• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーとして生きる~出産費用と支援制度特集~

シングルマザーとして生きる~出産費用と支援制度特集~

シングルマザーとして生きることを決めた人にとって気になることはたくさんあると思いますが、そのなかでも、子どもを育てるうえでかかる費用は特に気になることでしょう。そこで、出産費用など、子どもを育てる上でかかる費用と、出産費用に対する支援制度についてまとめました。必ずシングルマザーのみなさんの役に立つことと思います。

smm3151

シングルマザーとして生きることを決めた人にとって気になることはたくさんあると思いますが、そのなかでも、子どもを育てるうえでかかる費用は特に気になることでしょう。そこで、出産費用など、子どもを育てる上でかかる費用と、出産費用に対する支援制度についてまとめました。必ずシングルマザーのみなさんの役に立つことと思います。

 

(1)こんなにかかります! 子どもを一人育てるということ!

smm3152

シングルマザーが子どもを一人育てるのには、結構な費用がかかります。幼稚園から大学までにかかる教育費を考えてみましょう。

まず、公立幼稚園の場合、平均して教育費は3年間で約70万円です。私立幼稚園の場合、3年間で約150万円です。
次に公立小学校の費用は6年間で約180万円、私立小学校の場合は約850万円です。
また公立中学校の費用は3年間で約140万円、私立中学校の費用は約390万円です。
そして、公立高校の費用は3年間で約120万円、私立高校の費用は約290万円です。
最後に国公立大学の費用は約520万円、私立大学文系の費用は約690万円、私立大学理系の費用は約810万円です。

これらの金額を足し合わせると幼稚園から大学までにかかる教育費は、

全て公立に進学した場合、約1,000万円

全て私立に進学して、大学が理系の場合は約2,500万円かかります。

つまり、最低でも1,000万円はかかると見なければなりません。

また、私立の医歯系大学に通う場合、6年間で3,000万円を超える場合もあります。

子育てにかかる費用は教育費だけではありません。
養育費もかかります。出産費用や子どもの食費などを総合して養育費とすると、出産してから22年間で養育費は1,500万円以上します。

出産費用などで出費がかさむ場合も考えると、1年で100万円かかることも想定する必要があります。

以上のように、教育費と出産費用を含んだ養育費を合わせると、子育てには莫大な費用がかかるわけです。

 

(2)最初にのしかかる大きな負担~出産費の目安と支援制度~

smm3153

出産にかかる費用は大きく分けると、検診費用、マタニティ用品の費用、出産準備用品の費用、出産費用となります。これらを合わせるとだいたい50万~100万円の出費となります。非常に大きな出費ですね。しかし、出産費用などの出費を少なくすることが出来る支援制度がいくつかあるのです。ここからは様々な支援制度をご紹介しましょう。

①出産育児一時金
この制度では、出産費用の援助のために、1人の子どもにつき42万円が、健康保険から支給されます。

②出産手当金
この制度は、産休中の生活のサポートを目的として、勤務先の健康保険から、標準報酬金額の3分の2が支給されます。産休中には通常給与が支払われないため、この制度はありがたいですね。

③高額療養費制度
3割負担の健康保険が適用される治療費が自己負担額を上回った場合に治療費が支給されます。

④医療費控除
1世帯の年間の医療費の支払額が10万円以上になった場合、税務署に確定申告をすることで、お金が戻ってきます。

⑤傷病手当金
切迫流産やつわりで会社を休む場合、健康保険から標準報酬金額の3分の2の額の傷病手当金がもらえます。

 

(3)シングルマザーとして生きる事を決めたあなたへ~こんなにあります支援制度~

smm3154

シングルマザーとして生きることは大変です。しかし、シングルマザーの生活を助けてくれる支援制度がたくさんあります。それらを紹介していきたいと思います。

①児童手当
日本国内に住む0歳から中学卒業までの児童を対象とする支援制度です。児童が3歳未満の場合、月額10,000円が支給されます。3歳以上の場合、第一子、第二子は月額5,000円、第三子以降は月額10,000円が支給されます。

②児童扶養手当
シングルマザーなどのために地方自治体から支給される手当です。手当は基本額と、所得に対する支給停止額から算出されます。基本額は、児童が一人の場合は月額41,720円、児童が二人の場合は46,720円、児童が3人の場合は49,720円で、4人以降は一人増えるごとに月額3,000円ずつ増加していきます。

③児童育成手当
18歳までの児童を育てるシングルマザーなどの一人親家庭を対象とする手当で、児童一人につき、月額13,500円が支給されます。

④その他
住宅手当や、生活保護、医療費助成制度もあります。

 

(4)最後に

smm3155

シングルマザーとして子どもを育てるのには、出産費用などお金がたくさんかかるということが分かっていただけたでしょうか。負担はかなりきついものだと思います。しかし、出産費用に対するさまざまな支援制度が用意されていることも事実です。どんな支援制度があるのか、少しでも分かっていただける機会になれば幸いです。

関連記事:

シングルマザーが子供3人を育てる為にかかる費用と補助制度

総額18万!?図解で学ぶシングルマザーが簡単に受けられる8つの支援制度

シングルマザーになったあなたへ、先輩シングルマザーに学ぶ住まいの選び方