• HOME
  • コラム
  • 尊敬できるシングルマザーの特徴とは? 尊敬される・されない人の違いはココ!

コラム

尊敬できるシングルマザーの特徴とは? 尊敬される・されない人の違いはココ!

シンママStyle編集部

自分勝手に離婚したわけでもないのに、シングルマザーになっただけで周りからいろいろ言われたり思われたりする経験があると、不安になることってありますよね。世の中、そんな身勝手なシングルマザーばかりではないはずです。

周りに尊敬できるシングルマザーがいるのか、尊敬されるシングルマザーってどんな人なのか、思うこともあるかもしれません。そこで、尊敬される人そうでない人の違いについてもまとめてみました。

■尊敬されないシングルマザーの特徴

まったく尊敬されないシングルマザーの特徴ってどんなところにあるのでしょうか。実際にいるシングルマザーのよくない特徴をまとめました。

◎母子手当に依存している

実際に母子で生活していくことは、正社員で児童扶養手当をもらわなくてもいいくらい稼いでいる人以外は、かなり厳しいものです。子どもが小さいととくに正社員で働くことができず、パートなどで生計を立てている人もいます。そういう場合は、国や行政からの手当を受ける必要がありますし、むしろそれだけでは足りないかもしれません。

それでも、毎日仕事をして頑張っている姿が周りから見て分かるようであればすごいと思われるでしょう。一方で、ろくに働きもせずに実家暮らしで手当を受けて遊んでいるシンママの場合、世間からは白い目で見られることがあるようです。

◎パチンコやギャンブルに依存している

賭け事やギャンブルにはまっている人は、基本的に精神的に依存症だと思われることが多い追加し、本人にその自覚がなければなおさら、依存症なのかもしれません。

昔、親がパチンコに行っている間、子どもを車内に置き去りにし死亡していたという事件もあり、子どもを持つ親がパチンコに行ったりギャンブルにはまったりしているとかなりイメージは悪いでしょう。

◎タバコを吸う

一般的に海外では、路上や飲食店の喫煙が法律上禁止されています。日本でもここ数年の間に、タバコが人体に害であることがより認識され、飲食店で全面禁煙のところが増えてきています。

また、コロナウイルスの影響で、タバコや飲酒をしている人は感染リスクが高いともいわれ、ますますタバコが敬遠されるようになっています。タバコを吸う人=ガラが悪い人、と思う人もいるので、ママが子どもを連れてタバコを吸っている姿を快く思う人はあまりいないかもしれません。

◎すぐに再婚して離婚をする

シングルマザーで再婚する人もいます。しかし、再婚してもすぐに離婚をするシングルマザーがいると、イメージは悪くなるかもしれません。

死別の場合は別として、一度離婚しているから男性を見る目はもっと養ってほしいと周りは思うでしょう。二度の離婚によって一番傷つくのは、おそらく子どもでしょう。安易に結婚して離婚して、子どものことを全く考えていない、子どもがかわいそうと思われても仕方ないかもしれません。

◎モンスターペアレント化している

子どもに関して過干渉であるとか、時間のある人などはとくに、子どもの園や学校に対してクレームや文句をつける傾向があります。子どもがいじめられるなど、子どもを守るために学校に乗り込む場合ならそれは素晴らしいことなのですが、それとはまったく種類が違いますよね。

■尊敬されるシングルマザーの特徴

素晴らしい人、尊敬できるシングルマザーだと思われる人の特徴とはどういったものでしょうか。いくつか特徴をまとめました。

◎子どもが尊敬している

周りがどうとか気になるかもしれませんが、あえて気にせず、子どもを第一に考え、子どもが「こんな親になりたい」「ママはすごい」「困ったときには頼りにしたい」と思う、そんな親が一番だといわれます。

◎子どもが立派に成長している

シングルマザーとしてどれほど苦労しても、子どもが社会人として成長したのを見て、それまでシングルマザーに抱いていた偏見を捨てる人もいます。両親そろった家庭でも、まともに大人になれていない大人もたくさんいるのです。それなのに、片親で子どもをまともな大人に育てあげることに、尊敬の念を持つ人がいても当然でしょう。

◎明るく、弱音を吐かない

ひとり親で子育てをすることはいろいろな心配もあって苦労も多いかもしれません。弱音を吐いたり、泣いたりすることもあるかもしれません。

しかし、尊敬されるシングルマザーは、陰で苦労して泣いていてもそれを表には出さず、子どもや他人の前では明るく気丈に振る舞っているようです。それが、周囲や子どもの目には、すばらしいお母さんと映るのですね。

◎祖父母に頼らず、自立している

シングルマザーの中には、離婚してすぐ両親の家に住んで働かずに楽をして過ごしている人もいます。苦労する結婚生活が嫌で楽な道を選んだ、と思われても仕方ないかもしれません。

一方、実家が金持ちでも、親に頼らず、子どもとの生活を維持するために働いて自立している人はかっこいいと思われる傾向があります。金銭面で頼らずとも、子育てで祖父母の手を借りる人も多いでしょう。シングルマザーでなくとも、働いていれば親の手を借りずに子育てをすることはかなり大変なことです。

しかし、親が遠方であるとか他界しているとかで、祖父母の手を借りずに子育てをしているシングルマザーを見て、すごいな、と同じシングルマザーからも尊敬されることもあります。

◎子どもがママ大好きである

シングルで働いていると、子どもとの時間をゆっくり持てないと感じるかもしれません。しかし、その限りある時間を子どもと過ごす時間にしっかりと当てて、子どもにたっぷりと愛情を注ぐことができていれば、子どもはママのことが大好きだと思うはずです。

専業主婦で子どもとの時間が十分にある人でも、子どもから「ママ大好き」と言われることはもしかすると少ないかもしれません。反抗期になると、心から思ってもいなかったとしても、子どもから「ママ嫌い」と言われることだってあるでしょう。

忙しくて子どもとの時間がなくても、「ママ好き」と言う子どもの姿を見て、尊敬すると思う人もいるかもしれません。

◎覚悟があり、しっかりしている

シングルマザーで子育てすることを大変だとアピールする人や上から目線な人は嫌われやすいです。一方、シングルマザーになることを決めたのは自分で、これから大変なことがあってもしっかりと子育てをしていくという強い意志を持っている人は、その姿や生き様から、かっこいいと思われることでしょう。

~おわりに~

シングルマザーへの偏見や周りからの目を気にしすぎることも悩みのタネとなります。最も大切なことは、周りから尊敬されるかいうことではなく、子どもから尊敬されるかどうかということだというシンママもいます。

どういう行動を取ろうが、シングルマザーを批判することをやめない人もいますので、子どものことを第一に考えて日々過ごすだけで、本当は十分なのかもしれません。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:コラム

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!