えると、子どももストレスだし大人だってストレスですよね。とくに大人は、この先どうなるんだろう? リストラは大丈夫かな? 収入が途絶えることはないかな? そんなこんなで不安を抱えているのではないでしょうか?

そうなるとちょっとしたことでイライラしたり、ストレスで寝られなくなったり。まさに神経がピリピリすると、ちょっとした音にも敏感になってしまいます。コロナウイルスからの緊急事態宣言。ステイホームでの騒音トラブルは、通常の何倍もの苦情が寄せられているようです。

今回のお問い合わせの方は、直接文句を言われてはいないようですね。もしかしたら管理会社さんから「騒音に対するお願い」などの書面でも受け取ったのかしら? 実際にお子さんは大きな音を出していますか? 例えば部屋で飛び跳ねたり、走り回ったり。でも仕方がないですよね。子どもだって公園で思いっきり遊びたいし、家の中にいることなんて大人以上にストレスなんだもの。

こんなときは先に声をかけてしまいましょう!

「うちの子がうるさくしてご迷惑おかけしていませんでしょうか。できるだけ静かにするように言っているのですが、なかなか言うことを聞いてくれなくて。できるだけ注意しますが、ご迷惑おかけいたします。どうぞよろしくお願いします」

先にこう言われたら、周りの方々だって「そりゃそうよね」ってなりませんか? それに先に「ご迷惑をおかけします」だなんて言われたら、大概の文句は言えなくなりますよね(笑)。人ってそんなものですよ。だから先に言ってしまいましょう!

アパートを追い出されるかってご心配のようですが、こちらはご安心くださいね。まず家主側が入居者に「出て行って」と言えるためには、双方の信頼関係が破綻したときです。具体的には、家賃を払わないというのが最たるもの。そもそも家賃払います、貸してください、と言うことなので、その大前提の家賃を払わないと信頼関係が保てないんです。でもこれ以外では、すぐに信頼関係破綻ということにはなりません。

例えば何かルール違反をしたとして、家主さんから改善を求められたのにそれでもずっと直さなかった、そんなことが繰り返されて初めて信頼関係破綻になります。例えばゴミを分別しないで出して、何度も注意されるけどルール守らないとか。あるいは窓から物を放り投げて、「止めてください」って言われても、それでも窓から捨てることを続けるとか。

要は普通に住んでいる限り、家主さんの方から「出て行って」って言われることはないんですよ。仮に言われたとしても、そこに正当事由がないと出ていく必要はありません。だからそこはビクビクしていなくても大丈夫、安心してくださいね。

あと……

もしお家賃払うことが厳しいってなったら、そのときはまず原因を考えてくださいね。コロナで一瞬収入が下がっただけなのか、この先しばらく大変なのか。住宅確保給付金もあるので、そういう制度が使えるかどうかも確認してみてくださいね。

どうしても厳しいということなら、思い切って安い物件に引っ越しすることも必要かもしれませんね。今回のコロナウイルスは世界的に大不況になるので、経済はかなり低迷すると思います。気がついたら貯金が底をついていて、もう身動き取れない、なんてあまりにも危険です。まずは貯金の額を確認して、万が一の時にどれくらいなら踏ん張れるのか確認しておきましょう。

お子さんの学校の問題から、もし引っ越しするならどのあたりか。予めチェックしておくと、いざという時の行動が早くなります。備えあれば憂いなしです。まずは最悪を想定して、いろいろ選択肢を増やしておきましょうね。

そして引っ越しする費用もないわ、という場合には、すぐに役所に相談してみましょう。生活保護を受給すれば、引っ越し代金やお部屋を借りる初期の費用なども支給してもらえます。だからどうなったとしても、最後の砦はあるのです。絶対に悲観的にならずに前を向いていきましょうね。

シンママの中には頑張り屋さんが多くて「絶対に頑張らないと」と自分を追い込んでしまう人もいます。頑張ることは悪いことじゃないけれど、自分の心を追い込んでもいいことはないですよ。いろいろと起こるであろうことを想定して、選択肢を確認して、それでも!のときには頼ればいいんです。だってそのための制度なんだもの。

コロナウイルスは、多くの人にダメージを与えています。と言うか、ダメージ受けてない人なんていないわ、きっと! だからね、「自分が悪い」だなんて思わなくても大丈夫。最後はこれがある……そう分かるだけで、力強く前に進めそうな気がしませんか? ご一緒に乗り越えていきましょう。



プロフィール

太田垣 章子(おおたがき あやこ)さん
章司法書士事務所代表 http://www.ohtagaki.jp

専業主婦で子どもを出産直後に離婚を決意。生後6ヶ月の子どもをつれて実家に出戻り。そこから働きながら子育てしながら勉強して、平成13年、司法書士試験に合格。苦節6年、極貧生活での受験時代でした。
自身の経験から、離婚相談もたくさん受けています。法的な部分だけではなく、心に寄り添ったサポートを心がけ、依頼者の方が元気に前を向いてくれるよう日々がんばっています。頼られるとがんばっちゃうタイプ。どんどんご質問くださいね。法的なことに限らず、何でも大丈夫ですよ。
皆さんからのご質問お待ちしております。



シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:あやちゃん先生の正しい離婚相談室

太田垣章子
章司法書士事務所代表 専業主婦で子どもを出産直後に離婚を決意。生後6ヶ月の子どもをつれて実家に出戻り。そこから働きながら子育てしながら勉強して、平成13年、司法書士試験に合格。苦節6年、極貧生活での受験時代でした。 自身の経験から、離婚相談もたくさん受けています。法的な部分だけではなく、心に寄り添ったサポートを心がけ、依頼者の方が元気に前を向いてくれるよう日々がんばっています。頼られるとがんばっちゃうタイプ。どんどんご質問くださいね。法的なことに限らず、何でも大丈夫ですよ。 皆さんからのご質問お待ちしております。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!