• HOME
  • 出産・子育て
  • 大人も子どもも笑顔が増える育児法、ペアレントトレーニングとは?

大人も子どもも笑顔が増える育児法、ペアレントトレーニングとは?

ペアレントトレーニングをご存知ですか?ペアレントトレーニングとは、もともと発達障害をもつお子さんへどう関わったらいいかという方法ですが、発達障害の子に限らず、どんなお子さんでもぐんぐん伸びる、パパやママも笑顔が増える手法で、子育て中のパパママにぜひ知っていただきたい子育て方法です。

タグ:

 

ペアレントトレーニングをご存知ですか?ペアレントトレーニングとは、もともと発達障害をもつお子さんへどう関わったらいいかという方法ですが、発達障害の子に限らず、どんなお子さんでもぐんぐん伸びる、パパやママも笑顔が増える手法で、子育て中のパパママにぜひ知っていただきたい子育て方法です。

 

そんなペアレントトレーニングについて紹介します。

 

■ペアレントトレーニングとは?

 

ペアレントトレーニングは、アメリカで発達障害を持つ子の保護者のために開発された行動療法のひとつです。

 

現在は日本にももちこまれ、臨床心理士や精神科医の方などがペアレントトレーニングの講義や書籍などを通して、この手法を伝えています。

 

■ペアレントトレーニングの基本

 

◎ほめる

◎待つ(注目しない)

◎止める

 

ペアレントトレーニングの基本対応はこの3つのみです!トレーニングというと難しく感じるかもしれませんが、子どもの行動を知って、行動にあった対応をする、それだけで子どももみるみるうちに変わっていくのがわかると思います。具体的な対応方法について説明します。

 

■ペアレントトレーニングの手法

 

ほめる

・子どもが「増やしたい行動」をしたときにほめる

人は褒められれば嬉しいもの。嬉しいなどのプラスの感情は、人の行動を増やす要因になります。子どもが、増やしたい行動をしたときには、どんどん褒めてあげましょう!

 

・伝わるようにほめる

子どもにきちんと伝わるように、わかりやすくほめてあげて下さい。その子にあったほめかたをしてあげることが大切です。大きな音や、触れるのが苦手な子もいますから考慮しましょう。

 

身振り手振り、拍手、サイン、言葉以外にもほめ方はたくさんあります。もちろん言葉できちんと伝えることは大切です。そして、忘れてはいけないのが“笑顔”です☆

 

・過程でほめる

結果だけでなく、頑張ってやろうとしているその“過程”でほめてあげてください。やってみようとしたその“気持ち”もぜひ評価してあげて下さい。見ててくれているんだ!と、やる気アップにつながります。

 

待つ

・子どもの「減らしたい行動」には注目しない

子どもは注目されると、「パパやママが相手してくれた!」と嬉しい感情を抱きます。注目には、褒めること以外にも、しかる、注意するという否定的な注目もあり、否定的な注目でも子どもの行動を増やしてしまうことになります。

 

「ダメ!」と言ったら余計イタズラする、という経験がある親御さんもいるのではないでしょうか。

 

※子どものケンカは減らしたい行動

子ども同士でケンカしていたら、止めずに見守りましょう。子ども同士のケンカは“減らしたい”行動です。ただし、けがをしそうなほどのケンカは止めて下さい。

 

※自閉症など、“待つ”が伝わらない特性のある子にはまねをさせて

自閉症の子などは、待つ、無視する、など、こちらが反応をしないと何をしたらいいのかわからなくなり、パニックになることもあります。見本となる行動を示し、まねをさせるといいでしょう。

 

止める

絶対に止めなければいけない行動にのみ指導をしたり、注意したりして、止めましょう。

・命の危険にかかわる行動

・相手を傷つける行動

・大きなけがをする恐れがある行動

 

こういった行動だけが絶対に止める行動です。物を投げる、嘘をつく、なども許せない行動として止めたくなるところですが、ペアレントトレーニングではそれらの行動は“減らしたい”行動であり、止める行動ではありません。

 

(物を投げてもいい、嘘をついてもいいということではなく、ペアレントトレーニングはあくまでも行動学なので、それらの行動自体には“注目”しないということです。どうして物を投げるのか、嘘をつくのか、その気持ちを理解するように心がけて“待って”下さい)

 

☆まとめ☆

 

ペアレントトレーニングについて紹介しました。

 

慣れるまでどうしても注意したくなる場面もあると思います。たとえば、子どもが飲み物をこぼしたときなど。でもペアレントトレーニングの方法を意識して実践していくうちに、ほんとにあっという間に私自身も子どもも笑顔で穏やかな気持ちでいられるようになりました。

 

一人で子育てをしているとストレスがたまり、ついつい子どもにきつくあたってしまう、そんなシンママも少なくないと思います。そんなママこそぜひペアレントトレーニングの方法を試してみてください。きっとママも子どもも笑顔が増えることを実感できるはずです!

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: