しばはし聡子コラム

子どもが望むことは親がご機嫌でいること/熟年離婚で見えた景色とは

しばはし聡子

さまざまなカタチで離婚後も両親で子育てを行っているママの実体験を記事化したシリーズ。今回は、お子さんが大きくなってから離婚し、離れて暮らしながら日々の交流を大切にするママをインタビューしました。

■現在、どのようなかたちで子どもと関わっていますか。

離婚した後、私が家を出たので子どもと離れて暮らしています。子どもたちが成人〜17歳と大きいので、それぞれと直接ほぼ毎日連絡を取り合っています。食事をしたり、私の家に泊まりに来たり、旅行に行くこともあります。

子どもたちに朝晩「おはよう」と「おやすみ」のLINEは欠かさず送るのが日課です。子どものためにというより、もしかして私が甘えん坊なのかもしれませんね。末の娘はまだ学生なので、保護者会や面談など学校関係の用事やお弁当づくり、カフェで一緒に勉強をするなど、日常的に関わっています。一緒に住んでいないこと以外はなんでもしてあげたい思いでいます。

長男長女は下宿している子どもたちとの付き合いといったイメージでしょうか。息子とは月1回くらい飲みに行ったりもするんですよ。私の仕事に関心を持ってくれていろいろアドバイスくれたりして頼もしいですね。

■お子さんたちは離婚をどのように受け止めていると思いますか。

離婚をしたのが5年前で、当時子どもたちは13歳〜19歳。離婚する1年位前から夫婦仲がギクシャクしていることに、子どもたちは気付いていましたね。夫婦喧嘩になりそうになると、「ママ、だめだめ」と私をたしなめるようになっていました。家庭内が不穏な空気になることを避けたかったのでしょう。

子どもたちと父親との関係は良好でしたし、元の家での生活が確立しており、環境を変える気持ちは私にも子どもたちにもありませんでした。ですので、私が家を出るかたちにはなりましたが、それ以外で子どもたちにしてやれることはできるだけそのままやっていこうと思いました。

後になって子どもたちから聞いた話ですが、「自分の両親は世界で一番仲がいい夫婦だと思っていた」と言っていました。確かに、いつも家族一緒に行動しており、仲がよかったことは間違いないのです。それゆえ、不仲になったときにはさぞかし驚いたことでしょう。

親の離婚は当然悲しい気持ちになったとは思いますが、しょっちゅう会えていますし、親の顔色を見て生活するよりは今の方が日々の生活は気分的に楽になったのではないかなと感じます。子どもたちは両親のどちらにも愛されていると自信を持っているようですし、自己肯定感の高い子どもたちに育ってくれていると感じます。

■元夫婦の関わりで困っていることはありますか。

残念ながら、元夫と協力し合いながらの共同養育は実現できていません。子どもたちが大きいこともあり直接連絡を取る必要もないのが現状です。今は困っていませんが、今後、子どもの人生に関わる大事があったときに、元夫と協力体制が取れるような関係性になれたらいいな、と思っています。

同じ立ち位置で子どもを心配できるのは親同士だけなので、教育方針なども含め、意見のすり合わせができるようになれることが理想です。

今後、子どもたちの大きなイベントがあるとしたら結婚式でしょうか。子どもたちは両親が揃うことを望んでいないかもしれませんし、私自身もあまりアニバーサリーにはこだわらないので、またそのときが来たら考えていければいいかなという感じです。

■お子さんとの関わりで心がけていることはありますか。

私自身がご機嫌であるように自分の機嫌は自分で取るように心がけています。

子どもは、夫婦の揉め事や苦労話などは聞きたくないはずです。「あなたのために頑張った」「あなたのために離婚しなかった」など、苦労を共にしてきたような発言は子どもにとって負担です。このような発言を親から聞かされ続けると、「親の幸せは私の責任」と思うようになってしまいかねません。

ですので、親がちょっと自分勝手なくらいで自分自身の人生を楽しんでいる方が、子どもは気楽なのではないかなと思い、私は私の人生を楽しく過ごす姿を見せるようにしています。

あとは、子どもと一緒にいるとき、父親のことを肯定的に話すようにはしています。「お父さんに似て、○○が得意なんだね」「まつげが長いのはお父さんの遺伝だね」など子どもに対して褒めるようにすると子どもたちはとても喜びますね。

■ご自身のこれからの夢やビジョンがあれば教えてください。 

今は、自分の人生を自分の足で歩いている実感があります。大変ではありますが楽しいです。頑張って生きていきたいです。

いわゆる熟年離婚で、いま思えば、私がわがままを通したかたちの離婚です。勝手かもしれませんが、私自身が結婚しているときに比べて自分らしく生きている姿を見て、子どもたちも安心して自分の人生を自由に謳歌していると思います。

家族を巻き込んでしまった離婚ですが、この物語にストーリーと結末をつけたい思いがあります。この年齢で離婚したこと。すべては意味があることだったのだと。子どもたちに迷惑かけたからこそ、意味を見出していきたいですね。

■読者の方へメッセージをお願いします。

離婚をすすめるつもりは全くありません。子どもが大きくなったからとはいえ、離婚は家族にとっての一大事ですし、この年齢で独身になるのは勇気が必要なこと。

「離婚すればうまくいく」ではなく、「離婚して失敗してもいい」くらいの覚悟があれば意外と後悔しないかもしれません。そして、すべてを手に入れることはできず、何かを手放さないと何かは手に入らないのも事実です。

そして、離婚をした後も相手に対して、子どもの親としての最低限のリスペクトは必要ですね。ライターの仕事をしていると、離婚後子どもを父親へ会わせていない母親に触れる機会があります。一方的な感情でそうすることは、あまりよいとは思えません。

後々、子どもに「なぜ父親と引き離したのか」と聞かれたら、どう辻褄を合わせるのかなとも思います。子どもには自分の親を知るチャンスが必要です。私の経験が離婚を考えているどなたかのお役に立てば嬉しいです。

<執筆者>

一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント しばはし聡子

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談・面会交流支援やコミュニティ運営および講演・執筆活動中。

*りむすび公式サイト:http://www.rimusubi.com/

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:しばはし聡子コラム

しばはし聡子
一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント しばはし聡子 1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談や講演・執筆活動中。 *別居パパママ相互理解のオンラインサロン「りむすびコミュニティ」 http://www.rimusubi.com/community

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!