• HOME
  • コラム
  • 離婚ってわるくないかも?自分の人生は自分で決めよう!

離婚ってわるくないかも?自分の人生は自分で決めよう!

もちろん離婚しないに越したことはありませんが、ストレスを感じながら愛情もない人と暮らすことの方がよっぽど辛いはず。実際に離婚をして自由に生きてみたいと思う人は、「離婚ってわるくない」と感じているのです。

タグ: ,

 

日本の離婚率は3組に1組の時代です。それを聞いてもあまり驚かないのは離婚がもう当たり前の時代だからでしょうか? それだけ離婚をしてもやって行ける女性が増えたことも大きな理由かもしれません。

 

もちろん離婚しないに越したことはありませんが、ストレスを感じながら愛情もない人と暮らすことの方がよっぽど辛いはず。実際に離婚をして自由に生きてみたいと思う人は、「離婚ってわるくない」と感じているのです。

 

■時代は変わる

 

昔は離婚をすると周囲の目が気になり、実家に帰るのもはばかられる時代がありました。しかし、今は離婚率が高くなりシングルマザーも増えています。生活支援体制も整い、シングルマザーもなんとか生活していけるようになりました。離婚が後ろめたい時代は遠い昔のことですね。パートでもみんな生き生きと働いています。

 

■離婚の良い点

 

婚姻中は喧嘩が絶えず、ちょっとしたことでも言い合いになると日々ストレスとの戦いに。精神的にも限界にきているのかもしれません。子供にそのストレスをぶつけて、日々自分を責める日常。このままでは病気にでもなりかねません。離婚をすれば今の憂鬱な日々とはさよならできるかもしれません。

 

また親権が取れたらストレスフリーになることで今までのように、子供にあたることもなくなりますよね。これまでできなかったやりたいことも自分の判断でチャレンジできるのです。

 

■離婚の悪い点

 

親の勝手な都合で両親が離婚をして一番辛いのは子供です。これまでは両親の愛に包まれていたのに、いきなり片親になり、生活力がない母親と一緒の生活をする場合、今まで思い描いてきた将来の夢が頓挫することになるかもしれません。離婚は当事者だけでなく周りも大きな渦に巻き込んでしまうのです。

 

■仕事のあり方

 

独身に戻れば仕事も思い切りできそうですが、子供の手が掛かる間は残念ながらそれも難しいでしょう。結婚している時から継続して働いている人はまだいいのですが、離婚後に就職をする人は条件が厳しくなることは覚悟しておきましょう。

 

小さい子供がいると残業が難しく、子供の体調によっては早退や休暇を取らないといけません。シングルマザーの大半がパートやアルバイトだという現実がそれを物語っています。それでも精一杯頑張っていれば道が開けることもあります。

 

★まとめ

 

このように離婚は悪いことばかりではありません。どう捉えるかはあなた次第です。離婚して自立できるように婚姻の間に資格を取るとか、正社員で働くとか人生設計を立てておきましょう。

 

最近のシングルマザーも子育てをしながら仕事も充実している人が多いです。自分が離婚後の人生において何を選ぶべきなのか、よく考えて決断をすればたとえ苦労が横たわっていても乗り越えられるだろうし、仮に挫折しても後悔しないはずです。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

タグ: ,