赤ちゃんの寒さ対策!冬服選びのコツを紹介

季節の変化に対応して私達がしなくてはならないものの一つに衣替えがあります。暑い日々が続く夏から秋、冬へと季節が変わっていくのに合わせて、私達は衣替えをしますが赤ちゃんの洋服の衣替えに関しては意外と悩みを抱えるものです。体温調節が難しい赤ちゃんの寒さ対策の為の冬服選びの方法を紹介します。

212

季節の変化に対応して私達がしなくてはならないものの一つに衣替えがあります。暑い日々が続く夏から秋、冬へと季節が変わっていくのに合わせて、去年買った長袖のセーターをタンスの奥から引っ張り出したり、あるいは流行に合わせて新しい冬服を買ったりなど私達は衣替えをしますが、赤ちゃんの洋服の衣替えに関しては意外と悩みを抱えるものです。体温調節が難しい赤ちゃんの寒さ対策の為の冬服選びの方法を紹介します。

(1)赤ちゃんの服の種類

104

一口に赤ちゃん用の服と言っても、その種類は豊富で服の名前も大人用のものとは異なるので、初めて赤ちゃんの洋服を買う場合は戸惑うでしょう。ここでは赤ちゃん用の服を肌着とウェアの二つに分けて紹介します。

  • 肌着

  肌着は、赤ちゃんの素肌に直接触れる重要なアイテムであり、大人でいうと下着にあたります。どのシーズンの出産に対しても対応できる定番の短肌着は、股下が空いているためオムツ替えがしやすいのが大きな特徴です。お腹を覆う程の丈なので赤ちゃんが足をバタバタ動かしてもはだけにくいです。一方で股が分かれていて、裾の内側はスナップ留めができズボンのようになるコンビ肌着は、生後すぐから赤ちゃんが一才になる位までの長い間使うことができます。

  • ウェア

  ウェアにも、肌着と同様にいくつかの種類があります。股下にスナップが付いており、留め方を変えることによってスカート型とズボン型の二通りの使い方ができるのがツーウェイオールです。新生児の時はオムツ替えが頻繁なため、スカート型で使い、赤ちゃんが足を動かすようになったらズボン型で使うのが良いでしょう。トップスとボトムスが繋がっているのが特徴なのが、ロンパースです。上半身から足までしっかりと包み込んでくれるため赤ちゃんが動き回ってもお腹がでません。

(2)冬服を着せる上での注意点

302

赤ちゃんは大人と違って、自分で服を脱いで体温調節ができないため、赤ちゃんの冬服を選ぶ際には様々な事に注意しなければなりません。多くの人がやってしまいがちなミスとしてあげられるのは、赤ちゃんに寒さ対策として過剰に厚着をさせてしまうことです。冬はとても寒い季節なので、赤ちゃんが寒い思いをしないように何枚も何枚も服を着せてしまう気持ちはとても分かります。しかしながら、赤ちゃんは非常に暑がりなため、たくさん服を着させてしまうと、汗をたくさんかいてかえって冷えてしまうということがおこりがちです。とくに月齢が低い赤ちゃんほど、まだ体温調節がうまくないので服をたくさん着させてしまうと、その分体温が上がってしまいます。

(3)外出時の服の選び方

544

  赤ちゃんの冬服の種類や、注意点が分かったところでここからは実際に赤ちゃんの寒さ対策のための服の選び方を、赤ちゃんの月齢別に紹介していきます。

  • 0から3ヶ月

  この時期の赤ちゃんは、オムツ替えを頻繁にするためオムツを替えやすい股下が空いているタイプの服を着せるようにしましょう。冬には短肌着とコンビ肌着、ツーウェイオールをスカート型にして組み合わせるのがおすすめです。

  • 4から9ヶ月

  この時期の赤ちゃんは足をよく動かすようになるので、股下があいているタイプだと服がはだけてしまいます。そのため、股下が分かれているタイプの服を着せるようにしましょう。冬にはコンビ肌着とロンパースを組み合わせると良いでしょう。

  • 10ヶ月以降

  この時期の赤ちゃんは動きが活発になってくるため上下がつながっているロンパースでは動きが妨げられることがあります。はいはいがはじまったら上下が分かれたセパレートタイプのウェアを選ぶようにしましょう。冬にはボディタイプ肌着とセーター、パンツを組み合わせます。

 

(4)最後に

4281

  いかがだったでしょうか。最初にも述べた通り赤ちゃんは自分で服を脱いで体温調節をすることができません。今回紹介したポイントを活かして、親がきちんと寒さ対策を。