あやちゃん先生の正しい離婚相談室

あやちゃん先生の正しい離婚相談室⑱離婚したいのですが、なんだかよく分からなくなってきました

太田垣章子

Q:離婚したいのですが、なんだかよく分からなくなってきました。皆さんは、何が決め手で決意されたのですか?

A:いろいろ迷いすぎて、分からなくなってしまったのですね。いいことです! そんなときは、いちど深呼吸してゆったりと考えてみましょう。

まずどうして「離婚したい」と思われたのかしら? あれやこれやとあると思いますが、お相手の欠点が見えているときって、欠点しか目に入りません。そうなると何だか分からないけど、「やだぁーーーーー」ってなってしまうのです。

離婚するときの状況や環境ってそれぞれ違いますが、とにかくもう一瞬たりとも同じ空間にいたくない、とまで思われるかどうかですよね。そこまでいってしまうと、なかなか関係は改善しませんが、そこまでの段階ならまだ修復可能だと思います。

こちらが「嫌だな」と思っているときは、その思いは伝染します。だからお相手も「なんとなく空気が重い」と感じているはず。だから余計にうまくいかないのです。

まずは意識をお相手から、自分に変えてみましょう。自分にフォーカスする!これって、結構重要なことなんですよ。自分を満たしてあげる。自分を可愛がってあげる。自分が心地よいことを、自分中心に考えてみる。ちょっとしたカフェで時間を使ってみるとか、状況が許せば映画を観るとか、なんでもいいです。とにかく自分を喜ばせてみる。

そうすると「自分がごきげんさん」になると、人のアラが見えなくなったりもします。そして好循環で、お相手のことにイライラしなくなるということもあります。まずはお相手のことはいったん横に置いておいて、そして自分を満たしてあげましょう。そうすると本当は何が不満なのかってことが見えてきますよ。

たとえばこんなとき、自分はこう言って欲しかったとか、こういう態度が嫌だったとか、なんとなくお家の空気が重いから一緒にいたくないと思ってしまったとか。そういうことが明確になってきたら、感情ではなくお相手に伝えてみればいいのです(離婚なんていつでもできるのですから、まずは改善するようにチャレンジしてみましょうよ)。

「次からこう言って欲しいな」とか「こうしてくれると嬉しい」とか。もともと男性陣は鈍感だし、心細やかではありません。もちろん稀にそういう方もいらっしゃいますが、そんな方って稀です、稀! 言わないと分かってくれません。察してよ、は通用しませんよ(笑)。

ただし女性陣の伝え方が感情的になると、プライド命の男性陣はそこで不機嫌になってしまいます。だから決して感情的にはならず、「負けるが勝ち」の精神で思いを伝えてみましょう。その時の反応を肌で感じて欲しいのです。結婚生活は長いので、いろんなことがあります。良いことより悪いことの方が多いかもしれませんね。その時に、きちんと話し合いができれば、結婚生活を継続していても大丈夫かも。話し合いができなかったり、聞いてくれなければ、この先もきっと同じこと。

だったら離婚してもいいかな……そう思えるかもしれません。

あとはお金の問題かな。事務所に相談に来られる方にもお伝えしますが、金銭感覚が違うと生活は厳しいかもしれませんね。こちらが一生懸命に節約しながら貯金しているのに、片方でたくさん借金して遊んでいるってこともよくある話です。

借金(遊ぶだけの悪い借金ね)の癖は、なかなか治りません。お金の問題は根深いのです。一度清算してもまた借金してしまうのが、悪い人のパターン。こうなるとアリ地獄です。いつ消費者金融からの督促状が届くか、ビクビク生活することになります。黙って借金しちゃう人は、ここは離婚を考えてみましょう。

離婚した後に、こんな私に誰がしたの?と恨んだり悲しんだりすることは、とても辛いこと。それより「この先の人生にワクワクする」そう思って離婚したいですよね。だから思い残したらダメ。迷っている間は決断せず、まずはご自身をご機嫌さんにしてくださいね。そうしたら必ず答えは見えてきますから。

離婚するなら新しい人生にワクワクを。同じ継続するなら、笑って生活できるように精一杯の工夫をして人生を楽しんでいきましょう!

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:あやちゃん先生の正しい離婚相談室

太田垣章子
章司法書士事務所代表 専業主婦で子どもを出産直後に離婚を決意。生後6ヶ月の子どもをつれて実家に出戻り。そこから働きながら子育てしながら勉強して、平成13年、司法書士試験に合格。苦節6年、極貧生活での受験時代でした。 自身の経験から、離婚相談もたくさん受けています。法的な部分だけではなく、心に寄り添ったサポートを心がけ、依頼者の方が元気に前を向いてくれるよう日々がんばっています。頼られるとがんばっちゃうタイプ。どんどんご質問くださいね。法的なことに限らず、何でも大丈夫ですよ。 皆さんからのご質問お待ちしております。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!