• HOME
  • 出産・子育て
  • 【体験談】シングルマザー息子のおちんちんのケアは大丈夫?むきむき体操とは?

【体験談】シングルマザー息子のおちんちんのケアは大丈夫?むきむき体操とは?

私はシングルマザーであり、子供は息子一人だけです。シングルマザーで子供が息子一人だけの場合、子供が小さい頃は良いですが、大きくなってから性教育をどうしようか迷いますよね。

タグ: ,

 

私はシングルマザーであり、子供は息子一人だけです。シングルマザーで子供が息子一人だけの場合、子供が小さい頃は良いですが、大きくなってから性教育をどうしようか迷いますよね。

 

男の子にとってはおちんちんのケアも大事な性教育の一つです。男の子のママなら一度は「おちんちんのケア」について疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。おちんちんのケアでよく言われる「むきむき体操」は、小さい頃からできることです。

 

私の息子は生後1ヶ月の頃からむきむき体操をしてキレイに洗えるようになりました。大きくなってからでは、ママに相談するのは躊躇ってしまうでしょう。そのため、子供の記憶があまりないうちからむきむき体操をしておくと、大きくなってからの身体の悩みが一つ減ります。

 

しかし、ママにとっては初めての経験なので、ちょっとためらってしまいますよね。それではおちんちんのケア「むきむき体操」を私の経験をもとにご紹介します。

 

■おちんちんのケア「むきむき体操」とは?

 

むきむき体操とは、男の子のおちんちんの皮をむいて清潔に保ってあげるための体操です。毎日少しずつ皮をむく練習をすることでキレイにむけるようになるはずです。赤ちゃんの頃からむきむき体操をすることで、皮が剥けやすくなり、将来包茎になるリスクが減らせます。

 

医師や看護師によっては、「無理にする必要はない」と言われることもありますが、汚れが溜まると炎症の原因になってしまうこともあるのです。炎症になれば病院に通い、薬を塗って…と大変ですよね。

 

また、大人になっても皮がむけないままだと、手術をしなければいけません。ただし、一般的には成長とともに自然と剥けるようになり、思春期までに自分で皮を剥くことがほとんどのようです。

 

■むきむき体操はいつから始めればいいの?

 

始めるなら生後半年以内の赤ちゃんの方が痛みにも鈍感で、子供への負担が少ないでしょう。中には産院や検診の時に、むきむき体操の指導をされるところもあるようです。

 

その他にも、炎症が起きたときに病院でむきむき体操を指導されたところもあるようで、正確な時期は決まっていないようです。ただ、我が家の2歳半の息子のおちんちんを洗うために皮を剥こうとすると嫌がられるので、できるだけ早い方が良いかもしれません。

 

■むきむき体操のやり方は?

 

ママの手で赤ちゃんのおちんちんの付け根あたりを持ち、包皮をした方向へゆっくりと下げます。そのとき無理に下げようとせず、「ここまでかな?」と感じるところで止めてください。

 

これを少し繰り返しすれば、むきむき体操はできています。また、少し皮がむけて、汚れがたまっているようであればきれいに洗ってあげましょう。息子は生後1ヶ月を過ぎた頃からむきむき体操を始めましたが、思った以上に汚れが溜まっていました。

 

■むきむき体操はいつどこでするの?

 

タイミングはおむつ替えやお風呂のタイミングですると、同時に洗えるのでキレイになり清潔を保てます。1日1回で大丈夫なので少しずつすることでキレイにむけるようになるでしょう。

 

ネット上で1日10〜20回はやり続けるといった情報もありますが、子供の負担にならない程度で大丈夫です。すぐに剥けないからと、焦る必要もないですよ。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーで子供が息子一人だと特に親子で話題にしづらいおちんちんの問題は、あまり記憶にないうちに済ませておきたいですよね。基本的に無理にむきむき体操をする必要はありません。

 

あまり無理にしてしまうと、かえって出血や炎症のもとになってしまいます。そうはいっても、赤ちゃんでもおちんちんの清潔を保つことは大切なので、負担のかからない程度に少しずつ皮を剥いてあげると良いでしょう。

 

(文/あやん 画像/123RF)

タグ: ,