• HOME
  • コラム
  • 子育てに自信がない…他のお母さんはどう立ち直っているの?

コラム

子育てに自信がない…他のお母さんはどう立ち直っているの?

シンママStyle編集部

子供を持つ母親なら一度は悩んだ事があるかと思うのですが、自分の子育てが当たっているのかなんなのか、また子供が言う事を聞いてくれずにわがままばかりだと不安になってしまいますよね。

本当にこの育て方であっているのか、ひとりで育てているせいだからなのか…等自分自身を責めてしまう時もあるかと思います。実際、シングルマザーで子供を育てている私もお父さんがいないという環境で子供に不憫な思いをさせているのではないかという負い目から、甘やかしてしまっていた時期もありました。

そこで今回はシングルマザーが思う、子育てに自信がない時の復活術をお話します。

■子育てに疲れたら…自分の追い求める理想を少し忘れて休憩してみませんか?

言う事を聞いてくれずわがまま放題好き放題、完璧にお母さんをなめてかかっている等、子育てにおいて悩みは尽きませんよね。離婚を経験したお母さんも未婚で子供を育てているお母さんも、一人で子供を育てていく!と決心した時に理想のお母さん像が少なからずあったかと思います。

シングルマザーで子供を育てている私も、離婚当初は父親の分まで私が補うし、仕事もバリバリこなして、お休みの日は子供と出かけて~なんて考えていました。実際、シングルマザーの生活は上記で述べた通りで自分自身の時間なんてありませんし、仕事から帰ってから眠りにつくまで座れない…なんてことも多いです。そんな毎日の中でお子さんが言う事を聞いてくれない、わがままばかりなのはなぜ?と悩んでしまうともう悪循環がとまりませんよね。

ですが、その時その時は精一杯でわかりずらいですが実はお子さんからも何か伝えたい事があるのをご存知でしょうか? まだ言葉では上手く伝えられなくとも、お母さんが忙しいのは一番近くにいるからこそ、嫌でも感じ取ってしまいます。

ですので、忙しい毎日ではありますが自分の追い求める理想のお母さん、理想の生活を少しお休みして、お子さんとの密な時間を作ってあげてみるのもいいかもしれません。毎日一緒にいるお子さんの事を全てわかったつもりでいるのは実は母親の方ばかりで、お子さんは日々成長しています。

全然関係ないですが、私も子供が3歳の頃気を付けて魚の骨を抜いたのにたまたま子供の分のお魚に骨が入っていた事があったんです。その骨を当たり前の様に自分で口から出しているわが子を見た時は本当に成長を感じました。

分かっている様で分かっていない!というのが親子でもありますので、是非一度お子さんとの密な時間をとってみてはいかがでしょうか?

■シングルマザーでの子育てはなおさら! 自信が無くなってしまった時の対処法とは

上記でも少しお話しましたが、シングルマザーで子供を育てていると子育ての事ですぐに相談できる相手がいない状況ですので、自分の子育てがあたっているのか、間違っているのか分からなくなってしまいます。

子育てに正解や間違いはありませんが、自分自身に余裕が無くなった時にふと気づかせてくれる存在というのはやはり大きいものです。

そこでシングルマザーで子供を育てている私が子育てに自信がなくなった時に行っているのが、ひたすら周りの子育てを聞いて回る、調べて回る、というものです。正直あまりおススメはできないのですが、例えば良い子育ての例が聞けたら今度ウチでも実践してみよ~と前向きになれますし、子育てが楽しくなりますよね。

逆を言えば、自分が共感できない子育て法を聞き反面教師で自分は気を付けよう…と思えるわけです。

周りと比べるという時点でどうかと思いますが、相談できる相手もいない状況では一番自分の子育て法を再確認できる方法であり、無意識のうちに皆さんが行っている事ではないかと思います。話を聞くというのはもちろん直接でなくてOKです。間接的でも良いですし、匿名投稿のSNSなど様々です。是非参考にしてみてください。

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:コラム

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!