• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーになる前に、これだけは決めておいて! 子どもの養育費と面会交流のこと

シングルマザーになる前に、これだけは決めておいて! 子どもの養育費と面会交流のこと

離婚してシングルマザーになることを決断したとき、一刻も早く離婚したいとの思いから、その場の勢いで離婚届を出してしまう人がいるかもしれません。しかし、子どもがいる場合、離婚届を出す前にあらかじめ決めておかなければいけないことがあるのです。 今回は、シングルマザーになる前に決めておくべき、子どもの養育費と面会交流のことについて説明します。

AJG_waretachokotohana_TP_V

離婚してシングルマザーになることを決断したとき、一刻も早く離婚したいとの思いから、その場の勢いで離婚届を出してしまう人がいるかもしれません。しかし、子どもがいる場合、離婚届を出す前にあらかじめ決めておかなければいけないことがあるのです。

今回は、シングルマザーになる前に決めておくべき、子どもの養育費と面会交流のことについて説明します。

 

(1)子どもの養育費と面会交流をめぐる現状

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

日本の離婚の9割近くを占める協議離婚では、夫婦が合意し、それを書面で提出すれば離婚は法的に成立します。2012年から施行されている民法では、協議離婚をするにあたっては子どもの養育費や面会交流について取り決めること、これらの取り決めをするときは子どもの利益を最も優先して考慮しなければならないことが定められています。

しかしながら、現在の制度では十分な協議や取り決めなしでも離婚できてしまうことから、法律で定められているにも関わらず、子どもの養育費や面会交流について取り決めをしないまま離婚する例がいまだにあるというのが現状です。

 

(2)子どもの養育費と面会交流の取り決めは、なぜ必要なの?

PAK73_kumasannonuigurumi20140531_TP_V

子どもの養育費と面会交流の取り決めは、なぜ必要なのでしょうか。それはずばり、それらが子どもの成長のために欠かせないことだからです。

養育費は子どもが自立するまでに要する費用で、生活に必要な経費や教育費、医療費などを指します。これは子どもの生活を保障するもので、離婚後の子どもの生活の基盤となるものです。一般的にシングルマザーは収入が低い場合が多く、養育費を得ることで安心して子育てを行うことができます。

面会交流は、離婚後に、別れて暮らす親と子が面会したり連絡しあったりすることをいいます。子どもは面会交流を通して、どちらの親からも愛されて大切にされていることを実感し、安心感や自信を得ることができます。このことは、子どもが生きていくうえで大きな力となります。

このように、子どもの成長のために欠かせない養育費と面会交流については、離婚してシングルマザーになる前に、夫婦でよく話し合って決めておくことが必要です。

 

(3)子どもの養育費と面会交流について、取り決めておくべきこと

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

それでは、具体的に何を取り決めておけばよいのでしょうか。

まず、養育費については、金額や支払時期、支払期間や支払方法などを細かく決めておきましょう。養育費の金額については、家庭裁判所の実務で使用されている「養育費の算定表」がホームページで公表されているので、一つの目安として参考にしてみてください。

次に、面会交流については、面会の回数や日時・場所、子どもの受け渡し方法など、具体的な内容や方法について定めます。このとき、子どもが安心して面会交流を楽しめるように、子どもの年齢や健康状態、生活状況等を考えながら決めるようにしましょう。

また、子どもの養育費と面会交流に関して取り決めたら、内容を書面で残しておくことが重要です。文書化することで、離婚後の養育費の支払いや面会交流の実施を円滑に行うことができます。

書面にする際は、可能な限り公正証書にしておくことが望ましいでしょう。公正証書にしておけば、養育費が不払いの場合に強制執行ができるなど、取り決めをより実効性の高いものにすることができます。

 

(4)当時者間での取り決めが難しい場合は、第三者に相談しましょう

PASONAZ160306230I9A1809_TP_V

養育費や面会交流の取り決めについては、夫婦による話し合いが可能な時点で必要な合意形成を行うことが望まれます。しかしながら、夫婦間の争いが深刻化し、当事者だけでの話し合いが難しい場合もあるでしょう。そのような場合は、第三者に相談することをおすすめします。

厚生労働省が委託している養育費相談支援センターでは、養育費等についての電話やメールによる相談を受け付けています。また、各地方自治体の母子家庭等就業・自立支援センター等には、養育費等に関する相談員が配置されていますので、最寄りのセンターを確認して気軽に相談してみましょう。

 

 

(5)最後に

 

PAK86_boruasobiyoujyo20140113_TP_V

養育費も面会交流も、子どもの大切な権利です。子どものためのものであることを十分に認識し、子どもの利益を最優先にして考えることが何よりも重要です。夫婦が離婚をしても、親子の関係はいつまでも変わりません。父母双方で子どもを育てていくということを忘れないようにしましょう。

養育費や面会交流についての取り決めや実行には、父母それぞれの理解と協力が必要です。ともに子どもを育てるパートナーとして尊重しあい、お互いに協力しあいましょう。このことが、離婚後の子どもの健やかな成長につながるのです。

 

【参考URL】

養育費相談支援センター

法務省ホームページ ~養育費と面会交流~