• HOME
  • しばはし聡子コラム
  • 「ひとり親じゃなくてふたり親?!知っておきたい共同養育のこと」〜共同養育コンサルタント​しばはし 聡子コラム〜

しばはし聡子コラム

「ひとり親じゃなくてふたり親?!知っておきたい共同養育のこと」〜共同養育コンサルタント​しばはし 聡子コラム〜

シンママStyle編集部

 

離婚すると、やっと別れて夫と他人になれた!と解放された気分になる人もいれば、これからひとりで育てていかなくてはならないと気負いする人も多いと思います。

でも、ちょっと待って。離婚すると、子どもにとって親はひとりになるのでしょうか。父親との関係は?

別居・離婚後も両親で子育てする「共同養育」の考え方をみていきましょう。

 

 

■海外ではあたりまえの「共同養育」

 

 

海外では、ほとんどの国が共同親権。離婚しても両親が親権を持ち子育てに関わります。共同養育があたりまえのことなので、離婚しても親同士が関わることを前提に、離婚協議においても養育についての取り決めをきちんと行ったり、離婚前に親としての心得を学ぶ機会が設けられたりしています。

 

海外での共同養育としてイメージしやすいのは、例えば子どもの誕生日パーティ。別れた夫や義父母、さらには再婚相手も一同に会するといった映画のワンシーンを見たことありませんか。共同養育が当たり前だと、子どもを愛してくれる大人たちが集まることが自然なのですね。

 

一方、日本は単独親権。片方の親が親権を持つため、離婚後はひとり親で育てるという固定概念が社会全体に定着しているのが現状です。

 

 

■共同養育のメリット(子ども編)

 

 

離婚家庭の子どもにとって共同養育を行うと、どんなよいことがあるのでしょうか。

 

 

◆両親からの愛情を変わらず受け続ける

 

親の離婚でただでさえダメージがある子どもの気持ち。更には、「自分のせいで離婚してしまったのかな」「パパに捨てられてしまったのかな」「パパともう会えないのかな」と不安に思う子どもも少なくありません。

引越しを余儀なくされたり友達と別れたり、環境の変化も子どもにとっては大きなストレス。それでも環境が変わっても父親と変わらず会えていれば、喪失感も最低限に抑えることもできます。

 

 

◆自分のルーツをたどれる

 

父親にずっと会えていないと、子どもは大きくなるにつれ、「お父さんってどんな人なんだろう」「自分も父親と似ているのかな」など思う時が必ず来るでしょう。父親と継続的に会い続けることで自分のルーツを知ることで、アイデンティティの確立にもつながりますし、自己肯定感も高まります。

 

 

◆男親ならではの体験

 

母親からも多くの体験や学びを得ることはできますが、男親だからこそ子どもに伝えられることも。体力を使った外遊びをはじめ、母親の不得意分野の補完など、父親と一緒に過ごすことで子どもの知識や学びの経験は増えていきます。

いつも母親とふたりで過ごす日常よりも刺激もあるでしょうし、なにより子どもが楽しい時間を過ごすことは健やかな成長を促す大事な機会になります。父親から教えてもらうという経験は、習い事で穴埋めできることではありませんね。

 

 

■共同養育のメリット(親編)

 

 

次に親にとって共同養育をするとどんなよいことがあるのかをみていきましょう。

別れた元夫と二度と関わりたくないと誰もが思うことかもしれません。ただ、自分の感情と切り分けて、離婚後も育児を分業をすることのメリットも。

 

 

◆経済的サポート

 

元夫と関わりたくないが故に面会交流も後ろ向きになってしまいがちですが、面会交流を行っている方が養育費の支払い率が高いのも事実です。

また、元夫の祖父母や親戚などとも変わらず交流を持たせることによって、お誕生日やクリスマス、入学時のお祝いなども継続してもらうことができ、家計的に助かる場面も。

経済的なメリットも視野に入れて、自身の感情的と混同せずに冷静に対応することが賢明です。

 

 

◆無料のシッター!?

 

仕事や育児、家事と忙殺される日々。たまには息抜きしたい!そんなときは活用するとよいのが面会交流です。自分の予定と上手に組み合わせて預けるなど、元夫をシッターとして活用してみてはいかがでしょうか。元夫ならもちろん無料ですし、しかも延長料金もかかりません。自由な時間を手に入れられれば自己実現ができ、スキルアップを目指すのであれば同時に収入アップも望めて一石二鳥です。

信頼できない元夫に子どもを預けることに心配をするママも多いですが、子どもにとってどんな父親であるのかを冷静に判断し、預ける先と割り切れると自分自身も楽になれます。

もちろん、そのためには父親側も穏やかにやりとりを行うなど努力や心がけが重要ですね。

 

◆自分がもしもという時のために

 

今は健康で「私が子どもを育てるから大丈夫」と思っていても、いつどこで病気や不慮の事故に巻き込まれるかはわかりません。

そんなとき、愛する子どもが路頭に迷わないために、子どもが父親を頼れる状況にしておくことも大切ですね。自分にもしものことがあった時、子どもと父親が10年振りの再会でギクシャク…なんてことにならないためにも、定期的に交流をしておくことが大切です。

 

 

■共同養育で親も子どももハッピーに

 

離婚しても、夫婦の葛藤と親子を切り分け、離婚しても親同士の関係を再構築することで、子どもにとって離婚のダメージを最小限にして新生活をスタートさせることができます。

子どもがタブーなく素直にありのままの笑顔で過ごせるためにも、共同養育に一歩踏み出してみませんか。

 

 

<執筆者>

一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント しばはし聡子

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談や講演・執筆活動中。http://www.rimusubi.com/

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:しばはし聡子コラム

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!