• HOME
  • 出産・子育て
  • 【体験談】シングルマザーVS反抗期の我が子! 上手くやるにはどうすればいい?

出産・子育て

【体験談】シングルマザーVS反抗期の我が子! 上手くやるにはどうすればいい?

子どもの成長って嬉しいですよね。よちよち歩いていたのがいつの間にか走ったりジャンプしたり。ママの後を付いてきていたのが、一人で小学校に行けるようになったり…。シングルマザーとして忙しい毎日を送っているなかで、それは無二の癒し! 一人でできるようになることが増えるたび、ママを喜ばせてくれたり、少し寂しいような気持ちにもさせてくれます。

だけど成長の過程には、長い付き合いの親でさえ対応に手を焼く時期があります。それは反抗期。世の子どもの過半数は、この反抗期に入ると親と話さなくなったり、突き放すような態度を取るようになります。

それでは、反抗期に親にできることは一体何なのでしょう?

■反抗期とは?

反抗期とはなんなのでしょうか? 身体的な変化が現れ出したころ、同時に攻撃的な態度を取ったり、親に歯向かったりすることを一般的に反抗期といいますが、反抗期を迎えた子どもたちに一体何が起こっているのでしょう?

反抗期を迎えた体。多くの子どもには急速なホルモン分泌による身体的変化が現れるとされています。男の子だったら背が伸びたり骨格がしっかりしてくる。女の子だったら女性らしい体つきになります。こういった身体的な成長を促しているのがホルモンです。

だいたい10歳から25歳くらいまでは、成長するにあたって性ホルモンの分泌が盛んなのだそうです。体が大人になっていくことを助けるこの性ホルモンが、さらに脳の発達を促す。この際に生まれる自立心が、親への反抗という形でメンタルに現れるといわれています。

また反抗期はホルモン分泌が盛んに始まり、まだその状態に体が慣れていない時期であるといえます。

■【体験談】単なるナマイキ? いいえ、脳の発達です

「長男が10歳になったくらいのときでしょうか。いままでニコニコと温和なタイプだったのに、急に『ママ、メイク濃いとすっごいおばさんみたいだよ』と私に注意してきたのです。正直かなり頭に来ました。心の中は『もう1回言ってみ?』です。

しかし、抑えて『そうかな~』といなしていると、『そうに決まってるでしょ? 目悪くなったんじゃないの』と追撃が来て、思わず『うるさいなぁ。ほっといてくれる!?』と自分が反抗期みたいなことを言ってしまったのを覚えています。

親としてはショックでした。子どもが別人のようになったかのようで、それを認めたくない気持ちでいっぱいになりました」

反抗期の子どもの発言にトゲがあったりストレートすぎたりするのは、それだけ子どもの物の見方が変わってきたという証拠。でも言い方に気を付けるほどまだ大人ではないので、ついママを立腹させてしまう。

そしてママが「今までもっと子どもらしかったのに! ナマイキ!」と思えるようなこともいいます。この時期の親と子どものすれ違いは、子どもの脳からの急激なホルモン分泌が原因のようです。

■子どもの反抗。そのとき親が持つべき考え方・取るべき行動

シングルマザーだと、子どもの成長に対する責任感が押し勝って、成長を見守るという行動になかなか移せないことがあります。例えば、子どもの反抗を人間としての未熟さととらえ、このまま大人にさせるわけにはいかない!と、自然と言動が子どもの態度を否定したり修正しようとする内容になります。

「親に対してなんて態度なの!」「そんな態度でいたら友達できなくなるよ!」などと思ってしまいますよね。

でも子どもには何も響いておらず、むしろこちらの話を聞いていないように見えました。しかしその実は違っていました。子どもは親に言われることは自分でもよく分かっているのです。そして自身も悩んでいるし、イライラが抑えられない。大人に頭を押さえつけられそうになると、絶対に従いたくない気持ちになる。

前述したとおり、反抗の原因は、旺盛なホルモン分泌が原因のよう。誰のせいでもないし、誰にも止めようがないのです。ではそんな反抗期の子どもに対し、親はどう対応するといいのでしょうか?

それは、子どもを否定しないこと。「そうなんだ」と、子どもが言っている言葉を肯定してあげることです。そして不安を抑え込み、子どもに「勉強しなさい」などの指図をしないことです。

親も不安ですから、子どもがユーチューバーになりたいと言ったら全力で反対します。でも反対したら…子どもの行動は目に見えていますよね。言葉で反抗し、余計にユーチューバーになる夢を膨らませます。

否定されると分かっていて近づくほど呑気ではないので、親と会話しなくなります。会話がなくなれば、互いの意思疎通が叶わなくなるのです。

そうなるともう冷戦状態。子どもは親に会わないよう生活し始めます。そうならないためにも、子どもを頭ごなしに否定したり、考えを修正しようとしたりするのは止めたほうがいいかもしれません。

子どもの機嫌を取るのとはまた違います。子どもの言動を「認める」という、ただその1つの行動が、子どもが大人になるために必要な自己肯定感をよりいっそう引き立てるのではないでしょうか。

子どもと会話することなく、取り付く島もないような状態が続くこともあります。こういうときは、話は一方通行でもいいので「学校はどう?」と聞いてみたり、テストの最終日に好物を作ってあげたりするといいそうです。

会話はなくても、親に大切にされていると感じられるだけで、それを栄養に子どもの心はぐんぐん育っていきます。

■シンママの体験談! シングルマザーVS反抗期の息子!

