ライフスタイル

【体験談】子供にかかる教育費は小中高大でいくら?どうやって貯金すればいいの?

シンママStyle編集部

58749526 – books and money

 

子供にかかる教育費、悩みの種ですよね。小中高と公立に進学した場合、教育費は約200万円。さらに大学は国立で約80万円、公立で約95万円、私立では約120万円、私立理系で約150万円となります。

 

当然貯金が必要ですが、シンママにとって最も貯金ができる時期は子供が小学生の間。ですが、習い事をさせなくても本当に大丈夫なのでしょうか? また月いくらぐらいの金額ならかけることが出来るのでしょう? 小学校の諸費にかかるお金も含めてご紹介します。

 

■注目したい保育料免除や就学援助。お住まいの地区の支援状況をチェック

 

まずは就学前にかかるお金から。教育費というより養育費に近いですが、保育園に子供を通わせている場合、「母子家庭は保育料が無料になる」という噂を耳にしたことがあるはずです。これは生活保護世帯・非課税世帯に対し保育料が無料になるという制度でありシングルだから無料になるという制度ではありません。また自治体によって制度が違って来ますのでよく調べましょう。また認可保育園・無認可保育園でも違ってきます。保育料は無料でも給食費はいただきますという所もあるようです。

 

次に小学校に上がってからの教育費です。「就学援助制度」はご存知ですか?

小学校~高校まで、毎年申請して通れば受けられる制度です。学校に通ううえでかかる

・学用品費

・体育実技用具費

・新入学児童生徒学用品費等

・通学費

・通学用品費

・修学旅行費

・学校給食費

・医療費

・PTA会費

・クラブ活動費

・生徒会費

以上が補助対象となっています。ですが、すべての困窮世帯に分け隔てなく該当・減免するわけではありません。準要保護者という区分に多くの世帯が分類されるのですが、市町村によって援助項目が違うので、これもよく把握しておかないと「体操服は無償になったけど修学旅行費は全額負担だった」なんてことも地域によってはあるようです。

 

■子供が小学生の時に貯金がしやすい理由

 

小学生1人あたりにかかっている学校外での教育費、つまり習い事代は、ひとり親世帯で約1万5千円です。おおよそスポーツ系や音楽系の習い事と塾を掛け持ちしている子がほとんどで、小6までに塾に通う子供の割合は半数以上です。

 

シンママにとって1番貯金がしやすいのは子供が小学生の時期。その理由はまず給食でお昼が賄えている事。中学以降はお弁当代がかかりますもんね。次に通信費がかからない事。小学生に携帯電話は必須ではありません。さらに交際費や被服費にお金がかからない事です。でも1番貯金に有利なのは塾代がかからない事です。中学に入ると受験に向けて頑張ってもらわないといけません。とくに私立より公立を目指してもらいたいですから、成績順位が重要になってきます。

 

おのずとかかってくる塾代。私の子供は1番上が現在まさに中3で、1ヶ月の塾代は2万円です! たまに模試があると問答無用で5千円飛びます。小学校時代にもっと貯めておけばよかったと現在後悔している真っ最中です。

 

貯金の方法も様々ですがうちは会社の財形貯蓄を利用しています。要は給料から強制的に差っ引かれるやりかたです。あとは学資保険を活用するなどして「動かすことのできないお金」を増やしていっています。

 

■子供が「習い事がしたい!」と言ったらどう返せばいい?

 

うちの子(小6と小3)もよく「友達とスイミングに行きたい!」とか「〇〇ちゃんと同じ塾に行きたい!」と私に訴えてきます。うちはとにかく食道楽なので「スイミングはまた今度にして? そのかわりいつもお手伝いがんばっているからチョコチップクッキー買ってあげる!」など、これでいいのか分かりませんが目先の欲につらせてケムに巻いています。

 

月曜など、みんな習い事があって公園に居なかったから寂しい思いをしているような日があれば、就寝前にちょっと一緒にトランプやゲームで遊ぶ時間を作ってあげるなどして、ちょくちょく気にはかけています。習い事は今までもさせたことはありません。

 

ママも「この子このまま学童ばかりで習い事させなくて大丈夫かな?」と思う事があると思います。でも優先順位は貯金がダントツで1位! ママがどうしてもさせたい!と考えているなら、どうか資金面で継続できるか否かきちんと逆算してから通わせてくださいね。

 

 

☆まとめ☆

 

子供の教育費について、悩んでも仕方ないと分かっていても「計画どおりに行くだろうか」「公立受からなかったらどうしよう」なんて先を案じてしまいます。今まさに中3の子の受験を控えている私がその状況なのですが・・・こうなって初めて気づました。親にできる事って一緒に悩むことぐらいなんですよね。中3ともなれば自分の勉強法があるし、下手に親が口出しするとやる気をそいでしまいます。

 

私がやっているのは子供が学校の事や友人関係でのことを話しやすい雰囲気づくりをしておく事、そして貯金をしておく事。たったこれだけです。でもまあ子供はイキイキしているし食欲も旺盛で笑顔もあるからこれでいいのかなと思っています。先がどうなるのかハラハラしますが、子供の持っている物を信じて寄り添い、必要な手助けをすることが大切な事なのではないのかなと思います。

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!