出産・子育て

シングルマザーでダウン症の子供を持つ場合は?

シンママStyle編集部

 

ダウン症を持つお子さんがいる家庭は夫婦円満だとか、逆に夫が家庭を顧みなくて離婚率が高いとか言われたりします。もちろん根も葉もないうわさ話ですが、その中でも実際に離婚を考えている方もいっしゃいます。

 

■シングルマザー ダウン症の子供を連れて離婚

 

そもそもダウン症持った子供が原因で離婚に至るケースは実は少なく、元々原因は早くからあったものがほとんどで、子供が生まれて余計それが際立ってしまい、離婚に舵を切った感じでしょうか。

 

しかし、子供を連れてのシンママはそれだけでも負担が大きいのに、ダウン症をかかえるお子さんがいるとどうなのでしょうか。結婚をして会社勤めをしていても、出産を契機にダウン症かかえたママは子供の療育のため専業主婦になる人がほとんどです。

 

障がいを持つ子供がいる家庭では夫婦で助け合い、それぞれが役割を持って子育てをしていますが、奥さんに任せっぱなしで家庭を顧みないでいる夫もいるようです。

それがいつしか離婚に繋がることもあるわけです。

 

ただ、ダウン症の子どもをかかえて離婚をするのを躊躇って踏み切れずにいるママもかなりいると思います。では、ダウン症の子どもを持ったママは離婚できないでストレスをかかえたまま生きて行くしかないのでしょうか。

 

■シングルマザーになっても平気

 

障がいを持つ子供と生きて行くことを楽しもうとする母親もいます。障がいがあろうとなかろうと子供は子供。手間はどちらにしてもかかるものです。要は身構える人間の気持ち一つなのです。

 

自治体ではそういったシンママを支援する制度もあります。またネットでもダウン症を持つ母親のコミュニティも数多くありますから積極的に参加してはいかがでしょうか。色々な人の意見や生き方も参考になります。

 

■自治体の支援制度

 

児童扶養手当(母子家庭)

特別児童扶養手当(障害が認定された子供を養育している保護者)

児童手当(中学生までのすべての保護者)

 

特別児童扶養手当は障がいのレベルに応じて1級と2級に分けられています。

目安ですが、療育手帳の重度で決まるようで、1級 月額約5万円、2級 月額約3万円です。支給される月は毎年4月、8月、12月で4カ月分ずつまとめて支払われます。

 

医療費は自治体によっても取り扱いが違って来ます。過半数の自治体は子供の入院費用は無料が多いようです。あとは疾患によって、また程度によって医療費が助成されるようです。

 

日本では3つの療養手帳があります。精神、身体、知的障がいで分かれるようです。自治体によっても障がいレベルの取り扱いは違うようですが、おおむねIQ35以下が重度、IQ36~50が中度、IQ51~75が軽度と分類されているようです。

 

療育手帳が重度の場合は心身障害者医療費の助成で、65歳まで医療費が無料か一部免除などがあります。また療養手帳があれば保育園や支援学校などへの入園・入学が優遇されます。各種税金やNHKの受信料割引、鉄道の割引などもあります。

 

ダウン症では20歳になると障害基礎年金が受給できます。月額約8~10万円程度です。

 

☆まとめ☆

 

ダウン症をかかえた子供がいるから離婚したくてもできないママはたくさんいます。しかし、冷めきった家庭で育てられる子供は本当に幸せでしょうか。もし、生活力がネックだと言うのなら、色々情報を集めてみて下さい。自治体も支援制度を設けていますし、同じ境遇のママ達のブログや団体もあります。

 

積極的に活用して行けば心強い助けになることもあります。特に自治体の支援制度はこちらから動かないと支援してもらえませんから、面倒でも役所の窓口に足を運んで相談してみて下さい。

 

離婚は最終的な事で、夫婦で助け合って大切な我が子を育てて行くが一番大事です。でも、最終的に離婚してシングルマザーになっても前向きに生きて行きましょう。支援制度もその為にあるのですから。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!