「3姉妹を育てながらシングルマザーしていた私は、再婚しステップファミリーとなりました。相手の男性の子は男の子。それまで男の子の子育てをしたことがなかった私は、いきなり11歳の男の子の育児をすることになったのです。

理解できない行動が多く、当時かなり悩みました。元旦那じゃ相談相手にならず、市の子育て支援の相談員さんにカウンセリングを受けていたのですが、彼が15歳になった今でもそのアドバイスが役に立っています。

その内容をもとに反抗期の男の子との上手な付き合い方についてシェアします」

◎発言に「イラッ!!」でも何も言わないで見守った反抗期

「反抗期はとにかく何にでも反抗したくなります。親に、教師に、部活の先生に、塾の先生。世の中のルールや今しなくちゃいけないことを指導してくる相手すべてに対し「フンッ!!」とそっぽを向きたくなります。

これは自我の芽生えであり、精神の正常な成長です。赤ちゃんから幼児に。幼児から児童へと年々成長するのと同じ要領で起こる心の成長ですから、「反抗期が来た!」と内心喜ぶことなんです。

でも表面上はなかなかうまくいかない!  反抗期は突然やってきて、家に良くない空気を招きます。

子どもの「いってきます・ただいま」や「いただきます・ごちそうざま」の声を聞けなくなることだってあって、うちでは最初「ごちそうさまは!?」「体操服出したの!?」と怒鳴りながら部屋の前まで追いかけて行っていました。

そんな頑張りもむなしく彼は無言でドアを勢いよく閉めて自室に。怒りの矛先をどうしていいか分からずストレスが溜まりまくっていました。こんなときはどうしたらいいのかというと、

「成長過程だから仕方ないこと」と受け流し、相手が嫌がることはしないでいることがいいそうです。イライラッ!ときても表面に出さず、相手の意思を尊重すれば良いそう。

反抗期は大人の階段を1歩1歩登って行っている時期。だから子ども扱いせず、1人の人間として子どもを観察してあげると関係が良くなりますよ」

◎じつは反抗期を迎えている本人も困惑している

「反抗期は突然やってくる。実はあまりに急なので子どものメンタルもびっくりしている状態なんだそうです。

例えばママに「宿題やったの?」と言われたら「今からやる~」と昨日まで言えたのに今日からいきなり「うるさいな!」と言いたくなって…。そんな自分が自分でも分からないんですって。なんだか可愛く思えませんか?笑

そしてそこに「もう1回言ってごらん!」とママが言ったら? 彼らは引っ込みがつかなくなり物理的距離を取らざるを得なくなります。要するに部屋に引きこもってしまうという訳です。

では「うるさいな!」と言われたらどうしたらいいか? 私は「ごめんね」とも言えなかったので「…」と黙って悲しそうにしていました。

何か言ってしまうと自分の感情が爆発しそうでもありました。だから黙ったんです。これも相談員さんからのアドバイスでしたが、それをベーシックにするまでに、私自身かなりの精神的レベルアップが必要でした」

■男の子はママを守らなくちゃと本気で思っている

これはひとり親家庭だからということではなくて、思春期・反抗期真っ最中の男の子全員に言えることだそうです。表面には出しませんが心の中では「いざとなったら自分がママを守る」「ママの役に立ちたい」と思っています。

ママは「反抗期が来たな」と思ったら彼らを頼りましょう。重いものを持ってもらう、留守番中の荷物の受け取りをお願いするなどしてみたら案外「いいよ」と言ってくれることがあります。

この「お願い」というところが大事。なぜなら彼らは「命令」には反抗しなくてはならなくなるから。「○○してほしいんだけど今忙しい?」「○○してほしいな♪」といった感じが理想的なようです。

☆まとめ☆

反抗期では会話が全くなくなってしまい、ママもどうしていいか分からなくなります。そのまま会話がなくなって「あの子何考えてるのかわからない」とママが諦めたら危険信号!

手は放しても心は放さず。帰ってきたら「おかえり」「今日はどうだった?」の声掛けを忘れないであげてください。彼らから何か話したいことがあったときのとっかかりは、常に用意しておいてあげましょう。

反抗期は大体高校入学くらいまで続きますが、一生続くものではありません。子どもの成長だと喜びつつ、気長に見守りましょう。

(文/namiki、ゆー 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!