シングルマザーの気になる疑問!学費っていくら!?

シングルマザーに限らず、子育てをするお母さんは子供の学費についてとても気になるところですよね。新たにお子さんをつくるか考える際にも重要な要素となってきます。今回はそんな「学費」について詳しく見ていきましょう。

231

シングルマザーに限らず、子育てをするお母さんは子供の学費についてとても気になるところですよね。新たにお子さんをつくるか考える際にも重要な要素となってきます。今回はそんな「学費」について詳しく見ていきましょう。

 

(1)シングルマザーの疑問!子育てにかかる費用っていくら!?

232

シングルマザーが子育てをする上で、一番不安で気になるのが子育てにかかるお金の問題ですよね。子供が生まれてから独り立ちして家を出るまで、一体いくらくらいのお金がかかるのでしょうか?

まずは少なくとも、小学校・中学校を出るまでの学費と、それに伴う必要なものにかかるお金が必要になります。

小学校・中学校では、上履きや体操着、ランドセルや絵の具、彫刻刀といったこまごまとしたものから、遠足・修学旅行にかかる費用まで、思った以上に様々なものにお金必要となってきます。特にお子さんの体の成長も早い時期でもあるので、上履きや体操着などの靴・衣類は場合によっては1年に複数回買い替える必要もあるため、余裕をもって見積もっておいた方がよさそうです。

 

(2)気になる学費っていくら!?

233

子育てにかかる費用の大半を占めるのが学費です。具体的に1人あたりどのくらいの学費がかかるのでしょうか?

まず義務教育の小学校・中学校の場合、どちらも公立校に通わせるとなると、もちろん学費は無料となります。しかし教科書や給食代、遠足など必要な経費を合わせると、小学校で30万5807円、中学校で45万340円が必要となります。この金額が子育てに必要な最低費用となりますね。

これはもちろん公立校の場合ですから、小学校・中学校から私立に通わせる場合や、高校や専門学校や大学まで通うとなると、さらに学費がかかることになります。

高校・大学の場合を見ていきましょう。全日制の高校に通う場合の学費は、2010

年に高校授業料が無償化されたので、公立高校の授業料は無償に、私立の授業料の従来より少なくなりました。必要経費は公立では38万6439円、私立では授業料と合わせて平均して96万6816円となります。公立校に行くか私立に行くかでかなり学費が変わってくることがわかりますね。

さらに、一番お金がかかるのが大学と大学受験にかかるお金です。大学に4年間通うとなると、国公立大学でも年間で109万7000円、入学費用と合わせて4年間で約518万円かかることになります。私立の理系ともなると4年間で約813万円となり、さらに交通費や下宿の場合はその生活費までかかることになるため、奨学金を利用するにしてもある程度の貯金がなければ難しくなってくるでしょう。

 

(3)シングルマザーが節約するならどこを削るべき!?

234

このように、学費には想像以上の多額のお金がかかることが分かりますね。

これにプラスαで、ピアノや水泳などの習い事や学校の部活動、学習塾に通わせるとするとなるとさらにお金が必要となります。経済的に余裕がないという理由で子供のやりたいことをさせてあげられないとなると親としてはとても苦しいものがあるでしょう。

学費を捻出するため、できることならなるべく節約していきたいですよね。シングルマザーが節約するためにはどのような工夫をすればよいでしょうか?

まず考えたいのが通信費や光熱費などの毎月固定でかかるお金です。水道や電気などの無駄遣いを抑えるのはもちろん、通信費などの契約プランを見直すだけでもかなりの額を節約できる場合もあります。月々少しの差でも、年間にすると意外と大きな差になるのでぜひ考え直してみることがオススメです。

 

(4)最後に

235

子供が独り立ちするまで育てるのはなかなか大変なもの。事前にかかるお金を把握して余裕をもった計画をたてるのが成功の秘訣といえるかもしれませんね。奨学金制度等もあるので、ぜひ参考にしてみてください。