• HOME
  • 出産・子育て
  • 子供の学力は母親の学歴で決まる!?子育て術ご紹介します。

子供の学力は母親の学歴で決まる!?子育て術ご紹介します。

大変で忙しいシングルマザーの子育て術や最近取取り上げられている気になるニュースについてお話したいと思います。

タグ:

 

シングルマザーとして、子供を一人で育てていくという事は並大抵のことではありませんよね。母親としての役目はもちろんの事一家の大黒柱として働き、休む間もなくお家の事もこなし時には父親の役目も果たさなければなりません。

 

時には落ち込んでしまう事やお子さんとぶつかってしまう事もあり、本当に自分の子育てが正しいのかと悩んでしまう事もあるかと思います。そんな大変で忙しいシングルマザーの子育て術や最近取取り上げられている気になるニュースについてお話したいと思います。

 

■本当に子どもの学力は母親の学歴で決まるのか?

 

詳しくお話したいと思います。最近はパソコンや携帯で四六時中いつでもどこでも自分の知りたいニュースや情報が手に入りますよね。

 

そんな便利な時代になった中気になる記事を発見しましたので少しご紹介したいと思います。

 

先日、文化省から衝撃的なレポートが発表されたのを皆さんはもうご存知でしょうか? そのレポートには子供の学力は母親の学歴で決まると書かれていたんです。この記事を読んだ素直な感想は、『わが子に全力で土下座したい…』でしたね(笑)ではなぜこのような記事ができてしまったのか、詳しくお話します。

 

小学校6年生、中学校3年生を対象に毎年行われる【全国学力・学習状況調査】を皆さんはご存知でしょうか?対象学年100万人以上が一斉に受ける国内で最大級のテスト調査です。

 

また、あまり知られてはいませんが(私も初耳学でした)それと同時に行われる保護者対象のアンケート調査があるそうで、その調査を文化省から委託された研究者チームが保護者の年収や学歴、家庭の社会・経済的背景など指標化し4階層に分け調査したところ、親の収入や学歴が高いほど児童生徒の学力が高いという結果がでたそうです。

 

その一方で学歴や年収がそれほど高くない世帯でも日常生活で本や新聞に親しむ習慣や規則正しい生活を行っている家庭では好成績の傾向があり、規則正しい生活や物事への好奇心、勉強への意欲があれば家庭環境を克服できるという結果も出ています。

 

また、同じく文化省からでたレポートによれば、父親が単身赴任している児童はそうでない家庭に比べ学力が高いという結果がでています。

 

逆に母親が単身赴任でいない家庭は、そうでない家庭に比べ学力が低いという対照的な結果となっています。子育てや日頃の生活において母親がどれほどの影響力を示しているのかが分かる結果となっていますよね。

 

■シングルマザーとして気を付けたい事、自分の中や家庭での決まり事を決めましょう。

 

シングルマザーとして生きていく以上、仕事と家庭の両立を行わなければなりませんよね。まだお子さんが小さい場合は子供の送り迎えを考え出勤時間や退勤時間の融通が利く職場がいい、お子さんが小学生、中学生と大きいならお子さんを家から無事送り出してから出勤できる職場がいい、子供が熱を出した場合半休や午後出勤ではなく一日お休みが貰える職場がいい等、それぞれの家庭で考え方は違うと思います。

 

収入を優先し子供に将来の視野を狭めさせたくない、進学や進路を決める際お金を理由に諦めさせたくないというお母さんはお仕事を頑張りつつお子さんに寂しい思いをさせないよう努めたらいいと思いますし、少しでもお子さんとの時間を増やし一緒にいる時間を優先したいお母さんなら今しかできない思い出をたくさん作るのも素敵だと思います、

 

最終的にはお母さんが納得して働くことができ子供が無事に育つ、それ以上に大切な事はないと思います。一人でも多くのシングルマザーの皆さんが自信を持ち楽しく暮らせると素敵ですよね。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

タグ: