• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てで子どもの能力を十分にひきだすにはどうしたらいい?

出産・子育て

子育てで子どもの能力を十分にひきだすにはどうしたらいい?

千尋

将来に困らない子どもに育てたい、日々を楽しく過ごしてくれる子どもに育てたい。そんな風に、自分にとって子どもがどう成長してほしいか「理想像」のようなものがあると思います。

あなたは、ご自分のお子さんにどんな大人になってほしいですか? おそらく共通することとして、「健康で幸せでいてほしい」というものがあると思います。

では、どのような子育てをすれば健康で幸せな大人になってくれるのでしょうか? 今回は、子どもの能力を十分に引き出すための子育てについて考えていきたいと思います。

■子どもの能力をひきだす子育て?

子育てで子どもの将来や能力を伸ばすことができるのなら、取り組んでみたいですよね。そこで、子育てを通じて、子どもの能力を引き出す方法についてご紹介します。

・教育方針を明確にしておく

・短所ではなく長所に注目する

・結果ではなく過程を大事にする

・共感を大切にする

◎教育方針を明確にしておく

子どもに対して、「こんな大人になってほしい」という希望が親それぞれにあると思います。その希望によって教育方針はさまざまだとは思いますが、その教育方針は漠然としたものではありませんか?

例えば、「明るく元気な子になってほしい」、「真面目でしっかりした子になってほしい」など…。こんな漠然とした教育方針は、実はNGなんです!

教育方針は具体的で子育てに対する熱量を感じられるものが理想的です。例えば、「暗記学習ではなく、子どもの知的好奇心を大切にした学習方針。自分で考えて行動ができる力を身につけさせたい」というように、何をどうしていくのかが分かるようなものが理想的です。

教育方針が明確であれば、親のサポートもしやすく、どのように対応したらいいのかが分かりやすくなりますね。

◎短所ではなく長所に注目する

人間は長所よりも短所が目につきやすく、長所を伸ばすよりも短所を解消させることに注力しがちです。しかし短所は別の面から見ると長所にもなるので、実は短所の解消は逆効果の場合もあります。

そのため短所の解消を目指すより、長所を見つけて褒めて伸ばしてあげる子育てをすることがおすすめです。

子どもは褒められることによって自己肯定感を育み、自分が大切な人間であることを自覚します。自己肯定感の低い子どもは、精神面で弱くなりやすく、些細なことでつまずきやすくなってしまう傾向にあります。

打たれ強い子に育てたい、満足度の高い人生を歩んでほしいと考えている場合は、なお長所をしっかり褒めて子どもの自己肯定感を高める子育てをしてあげましょう。

◎結果ではなく過程を大切にする

テストでいい点数が取れた。できなかったことができるようになった。そういったときに結果を褒めてあげることは大切ですが、それよりも大事にしたいのがその過程についてです。

いい結果についてだけを褒められる子は、結果が出せなくなると自己否定が強くなり、努力することがおろそかになってしまうケースが多々あります。このようなケースだと、自己否定が強くなり、自信の低い子に育ってしまう可能性があります。

「自分は何をやってもダメなんだ」という考えが頭を占め、精神的にも弱くなりやすいです。

しかし反対に過程を大切にしていてその努力を褒められる子は、いい結果が出なくても繰り返し努力をし、最終的にいい結果が出せるようになります。そのため、子どもが頑張ったときは結果を褒めるよりも、頑張った過程を褒めてあげることが大切になります。

◎共感を大切にする

「自分の考えを分かってくれる」、「自分の気持ちを受け入れてくれる」という思いは自己肯定感を高めるためにとても大切な感情です。この自己肯定感を高めるためになくてはならないのが『共感すること』です。

子どもは否定されて育つと、自分でも自分の考えを否定しがちになり、自己肯定感・自信ともに低い大人になってしまいます。自己肯定感や自信がない子どもはやはり精神的にも弱くなってしまいます。

子どもの気持ちや考えは否定せずに、共感してあげるようにしてくださいね。

■こんな子育てはNG!? 子どもの能力を引き出すために避けたい子育て

これまでは、子どもの能力を引き出すためにしたい子育てについてご紹介してきました。今度は逆に、子どもの能力を引き出すためには避けたい、NGな子育てにつて紹介していきます。普段の子育ての参考にしてみてくださいね。

・何でも先回りして手助けをする

・否定的な言動をする

・何かにつけて他の子と比べる

・気分で態度を変える

◎何でも先回りして手助けをする

「子どもはまだ小さいから」、「まだ難しいと思って」そんな風によかれと思って先回りして手助けしてしまうことはありませんか? 実はそれ、子どもの能力を引き出す子育てにはNGなんです。

