• HOME
  • 出産・子育て
  • 子どもの学級閉鎖! 働くシングルマザーはどうする!?

出産・子育て

子どもの学級閉鎖! 働くシングルマザーはどうする!?

シングルマザーにとって一番恐れていることのひとつに、子どもが通っている学校や保育園が学級閉鎖になってしまったときにどうしよう……という問題がありますよね。2日くらいならまだなんとかなるかもしれませんが、状況によっては学級閉鎖が長引いたり、解除されて間もなくまた……ということもありますよね。

また、昨今では新型コロナウイルスの影響で休園・休校になることも懸念されると思います。今回は、この学級閉鎖とシングルマザーについてご紹介しましょう。

■急な学級閉鎖のときにすることは?

急な学級閉鎖や休校……本当にいきなりだと困りますよね。もちろん、計画的な学級閉鎖は存在しませんが。学校や保育園が決めたこと(コロナウイルスによる休校は政府が決めたことだし)、感染するから学級閉鎖なんだし、こればかりは仕方がありませんね。

我が子も感染している可能性があったり、休みに入ってから症状が出る子もいます。そうなると、シンママ自身も感染しないように注意しなくてはいけませんよね。

筆者である私は、長男がインフルエンザにかかり順番に下2人の子どもたちに感染し、最後には自分が感染してしまったので、家族4人で寝込むという最悪な経験をしました。

◎まず会社に相談しよう

学級閉鎖になったらまずすることは、会社の上司に伝えて仕事をどうするか相談しましょう。会社によっては、お休みは難しいかもしれませんよね。学級閉鎖も短い日数もあれば長期になることもあります。

やむを得ず休めない場合は、保育園以外に子どもを預かってくれる場所を利用しましょう。

◎子どもの預け先にはどんなところがあるの?

いざというとき、子どもの預け先をどうするか、前もって決めておくことが働くシングルマザーにとっては大事な事ですね。実家や兄弟などの身内に預けられない場合には、サポートしてくれる場所をリサーチして確保しておくしかありません。

◎自治体の「ファミサポ」

ファミリーサポートセンターという制度がどこの自治体でもあります。役所の子育て支援課や福祉課などの窓口に申し込み用紙があります。この制度は事前に予約しておくことが必要です。

いつ何が起こるか分からないのが子育てです。子どもだけに限らずママがインフルエンザでダウンなんてこともあり得ますよね。そんなときには心強い制度ですね。以下に「ファミサポ」についてのサイトをご紹介します。

「忙しいシングルマザー必見!ファミリーサポートセンターを活用しよう!」

◎実家に預ける

何より、気兼ねなく安心して預けられるのがママの実家でしょう。自分の家と実家が近い場合に限りますが、ピンチのときには助けてもらいましょう。ただし、自分の子どもが感染していないかも様子を見て預けるのがいいでしょう。預けたら、おじいちゃんとおばあちゃんに感染した、なんてことになってしまってはその後のほうが大変ですよね。

★預けられない場合もある!

発症していない子どもでもインフルエンザに感染しているかもしれないので、感染が広がることを抑えるために預かりを断られるところもあります。どうしても預け先がない場合は、もうどうしようもありませんよね。

会社に相談したうえで短時間勤務にしてもらったり、短い日数であれば仕事を休むことも考えましょう。

子どもがインフルエンザにかかっている可能性もありますので、周りが感染しているから学級閉鎖になったとしても、自分の子どもの様子を見ることも大切な事です。

■子どもに学級閉鎖はつきもの「割り切る!」

保育園や小学校ではとくに小さいお子さんがコロナやインフルエンザにかかりやすく、学級閉鎖にもなりやすいでしょう。どんなに仕事が忙しくても、子どもを見なければならないときもありますよね。こういうとき、いろいろと方法はあるかもしれません。

パソコンで仕事ができるのであれば、テレワークや自宅に仕事を持ち帰って子どもが寝た後に仕事をしてメールで送信するなり、チャットワークでのやり取りなどで完結できることもあるでしょう。できることを探してやっていけばいいのではないでしょうか。

(文/tomo’s* 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!