• HOME
  • コラム
  • シングルマザーなら申請しないと損! 子育てのお金が助かる補助金制度を紹介します

コラム

シングルマザーなら申請しないと損! 子育てのお金が助かる補助金制度を紹介します

シンママStyle編集部

シングルマザーは子育て、生活において経済的に苦しいことは国や自治体も把握しています。そのため、シングルマザーの経済的状況が少しでも楽になるようにと、いくつかの補助金制度を設けています。

これらの制度は申請しないともらえないため、シングルマザーになるなら申請しないと損です。また、シングルマザー向けに補助金制度だけでなく、減免制度もいくつもあります。ここでは、シングルマザー向け補助金制度について紹介します。

■児童扶養手当

ひとり親家庭のために児童に対して地方自治体から支給されるのが、児童扶養手当です。支給対象になるのは、18歳に達して3月31日になるまでの子どもを持つひとり親家庭の親です。まず基本の額があって、前年度の所得に応じて支給額が決定されるので、所得制限があります。その制限を超える収入がある家庭には、支給されません。

また、自治体から支給されるお金になるため、地域によって支給額が異なります。

基本の額については、子どもが1人の場合は月額41,720円、2人の場合は月額46,720円、3人の場合は49,720円になります。これ以降、子どもが1人増えるごとに月額3000円がプラスされます。

■住宅手当

子どもが20歳未満で、月1万円以上の家賃を払うシングルマザー世帯に向けて住宅補助がある自治体があります。シングルマザーの収入に応じて手当額が変わり、地方自治体独自の制度のため、支給額が住むところによって異なります。月5000円のところもあれば、月1万円を支給してくれるところもあります。また、住宅手当がないところもあります。

また、離婚してすぐの家探しや住むところに悩む母子家庭のために、安くて最低限の生活が送れる公営住宅を紹介してくれるところもあります。

■特別児童扶養手当

20歳未満の精神もしくは身体に障害がある子どもを持つひとり親に支給される補助金が、特別児童扶養手当になります。所得制限があり、子どもが療育手帳A~B1、身体障害者手帳1~4級に相当する子どもがいることが支給条件となります。手当の額は障害等級によって変わります。子1人の場合は、1級で49,900円、2級で33,230円、子2人の場合は、1級で99,800円、2級で66,460円、子3人の場合は、1級で149,700円、2級で99,690円になります。児童手当との併用が可能です。

■生活保護

シングルマザーで働けない事情があり、生活が困難であると判断された場合に、国から支給される補助金になります。持ち家や車などの資産価値があるものがなく保険に入っていないこと、そして収入が国の定める最低賃金を下回っている必要があります。

生活保護を受けると、子どもの予防接種が無料になり、学童保育なども無料になります。知り合いのシングルマザーで、働けず子ども3人を育てている方で、月15万円以上の生活保護を受けている人がいました。それほど、生活保護は病気や障害などの特別な理由で働くに働けないシングルマザーにとって救いとなる補助金なのです。

しかし、近年、生活保護の不正受給が問題となり、受ける基準や判断の目が厳しくなっていることは確かなようです。本当に必要なママが安心して受けることができる制度であってほしいものです。

■医療費補助制度

シングルマザー家庭で、子どもが18歳の3月31日に達するまで利用することができ、医療費が全額免除されたり安くなったりする制度です。お住まいの自治体によっては、子どもが中学生卒業まで無料だったり500円以下で診察を受けることができたりというところは多いですが、子どもが18歳まで医療費の助成が受けられるのは大きいですね。

■就学援助制度

シングルマザーの家庭はもちろん、子どもの人数と所得によって経済的に困難である家庭に対して、就学援助制度が設けられています。学校の学用品や修学旅行費、給食費を免除してくれたり補助をしてくれたりします。子どもが学校から詳細を書いたパンフレットと申込用紙を持って帰ってくるので、そこに記入して証明書とともに提出をするだけです。証明書は、母子家庭の場合、児童扶養手当証明書の写しと所得証明書が必要となります。

~まとめ~

国や自治体からの補助金は、1人で家計を支えていくシングルマザーにとって経済的に嬉しい支えとなりますね。もちろん、それだけに頼って生活することは困難だし、万が一にも打ち切られることや減額されることもあるかもしれません。あてにはしているけれど、実際にはあてにしない気持ちで仕事もがんばりましょう。

子どもの教育資金やママの老後のためにも、もらえるものはしっかりもらわないと損です。申請は忘れないようにきちんとしておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:コラム

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!