• HOME
  • コラム
  • 離婚したら、元夫の年金を半分もらえるのは本当なのか?

離婚したら、元夫の年金を半分もらえるのは本当なのか?

離婚したら別れた夫の年金を半分もらえるという話を聞いたことがあるでしょうか。離婚時に問題になる年金といえば、「年金分割」という制度のことでしょう。この制度のことを理解しておかないと、離婚したら元夫が受け取る全ての年金のうち半分はもらえる!と勘違いしてしまうかもしれません。

タグ: ,

 

離婚したら別れた夫の年金を半分もらえるという話を聞いたことがあるでしょうか。離婚時に問題になる年金といえば、「年金分割」という制度のことでしょう。この制度のことを理解しておかないと、離婚したら元夫が受け取る全ての年金のうち半分はもらえる!と勘違いしてしまうかもしれません。

 

【年金分割とは何?】

 

「年金分割」とは、離婚した場合、妻か夫かどちらかからの請求により、婚姻期間中の厚生年金記録(報酬額・賞与額)を当事者間で分割することができる。条件としては、婚姻中の厚生年金記録があることと、夫と妻双方の合意があることです。合意がまとまらない場合は、裁判所により按分割合を定めることも可能です。請求期限は離婚をした日から2年以内であることに注意が必要です。

 

この制度は、特に妻が専業主婦であった場合、離婚後の夫婦間に不公平さがないようにするために作られた制度であり、平成16年度(2004)から施行された比較的新しいものになります。

 

【もらえる期間と対象年金に注意!】

 

多くの人が勘違いしやすいのが、離婚した夫が将来もらう年金の全額のうち半分をもらえる、ということです。これは間違いです。年金分割制度に相当する期間は、あくまでも婚姻期間中です。元夫が結婚前の独身時代に働いていた期間や離婚後は対象になりませんので注意してください。

 

また、将来受け取る年金は、国民年金・厚生年金基金・厚生年金および共済年金とありますが、年金分割の対象になるのは、厚生年金や共済年金だけなのです。もし、夫が自営業なら、厚生年金や共済年金は納めていないはずなので、制度の対象にはなりません。

 

【受け取ることができない注意点】

 

年金分割で受け取ることができるのは、婚姻期間中に配偶者の方が多く厚生年金および共済年金を払っていた場合のみです。もし、妻の方の給与が高く、夫よりも多く年金を払っていた場合、この年金分割制度によって妻の方が請求される立場になってしまいます。

 

また、原則として、年金の納付期間が合計で10年以上になっていないと、年金受給資格がなくなってしまいますので注意が必要です。2017年7月までは25年間と決まっていましたが、2017年8月から10年と短縮されています。

 

【数字を使ってわかりやすく解説!】

 

実際にはほとんどの人は半分を分割する、ということで合意に至っています。では、どのように分割されているのか数字で見てみましょう。

 

たとえば、元夫が婚姻期間中に給与とボーナス(賞与)を含めて、合計8,000万円稼いだとします。この場合、厚生年金金額は、8,000万円÷1.000×5.481=438,480円になります。

 

通常、離婚後にはその半分をもらえることになりますが、婚姻中に妻が働いていた場合は少し変わってきます。

 

元夫が婚姻中に8,000万円かせいだ一方、妻が2,000万円かせいだという事実があった場合、当事者同士の給与の総額を求めます。8,000万円+2,000万円=1億円という数字が出てきますね。この1億円から算出される年金の納付記録を半分に分け合いましょう、ということになります。この半分である50%(0.5)を按分割合(あんぶんわりあい)といいます。

 

【年金分割制度には2つある】

 

年金分割の仕組みはおおよそ説明しましたが、実は年金分割には2つの制度があるのです。その2つの制度について説明します。

 

●合意分割制度

離婚時、夫婦どちらかの請求により、婚姻期間中の厚生年金・共済年金の保険料の納付記録を分割できる制度です。年金を分割するか、または年金の分割割合をどうするかは、夫婦の合意あるいは裁判所の決定で決まります。分割割合は、最大で半分(2分の1)になります。

 

●3号分割制度

離婚時、第三号被保険者である妻からの請求により、夫の厚生年金・共済年金の納付記録を自動的に分割できる制度です。この請求には夫婦間の合意は必要ありません。しかし、分割できる保険納付記録は平成20年(2008)年4月1日以降の婚姻期間中に、妻が第三号被保険者であったことが条件になります。

 

【まとめ】

 

離婚時の年金分割については対象期間や条件がありますので、注意しておきましょう。単純に、離婚したから夫の年金の半分がもらえる、と期待どおりにいかないこともあります。

 

実際にどれくらいもらえるか、また制度の対象になっているかなど疑問があれば、年金事務所で相談してみると良いでしょう。年金事務所で請求の手続きもできますので、悩んでいる方は一度訪問されても良いでしょう。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら