シングルマザーにとって強い味方!学資保険のあれこれ

シングルマザーは貯金が大変。毎月あれこれお金がかかって、とても貯金どころではないですよね。しかし、子どもが大きくなれば、当然学費はかかってきます。そこでお勧めなのが、学資保険!今回は、学資保険のあれこれをご紹介しましょう。

タグ: , ,

19298950 – happy graduate holding book against blue sky background file contains gradients,gradient mesh, blending tool and transparency

 

■学資保険は本当にメリットがあるのか

 

母子家庭の場合は学資保険に入るべきですよ。今、子ども一人を幼稚から公立高校、国立大学まで進学させた場合はおよそ1,000万円かかるといわれています。もちろん、進学塾に通ったり、私立中学・高校、私立大学に通ったりする場合、さらに大学も学部によっては莫大な教育費がかかります。

 

それを賄うのが学資保険です。子どもの教育費を確保する目的で、親や祖父母がかけます。

 

■学資保険のメリット

 

◇貯蓄性が高い商品のため貯金が苦手な人も手軽に始められる

◇子どもの怪我や病気の保障もつけられる

◇子どもの成長に合わせて給付金が受け取れる

◇税金控除の対象になる

◇契約者が死亡しても給付金は受け取れる

 

学資保険の最大のメリットは契約者に何かあった場合に、その後掛け金が支払われなくても、満額の保険金が受け取れることです。学資保険の主な目的は貯蓄と、保護者に万が一のことがあっても教育資金だけは準備が出来ることです。

 

■学資保険のデメリット

 

◇途中解約すると元本割れになる

◇保障のつけすぎで元本割れになるリスクがある

◇月々の保険料が高い

 

途中解約が基本できないため、貯金が苦手な人も貯蓄ができるのですが、万が一途中解約をしてしまうと元本割れしてしまうリスクがあります。

 

■学資保険の選び方

 

学資保険も保険ですから貯蓄型と保障型があります。しかし学資保険に保障を付けると元本割れする危険があります。保障が厚いと満期時の受取額が少なくなる傾向もあります。

 

母子家庭の場合、自治体で「義務教育就学児医療費助成制度」や「乳幼児医療助成制度」もありますので、こちらを利用すれば医療費も実費がかかりませんから、学資保険にわざわざ保障を付ける必要はありません。

 

■返戻率に高いものを

 

学資保険には、返戻率というものがあります。例えば100万円の保険料を払いこむと、104万円が満期で戻って来るというものです。できるだけ返戻率が高いものを選ぶ方がお得だということなんです。

 

学資保険の保険料の支払い方法は、10歳・15歳・17歳・18歳払済コース、月払い、年払い、一括払いなどがあります。ただ注意したい点は、返戻率が一番高いのは子どもが10歳までに保険料を支払い済みの場合なんです。

 

でもそうなると、月々の保険料は高くなりますよね。余裕がある方にお勧めのプランと言えます。

 

■保険料は早めにかけ始めよう

 

学資保険も子どもが小さいうちからかけ始める方が保険料も安くてすみます。一般には1歳の誕生日を迎える前から始める方が多いです。

 

注意点としては、離婚前ならかけ始めていて契約者が夫だった場合、離婚後契約者変更をして切れ目なく保険料を払わなければなりません。また、契約者変更をしていない場合、保険金の受取人が夫になることもあり得ますから注意して下さい。

 

■保険金の受け取りタイミング

 

保険金は一般に高校入学時や大学入学時に給付金を受け取れるように設定する方が多いです。入学の時に合わせて受け取れれば助かるのですが、給付金は満期時にまとめて受け取る方が、給付額がアップする仕組みになっています。

 

つまり、大学まで通うのであれば大学入学時に設定する方が断然有利だということになります。

 

☆まとめ☆

 

母子家庭では貯金がなかなか大変です。しかし、子どもの教育費だけはなんとか確保しておきたいですよね。そこで子どもが生まれたら、早いうちに学資保険に入りましょう。掛け金も少なくてすみますから、家計への影響も限定的です。貯蓄性が高く、解約にも縛りがあるので貯金が苦手なシングルマザーにはもってこいの商品です。

 

学資保険は大学入学時までの貯金と割り切って考え、その他の貯金もやって行きましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

タグ: , ,