• HOME
  • コラム
  • (参加しました!)シンママのためのほっこりクリスマス会

(参加しました!)シンママのためのほっこりクリスマス会

【マジックショーあり、ケーキあり♪】

 

去る12月23日大阪府豊中市にて、シンママとこどものためのクリスマス会に参加してきました。主催は、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西(http://smf-kansai.main.jp/)です。

 

大阪を中心に1984年から任意団体としてひとり親が社会で活躍する支援をつづけ、2006年からNPO法人になったそうです。

 

夫と別居&調停中の我が家は、わたしと息子(小学生)と犬の3人家族。この体制になってまだ1年ほどの駆け出しで、シンママのためのイベントに参加するのは初めて。支援団体によるイベントって少し敷居が高いような気もしていました。ちょっとドキドキしながら会場に足を運んだのですが、

 

 

なんと受付で、いきなりプレゼントいっぱい! あまり乗り気でなかった息子も、駄菓子でテンションがあがります。ソーラーで首がゆらゆら揺れる雪だるまと、手作りのネコのクリップもいただきました。

 

来ていた子どもは未就学児が多く、小学生は息子を入れて3人。楽しめるかな?と心配になったのも一瞬。プロのマジシャンのマジックショーがスタートすると、一気に引き込まれました! 口の中に入れた風船が消えたあと、おなじみマーブルチョコでのマジックがはじまります。

 

 

 

子どもとマジシャンのかたが食べたい色のチョコを選んで食べて、最後にオレンジ色のチョコが残りました。そこでからっぽだったはずのチョコの筒をあけると、あら不思議! まるで残るチョコを予言するかのように、オレンジ色のチョコが入っていたのです!

 

スプーンがぐにゃっと曲がるマジックもテレビで観るのと、間近で見るのとでは大違い。

 

 

子どもを参加させてくださって、曲がったスプーンを記念にもらった子もいましたよ。

 

続いて、しんぐるまざあず・ふぉーらむの方によるマジック。プロの後というハードル高い状態にもかかわらず、レコードの色を変えたり(「レコード??」と不思議そうな平成っ子たちが、また可愛い)、空っぽの紙袋から次々お花を出したりで、拍手喝采。

 

小さい子たちが「すごい!」とおどろく声に、なんだかほっこりした気分になったころ、ホールケーキが各テーブルに提供されます。サンタさんとお星さまのついたクリスマスケーキは、神戸屋さんからの寄付だそう。みなさんインスタ映えするケーキを撮影していたけれど、わたしたちのテーブルでは早速カットし食べはじめました(笑)。

 

 

あたたかい紅茶に、ふわふわ甘いケーキで会話も弾みます。

 

そのあと、ギターの引き語りでクリスマスソングをたくさん歌い、トリにはなんと、サイリウムのスティックをぶんぶん回すあのダンス! 某CMで高橋一生さんが踊っていたような、例のダンス! 中学生のお兄さんたちが披露してくれたのですが、スマホでyoutube用に撮影しながらというのがいかにも「2018年」です。

 

 

 

 

 

おおおお!きれい! 司会のかたが小さい子にマイクを向けると「かっこいい!」と、ピュアな感想が。わたしの後ろにすわっていたおばあさまからも、ダンス中「うわーすごいわ!じょうずやね!」と感心の声が。会場のあたたかい雰囲気に、なんだかぐっときてしまいました。

 

ダンスが始まるまでは、キレッキレのパフォーマンスを老若男女でみるクリスマスって、ちょっとシュールなんじゃ……と思っていたのですががんばって練習してきた中学生(気難しい年ごろなのに、いい子たち!)、素直な気持ちで称賛する会場。みんながお互いを認めあう空気に包まれていて、すごくクリスマスらしいホーリーな気持ちになりました。

 

こういう空気に触れることって、すごく大事だと思います。同じテーブルだった大学生のお兄さんも、おだやかで優しく息子に接してくださり、大感謝。何気ないあたたかさや優しさを感じることができて、ほんとうにありがたかったです。

 

クリスマス会の終わりには、しんぐるまざあず・ふぉーらむ関西代表の山口さんからのご挨拶がありました。

 

ひとり親家庭のこどもたちが「自分たちのことを考えてくれる大人が、親以外にもいるんだ」と感じられること。大人を信じられるようになったらと、願いをこめてこの会をしてらっしゃるという言葉が心に響きました。

 

帰り際にはお土産まで! 衣服の寄付の中から、息子チョイスでクリスマスカラーのバッグをいただき、

 

 

ルンルンで帰宅しました。

 

今回のクリスマス会、ビジター利用の会費500円でこんなに盛だくさん。しんぐるまざあず・ふぉーらむの会員さんなら300円だそうです。まだ収入の不安定な、そして婚姻費用の支払いも不安定なわたしのような駆け出しシンママの懐事情にも優しいお値段でした。

 

ケーキやおやつ衣類などは、いろんな方からの寄付で成り立っているそう。お顔は見えずともその届いた物資を見るだけで、こんなに力を添えてくださる方がいるんだなと心強く感じることができました。

 

「ほどこす」「恵む」ではなく「寄り添う」あたたかさを持って活動されているので、初参加でもほっとできたのだと思います。

 

【新入生への援助金と大阪市の塾代助成のお知らせ】

 

ひとり親家庭ならずとも、参加したいのではないかしら。と思うようなほっこりしたクリスマス会でしたが、きちんとひとり親のためのお役立ち情報もアナウンスしてくださいます。

 

この日のお知らせは、下記のふたつ。

 

  • 大阪市では塾代・スポーツ教室などの助成あり。中学生に月額上限1万円が出ますので申請を。(詳しくはこちらhttps://www.juku-osaka.com/

 

 

シンママになってみて、助成制度などを知っているか知らないかの違いがすごく大きいこと、そしてその情報を自力で収集し取捨することの大変さをしみじみ感じています。

 

こうしてアナウンスがあることは、とってもありがたいですよね。ネットで調べればわかることもありますが、実際に足を運んでネットワークを築くことも、自分と子どもために重要だなと実感しました。

 

各自治体でのひとり親支援についてまとめた便利なサイト「イクハク」の存在も、教えてもらいましたよ。リンクはこちらhttps://www.ikuhaku.com/

 

【年明けに家計術・育児相談セミナーも】

 

次回のクリスマス会はもちろん1年後ですが、しんぐるまざあず・ふぉーらむさんでは、ざっくばらんなおしゃべり会や合宿なども開催していらっしゃいますので、機会をみて参加されてみてはどうでしょうか。

 

プレシンママさんや、シングルファーザーさんもぜひ!とのことです。わたしも調停のこと、今後のライフスタイルやお金のこと、子どもの心のケアのこと、またおしゃべりしにいこうと思います。

 

【おまけ】

 

ヲタ芸に感動した息子、帰りの駅のホームでマネして踊っていました。激しめ(笑)。

 

 

 

(文・画像:犬田さちこ)

プロフィール 現在、夫と別居&調停中のプレシングルマザー。小学生の息子と犬の3人家族。2019年より、シンママStyleにて実体験を基にした離婚のへの道のりを赤裸々に綴ります。乞うご期待!?