• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーの悩み解決!子どもの感性症にどう対応する?要チェック!

出産・子育て

シングルマザーの悩み解決!子どもの感性症にどう対応する?要チェック!

シンママStyle編集部

 

シングルマザーの人は働いて生計を立てていますよね。そこで問題となるのが、子どもが感染症になったときです。仕事は休まなければならず、収入が減り、また急な欠勤で職場に嫌な顔をされる…。このような経験をしているシングルマザーの方も多いと思います。

 

 

では実際に皆さんはどのように乗り切っているのでしょうか。シンママたちの体験談を記載していきます。少しでも同じ悩みを抱えている方がこの記事を読んで少しでも楽になれれば幸いです。

 

 

■シングルマザーの人が悩む最大の敵!インフルエンザはこうして防ごう!

 

 

冬の時期になると流行するインフルエンザ! 保育園や学校でも集団感染して貰ってくることもしばしばありますよね。そこで問題となるのが、誰が子どもの面倒を見るのか!と言うことではないでしょうか。

 

 

シングルマザーの方はお仕事をされています。面倒を見るのは自分しかいない。そうなると、長期で仕事を休まなければなりません。仕事を休めば収入は減る、会社に嫌な顔をされるなど苦労した方も多いでしょう。

 

 

皆さんはこんなとき、どのように乗り切っていますか? もちろんその部分を理解してくれる会社であれば、長期間休んでもなんら問題にならないと思います。しかしながら、そんな会社は多くはありませんよね。

 

 

まずはインフルエンザにかからない様に予防することが大切です。インフルエンザは飛沫感染でかかりますので、日頃から手洗い、うがいを徹底させる事が最も重要となります。また、栄養が偏ったり、睡眠不足であったりすると免疫力が低下して、インフルエンザにかかりやすくなるといわれています。十分な睡眠と栄養たっぷりの食事、手洗い、うがいを実践して予防していきましょう。

 

 

また、予防接種も効果的ではありますが、絶対にインフルエンザにかからないというものではありません。かかった際に症状が軽く済むと、思っていただければ良いでしょう!

 

 

■インフルエンザにかかったら仕事はいつまで休まなければならないのか?

 

 

子どもがインフルエンザにかかった場合には1週間程度は保育園や学校は休まなければなりません。子どもの面倒を自分しか見る人がいない人にとっては、1週間仕事を休むというのは辛いものがありますよね。

 

 

ご両親に頼むのが1番安心ではありますが、両親に頼むことができない方もいると思います。そんなとき、役に立つのが病児保育です。病気のときでも預かってくれるため、シングルマザーにとっては強い味方となります。

 

 

長期間休むと給与が減ってしまう、なかなか休むことのできない大事な仕事が入っているという方は病児保育を使ってみてください。もちろん使用するには事前に登録が必要であったりしますので、事前に情報を集めて、いざというときにすぐに使用できるように準備しておくと良いですよ!

 

 

■感染症は他にも沢山ある!基礎知識を身につけよう!

 

 

感染症はインフルエンザの他にも沢山ありますよね。子供がかかりやすのは、溶連菌、ノロウィルス、ロタウィルス、水疱瘡、おたふく。リンゴ病など…。気をつけていてもかかってしまうものもありますよね。こればかりは仕方ないことでもあります。

 

 

子供の成長する過程で誰もが通る道でもあります。感染症の基礎知識があればある程度予防は出来るので、基礎知識を解説していきますね。感染経路で多いものは下記の通りです。

 

◆飛沫感染

 

くしゃみや咳を介して病原体が鼻や口の粘膜に付着して、感染します。これを防ぐにはマスクが効果的となっています。

 

◆接触感染

 

病原体の付着したものに触れることによって感染します。これを防ぐには手洗い、うがいが最も効果的です。

 

◆空気感染

 

空気中に漂っている病原体を吸い込むことによって感染します。

 

 

上記が主な感染ルートになります。もちろん予防としてマスクをつける方も多々おりますが、実際に罹患している人がマスクを着用することはマナーでもあります。また、お子さんはマスクを嫌がる傾向もあります。お子さんが喜ぶような可愛らしいマスクを作ってあげるなどして、工夫すると良いですよ!

 

 

■シングルマザーは子どもが感染症になると苦労する!基礎知識を身につけて日頃の予防に努めよう!

 

 

シングルマザーはお子さんが病気になることによって困ることが多々あります。特に感染症になってしまうと長期にわたり休まなければなりませんので、自ずと母親も仕事を休まなければならなくまります。

 

 

預ける人が身近にいれば協力してもらえますが、なかなかそれも難しい方もいますよね。日々の生活の中で予防策を実施する、病児保育を利用するなど日頃からかかってしまった際にどうするか、情報を集めることで焦らずに落ち着いて行動できると思います。

 

 

シングルマザーであれば誰もが経験することです。一人で悩まず、周りに相談して対応していきましょう!

 

 

(文/yuunamama 画像/123RF)

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!