新小1ママ必見!子供としたい6つの約束事

小学1年生のお子さんを持つ皆さま、ご入学おめでとうございます!小学生になると、一気に行動範囲が広がったり、お友達が増えたりと、今まで知らなかった世界に触れる機会が激増します。4月中に、お子さんの健やかな成長のために決めておきたいルールを確認しておきましょう!

タグ: , , , ,

▼まずは交通ルールを確認!

小学生になると、子どもたちだけで登下校したり遊びに出かけたりするようになります。子どもの交通死亡事故のうち、小学生になったばかりの7歳児童の被害が例年特に多いそうです。学校でも交通ルールを習う機会はありますが、ご家庭でしっかりと話すことも大切です!

  1. 道路に飛び出さない
  2. 道路で遊ばない
  3. 信号を守る

といった基本的なルールと、ルールを守らないとどうなってしまうのかをきちんと教えましょう。言葉で教えるだけでなく、交通ルールを紙に書いておうちに貼っておくのも、視覚的にわかりやすく伝えられるので良いですね。警視庁のサイトから、交通事故防止のポイントがまとめられた画像をダウンロードすることもできます。

参考:警視庁 子どもの交通事故防止

▼防犯ブザーの使い方はOK?

小学校で配布されることもある防犯ブザー。ヒモを引くと大きな音が鳴り、周りに危険を知らせることができるアイテムです。

ヒモを引くだけで音が鳴るため、お友だちとふざけて使ったり、物に引っかかって鳴ったりしないように少し手の届きにくいところに付けたくなるかもしれませんが、本当に使いたいときのことを考えて、いつでも手が届く位置に付けましょう。

ブザーの仕組みは分かっていても、いざという時に使えなければ意味がありません。そこで、親子でシミュレーションしてみるのもオススメです。不審者役になって子どもに声かけをして、どんなタイミングで防犯ブザーを使うべきか一緒に考えてあげましょう。

▼お友だちと遊ぶときには?

保育園の頃とは違って、小学生になると子どもたち同士で遊びの約束をすることが増えます。もちろん放課後は楽しく遊んで過ごしてほしいものですが、何かあったときに子どもの現在地がわからない!なんてことにならないよう「いつ・どこで・誰と」遊ぶのかをしっかり伝えてもらいましょう。

お仕事の都合で、学校から帰ってきた子どもと会えないというお母さんも多いですよね。前もって遊びの予定が分かっているときは事前に伝えてもらうほか、当日決まった約束については書き置きなどで伝えてもらうようにしましょう。

また、門限についても親子でよく話し合っておきましょう。暗くなるまで遊んでいると危ないだけではなく、時間を決めておかないとずるずる遊んでしまう癖がつき、高学年になるにつれて門限を守らなくなってしまう恐れがあります。

▼外から帰ってきたら最初にすること!

学校から帰ってきたり、お友だちと遊んで帰ってきたりしたら、まずは手洗い・うがいをしましょう!手洗いには、よごれた手をキレイにするだけでなく、健康を守るという効果もあります。

小学生はまだ免疫力が低く、集団生活をしているとカゼやインフルエンザに感染しやすいです。熱などの症状で苦しむお子さんを見るのはつらいことですし、お子さんが病気になると仕事や家事で忙しいお母さんも感染のリスクが高まってしまいます。

そこで、手洗い・うがいの習慣をつけることで、菌を体内に入れないように注意しましょう。正しい方法を身につけるために、下記のようなサイトに載っているポスターを印刷して洗面所に貼っても良いですね。

参考:厚生労働省 手洗いポスター

▼ゲームは1日何時間?

小学生になると、ゲームに熱中するようになるお子さんが増えます。創造性や判断力を培ったり、お友だちとのコミュニケーションツールになったりと、ゲームにはメリットもあります。しかし、好きなだけゲームで遊んでしまうと、勉強時間が減ったり、時間の使い方が下手になったりしてしまう恐れも。

1日◯時間まで!と、プレイ時間を制限するのは分かりやすくて良いですが、なかなか時間ピッタリに終えるのは難しいもの。決められた時間を1分過ぎたからといってゲームの電源を抜いたり、没収したりするのは、親子どちらにもストレスがかかりますよね。

そこで、1日あたりのプレイ時間を決めて上手くいかなかったら、「週に◯時間」という形で時間を決めてみましょう。そうすれば、子どもは自分で1日のプレイ時間を決めなければならず、時間の使い方が自然と身につきます。

▼インターネットの使い方には要注意!

小さい頃から、パソコンやスマートフォンと付き合ってきた現代の小学生。便利な技術はどんどん活用してほしいですし、早くからインターネットの使い方に慣れておくことも大切です。しかし、インターネットには多くの危険が潜んでいます。

お子さんが日常的にインターネットに触れている場合は、まずは使い方のルールやマナーをしっかり話し合って共有しておきましょう。

  1. 個人情報を教えない
  2. 勝手に有料サービスを使わない(課金など)
  3. 人を傷つけるような発言をしない

といった基本的なルールと守らなかったらどうなってしまうのかを教えましょう。

また、有害なサイトをブロックする「フィルタリング」を活用して、見えないところでお子さんがトラブルに巻き込まれないよう工夫しましょう。インターネットトラブルについてよく分かる動画やサイトも、合わせて活用したいコンテンツです。

参考:インターネットトラブルを防ごう!「ネット世界の歩き方」

参考:神奈川県警察 「インターネットを使うときのやくそく」

▼まとめ

いかがでしたか?お子さんが入学したばかりの4月は何かと忙しく、なかなかお子さんとゆっくり話す時間がとれないかもしれません。しかし、お子さんの行動範囲がどんどん広がる前に、こうしたルールをしっかり教えないと、様々な危険に巻き込まれてしまうかもしれません。ぜひ、ポスターや動画なども活用しながら、基本的なルールについて一通り確認しておきましょう!

関連記事:

小中高の入学時期にシンママが知っておくべきことって?!

ママ友に「どこで買ったの?」って聞かれる!デコパージュで新学期の持ち物をデコ♩

子沢山シンママ必見!子供3人の手当合計は月いくら?!

タグ: , , , ,