• HOME
  • コラム
  • あなたは大丈夫?離婚後に幸せになれる人のパターン4選

コラム

あなたは大丈夫?離婚後に幸せになれる人のパターン4選

 

夫の浮気・不倫や性格の不一致など、何らかの理由から結婚生活がうまくいかなり「離婚」の2文字が頭をちらつき始めていませんか?ただ、離婚をしたからといって誰もが幸せになれるとは限らないようです。

 

望んだ離婚であれば当然今より幸せになれるのでは?と思いがちですが、時間が経ってからその選択を後悔する人も少なくないのだとか。自分で選んだ道なのに、それを悔やんで生きていくのはとても悲しいもの。せっかくなら離婚後はスッキリと前を向きたいですよね。

 

本記事では、離婚によって幸せになったと感じている人のパターンを4つご紹介していきます。

 

■離婚に向けた準備をしっかり行った

 

離婚にあたっては夫婦間で「財産分与」「親権」「養育費」「子供との面会交流」など、様々なことについて取り決めを行わなければなりません。離婚原因によっては、きちんと慰謝料も請求しておきたいところです。

 

どのトピック一つを取っても重たいので、こうした協議がすんなり進むことはあまりありません。ですが、ここで一刻も早く離婚を成立させようと焦ったり、話し合いを面倒臭がって合意もそこそこに終了させてしまうと後悔する可能性大です。

 

金銭面については、離婚後に自分で暮らしていける見込みがあればまだしも、その他のことは離婚をした後も付いて回るものが多いからです。問題が起きる都度、また言い争いになったり弁護士を立てて訴訟などを起こすとなると、体力面・精神面・金銭面などあらゆるものを消費します。

 

面倒でもしっかり離婚前に準備を行っておくと、離婚が成立した後スッキリとした気持ちになれるはずです。

 

■経済的に問題なく暮らせている

 

離婚するにあたって、今後も経済的に暮らしていける目処があるかどうかは非常に重要です。とにかく別れたい一心から離婚したものの、その後の生活との経済的ギャップに苦しみ「あのときもう少し我慢すればよかった…」と思ってしまうこともあるようです。

 

特にこれまで専業主婦であった方が正社員に就こうとする場合、新たな職を見つけるのに時間がかかる可能性があります。シングルマザーの方なら、なおさら条件面を絞り込まなくてはならず、苦労している人が多いのが現状です。

 

離婚を考えるのなら、できるだけ早いうちに就職もしくは転職について動き出しておきましょう。

 

■子供が離婚について納得できている

 

子供がいる夫婦の場合、離婚によって親を片方失う子供の気持ちにも寄り添ってあげなくてはなりません。結婚は夫婦間の意思がなければ成り立たないものであるとはいえ、子供にとっては父親を追い出されたような気持ちになる可能性があります。

 

子供の前でのモラハラやDVなど、明らかに夫婦関係が破綻していることが状況が分かる状態であれば子供も受け入れやすいかもしれませんが、時間をかけて生じた歪みが原因である場合、子供にとって離婚は唐突なものに感じられるかもしれません。

 

子供に対して後ろめたい気持ちがあると、いつまでも「あのとき我慢するべきだったのでは?」という気持ちがつきまとうことになります。子供を傷つけない範囲で離婚を考えていることをきちんと伝え、向き合ってあげることが大切です。

 

■趣味を持っている

 

これまで家事に非協力的だった夫と離婚すると自分の時間が増えて楽になる反面、何をしたら良いのかわからなくなり、かえって生活に張りを感じられなくなるケースがあります。

 

これまで夫のために持てる時間を全て注いで尽くしてきたという方は、離婚前に一度純粋に自分がしたいことを考えてみましょう。子供とのお出かけやヨガ、クラフトなどなんでも構いません。それをイメージしておくことによって、離婚後の生活がより生き生きするはずです。

 

☆まとめ

 

結婚も離婚も、自分と子供の人生を左右しかねない大きな決断です。たくさん悩み抜いて出した結論には自信を持ちたいところ。

 

離婚後に幸せになれる人のパターンを参考にしつつ、後悔のない選択をしてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:コラム

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!