しばはし聡子コラム

【インタビュー】「愛とは許すこと」―離婚しない結婚をつくっていきたい

シンママStyle編集部

 

さまざまなカタチで離婚後も両親で子育てを行っているママの実体験を記事化したシリーズ。今回は、「離婚しない結婚」を理念に結婚相談所を経営するベテランママと、母親の事業をサポートする息子さんに直撃インタビューしました。

 

■共同養育と聞いてどんなイメージがありますか。

 

ママ:

まさにこれを早く広げるべきだと思いました。急がないとダメだと。私は、結婚相談所を運営しているのですが、夫婦の悩みや離婚相談を受ける時もあります。その時には必ず「離婚しても子どもをきちんと親に会わせるように」とアドバイスしています。

 

相談に来られる方の中には、父親の存在を知らずに育った方もいらっしゃいます。その方はどのように自分が父親になればいいのか家族像を描けないんですよね。

 

「自分の父親がわからない」。こんなことはあってならないことですし、大きな社会問題だと感じています。ですので、今回のインタビューの依頼があった時に、ぜひ協力して共同養育を広めたいと運命を感じました。

 

■現在、どんなカタチで共同養育を行っていますか。

 

ママ:

息子がちょうど8歳の頃に離婚しました。離婚するまでいろいろ困難がありましたが、私が子どもたちを連れて家を出る形での離婚となりました。

 

当時は、子どもたちもまだ小学生でしたが、父親と子どもたちが会うことについて、私が連絡を取り合った記憶はほとんどないですね。父親と子どもたちが直接電話で約束をして、月1〜2回程度会いたい時に会っていました。そして、会った時に次の約束をして帰って来ていたと思います。泊まりでスキーに行ったこともありましたね。

 

 

息子さん:

小さい頃の記憶は定かではないのですが、中学校入ってからは自分の携帯を持っていたので、父親に直接連絡をしていました。今はLINEで話したり、連絡したい時にして会いたい時に会っています。「お正月に行くね!」など、どこにでもある実家に帰る感じです。

 

父親は遠方に住んでいて遠方であること、そして、私自身も結婚しているので頻繁に会うことはありませんが、年3回程度ですね。

 

あとは、父親は一人暮らしなので万が一の時のために、インターネットで玄関周りの動画が見えるシステムを設置していて、常に父の様子を確認するようにしています。間接的にでも、父親が元気でいるかがわかるのは安心できますね。

 

■共同養育をするようになった経緯をお聞かせください。

 

ママ:

離婚直後、元夫と関わりたくない気持ちは当然ありました。

ただ、私はクリスチャンで「愛とは許すこと」だと教えられています。また、「子どもは自分のものではなく、親は子どもの成長を助けるもの」だということも教えられているため、子どもを所有物化しようという考えは全くありませんでした。

 

離婚後も「夫婦としては破綻したけれど一緒に住んでいない家族」というイメージでした。共同養育をすることが当たり前だと思っていましたし、元夫もクリスチャンなので同じように考えていたと思います。

 

それより、とにかく離婚後は自立することが大変でした。朝はお弁当屋さんに始まり、仕事を4つ掛け持ちして朝から晩まで働いていました。絶対に自立すると決断していましたね。早くこの生活をよくしていきたいと。とにかく必死でしたが、自分の中で「決断」していたことは大きかったと思います。

 

■共同養育するにあたり困っていること、困っていたことはありますか。

 

息子さん:

母親は父親と直接関わっていないので特に困ることはないと思うのですが、子どもの立場としては、両親それぞれが相手のことを嫌そうな言動しているのは、あまり気分がいいものではないですね。

 

例えば、父親になにか頼みごとをすると「それは母親から頼まれたんだろう?」と勘ぐってきたりするので、母親も悪口ではないにせよ「あの人ああいうところあるからね」と言ったり、「離婚したのになんでまだいがみ合っているんだろう」と思うことも。

 

そうなると、こちらとしては面倒な気持ちになって言い返さずに受け流すようにしています。父もいい年なので今更言っても変わらないですしね。

 

あと困っていることといえば、強いていえば、物理的に距離があるので交通費がかかるということくらいでしょうか。

 

■お相手がどんなことをしてくれたらうれしいですか。

 

ママ:

元夫は独居なので、とにかく健康でいてほしいですね。お互い健康が一番です。

 

息子さん:

父親には健康でいてほしいです。万が一病気になると、母親は看病しに行ってしまうようなタイプで父親は断ってくるタイプ。私が板挟みになるのが目に見えているし、面倒なことになるのは避けたいです。

 

あと、母親は、妹の結婚式に父親を呼ぼうとするのですが、子どもの立場としては、家族4人で会いたいと思ったり親同士で会ってほしいと思うことは全くないので、できればかまわないでほしいかなと思います。妹はどのように思うかわかりませんが。

 

■共同養育はどんなメリットがありますか。お子さんはもちろんご自身にとっても良いことがあれば教えてください。

 

ママ:

離婚して距離は離れているけれど、元夫は子どもたちのために養育費も払ってくれていたし、一緒に育てている感じがしていました。子どもたちと会っていることで、よりモチベーションもあがっていたと思うので会い続けていることは父親としての意識が高まることも良いことだと思います。なかには、会わなくてもいいという親もいますからね。

 

息子さん:

両親それぞれからクリスマスプレゼントをもらえたり、住む場所がふたつあることは、もちろんメリットなのですが、物理的なメリットよりも精神的なメリットの方が大きかったと思います。

 

うちは自由に会えていたので、両親から愛情を欠けずに受けていることができたのはよかったことだと思っています。もし、母親だけに育てられていたら、心に傷を負っていたかもしれないですからね。

 

■ご自身のこれからの夢やビジョンがあれば教えてください。

 

ママ:

結婚についての教育をもっともっと広めていきたいです。食育、お金の価値観、孤独死なども含め、結婚全体に付随していることを結婚前に伝えていくことが使命だと感じています。

 

そして、離婚しない結婚をつくっていくこと。結婚の選択肢を間違えた人が離婚していますので、間違えないような学びを継承していきたいですね。とはいえ、万が一離婚してしまったとしても、まさに共同養育の大切さを知る学びの機会をつくっていくことも必須です。

 

これらをぜひとも「結婚前」に伝えていきたいですね。

 

息子さん:

親が離婚していると、自分が他の人と比べて離婚しやすいんじゃないかなと思う時があるんです。それは、ネガティブなことではなく、ポジティブに離婚へのハードルが下がっているというイメージです。

 

現に、離婚家庭で育った子どもが離婚する確率は75%という調査が出ているほどですから、これからの次世代を考えていくにあたって、やはり「離婚しない結婚」を作っていかなくてはいけないと心から思います。そのためにも、正しい判断をするための知識と判断ができる教育が必要なので、母親とともに結婚教育に尽力していきたいと思っています。

 

<執筆者>

一般社団法人りむすび 共同養育コンサルタント しばはし聡子

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の子連れ離婚経験を生かし当事者支援として「一般社団法人りむすび」を設立。「離婚しても親はふたり」共同養育普及に向けて離婚相談や講演・執筆活動中。

*りむすび公式サイト:http://www.rimusubi.com/

*別居パパママ相互理解のオンラインサロン「りむすびコミュニティ」

http://www.rimusubi.com/community

*共同養育コンサルタントとして活躍しませんか

http://www.rimusubi.com/co nsultant

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:しばはし聡子コラム

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!