• HOME
  • 出産・子育て
  • 【見逃していませんか?我が子のSOSサイン】 子供の五月病チェック

【見逃していませんか?我が子のSOSサイン】 子供の五月病チェック

五月病と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?「五月病になるのは社会人や大学生ばかりでしょ?」「五月病と言っても、正式な病気じゃないから大丈夫」「うちの子は元気だから関係ない!」などと思っている方は要注意!!子どものメンタルを守るために、正しい五月病の知識を身につけていきましょう。

▼子供でもなる!五月病

worried-girl-413690__340

◎そもそも五月病って?

新年度になって環境が今までと変わる4月。新しい環境に対して、期待・やる気に満ちあふれている時期でしょう。しかし、そんな新しい環境にうまくなじむことができず、うつ病や適応障害と同じような症状が5月頃から現れるという人が出てきます。そのため五月病という名称が定着しているのです。

◎五月病は本人の性格によるもの?

五月病というものは、病院へ行けば「うつ病」または「適応障害」と診断されます。

適応障害というのは、つらい状況や出来事が発生することで、憂鬱になったり不安になったりという症状が出たり、無断欠席や危険運転、暴力行為といった行動に出たりすることもあります。厚生労働省のHP「みんなのメンタルヘルス」のなかにある、適応障害についてのページも合わせて見てみましょう。

こころの病気は、目に見える外傷があるわけではない上に症状の個人差が非常に激しいため、なかなか理解してもらえないことが多いもの。もちろん程度の差はありますが、インフルエンザや骨折と同じように誰もがこころの病気になる可能性を持っていて、適切な治療や薬がないと治らない場合もあるのです。

強い子になってほしいという思いが先行すると「考えすぎる性格が良くないよ、もっと気楽にいこう!」「みんなつらいんだよ」といった声かけをしたくなるかもしれませんが、それは取り返しのつかないところまで子どもを追い詰める凶器にもなり得ます。

◎大人も子どもも同じ!

環境の変化にうまく適応できず五月病になるというのは、子どもも大人も同じことです。
子どもはこころの病気になりにくい、と思い込むのはやめましょう。

 

▼うちの子は大丈夫?セルフチェック!

desperate-2048905__340

「五月病≒適応障害」であるということが分かったところで、どんな症状が適応障害の特徴なのかを知ることで子どもの病気に気づきやすくなりますね。

◎症状から子どもの状態をチェック

まずは、適応障害の症状を広く理解することからはじめてみましょう。

疾病及び関連保健問題の国際統計分類、通称ICDと呼ばれるガイドラインを参考にすると、

《精神面》

・抑うつ気分(憂うつ、気分が落ち込む、むなしさを感じる、突然涙が出る、何をしても楽しくない)

・強い不安に襲われる

・怒りっぽくなる、イライラする

・焦ったり緊張したりする

といった症状が挙げられるようです。

《行動面》

・暴飲暴食(アルコールも含む)

・無断欠席・欠勤、行くのが億劫になる

・危険運転(信号無視、速度超過)

・なかなか起きられない

・けんか、暴力、暴言

・発汗

・めまい

・赤ちゃん返り(子どもの場合)

といったものが挙げられます。上記の項目が複数当てはまっていたら要注意!

もちろん、チェックリストだけを使って子どもの状態を判断しようとすると、出ている症状に偏りがあった場合うまく判断できないことがあるので、あくまでも参考程度に目を通すようにしましょう。

▼五月病を解消するには

heart-48522__340

適応障害の治療としては、ストレスの原因がなくなるように環境を調整したり、環境への適応方法を改善したり、薬で症状をやわらげたりする方法が主にとられています。

病院へ行かずにできる対処法としては、ストレスの原因を取り除くことが有効です。
もちろん、学校のクラスや担任の先生といったように、簡単に除去できないストレスの原因も多くあるでしょう。
気分転換になる新たな環境づくりや、また過去の友人と遊ぶといった行動も五月病の対処法として挙げられます。
気分転換におすすめなのはこちら!

2017年は9連休!?GWお出かけ穴場スポット7選!

「ここなら通える!」進化した1000円カット店の選び方3ヶ条

ママ友に「どこで買ったの?」って聞かれる!デコパージュで新学期の持ち物をデコ♪

注意したいのは、迷ったら自分だけで判断せずに専門家に相談すること!
病院はもちろんのこと、スクールカウンセラーや保健室の先生といったプロの力を借りましょう。

▼最後に

mental-health-2019924__340

「こころの病気は甘え」という考えがどうしても根底にあった方も、こころの病気は症状が色々あり誰でもかかる可能性があるということがお分かりいただけたかと思います。新年度に備えて、子どもだけでなく親も「こころの準備」ができると良いですね。
環境の変化は誰にとってもストレスの要因となってしまうもの。少しでも新学期への不安を軽減してあげるための工夫として、学校でいつも使う持ち物を可愛くアレンジしてみるというのはいかがでしょうか?可愛い持ち物があれば、新しいお友達との会話のキッカケにもなりそうですよね♩

お家で簡単に出来るデコのアイディアについて下記の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事:2017年は9連休!?GWお出かけ穴場スポット7選!

関連記事:「ここなら通える!」進化した1000円カット店の選び方3ヶ条

関連記事:ママ友に「どこで買ったの?」って聞かれる!デコパージュで新学期の持ち物をデコ♪