なんでも先回りして手助けをしてしまうと、子どもの自主性や興味を奪ってしまうことになりかねません。次第に、なんでもやってもらって当たり前と自分で考えることをしなくなってしまうこともあります。

子どもの自主性や興味関心を伸ばすには、まず子どもにやらせてみて、どうしても子どもだけでは解決できないとき、最低限の手助けをすることがおすすめです。

◎否定的な言動をする

「まだ小さいんだからできないでしょ?」、「この間失敗したから、今回も無理よ」といったように、否定的な言動は子どものこころを傷つけて、自信ややる気を奪ってしまうそうです。

この言動を親に繰り返されながら大人になると、内向的で自分からリアクションを起こすことが苦手になったり、自分に自信のない卑屈な人になってしまう可能性があります。

また逆に、さまざまな言動を受け入れられて育った子は、大人になったとき他人を大切にできるようになるといわれています。

それは、自分を受け入れてもえるという体験で、自分が大切な人間であるということを学習し、一人ひとりがかけがえのない存在であると気づいていくからです。

他人に優しい子になってほしい、自信をもって積極的に生活してほしい、そんな風に考えている方は、子どもに否定的な言葉を投げかけないようにしてくださいね。

◎何かにつけて他の子と比べる

兄弟や友達と子どもを比較する行為は、子どもの自信を育むことを阻んでしまいますよね。「◯◯くんはもうできているよ? いつになったらできるようになるの?」そんな風に子どものマイナスの面を他人と比較すると、次第に子どもは自分を責めるようになります。

子どもの成長スピードは一人ひとり差があり、身体の大きさも違えば、できることにも差があります。ご自身が子どもだったときを思い出してみると、「あ~、たしかにそうだったかも…」なんて、思い当たる節がるのでは??

子どもの短所ばかり他の子と比べるのではなく、長所を見つけ、他の子と比べることなく褒めてあげてくださいね。そうすると、子どもは認められたという嬉しさから自信を持ち、積極的な行動ができるようになります。

◎気分で態度を変える

親の気分で怒られたり、怒られなかったり、と態度を変えられると子どもは混乱してしまいます。そして次第に、親に怒られないための行動をするようになり、人の顔色ばかりうかがうようになってしまいます。この状況では、大切な約束やマナーをしつけることはできません。

また、この状況で大人になるとアダルトチルドレンと呼ばれる、生きづらさを感じる大人になってしまう可能性もあります。アダルトチルドレンは生きづらさだけでなく、依存性や精神的な弱さを抱えることが多いです。

こうならないためにも、しつけをするときは気分によって態度を変えないように注意してくださいね。

☆まとめ☆

子育てには悩みがつきものですよね。特にシングルマザーは一人で子育ての悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、子どもの能力を十分に引き出す子育てを軸に、おすすめの子育て方法と、避けたい子育て方法についてご紹介しました。

子どもの能力を引き出す子育て

・教育方針を明確にしておく

・短所ではなく長所に注目する

・結果ではなく過程を大事にする

・共感を大切にする

子育て中に避けたい言動

・何でも先回りして手助けをする

・否定的な言動をする

・何かにつけて他の子と比べる

・気分で態度を変える

子どもは成長の過程で自信や積極性、やる気などを身に着けていきます。その習得には親との関わりがとても大切です。ぜひ、今回紹介した内容を普段の育児に取り入れ、子どもの能力を引き出してみて下さいね!

(文/千尋 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

千尋
はじめまして、ライターの千尋です! 秋田県出身、1991年生まれのハロプロ大好きシングルマザーです。 ひょんなことから未婚で出産することになり、現在は育児に悩みながらも、子供と自分にとって糧になる、良い体験ができるように日々模索中です! それでは、簡単に私のプロフィールをご紹介しますね。 名前:千尋 生年月:1991年7月 出身:秋田県 子供:1人 性格:内弁慶の人見知り 目標:年に1回子供を旅行に連れて行く! 好きな物:道重さゆみ、森山未來、宇垣美里 オーブリー・ビアズリー、竹久夢二、中原淳一 梶井基次郎、古屋信子、中村明日美子 杏仁豆腐、ミルクティー、みそたんぽ EGO-WRAPPIN'、中田裕二、ハロプロ コスメ、美容、書籍 最近あった嬉しいことは、娘と共通の趣味(ファントミラージュ)ができたこと。 最近悩んでいることは、油ものを食べると胃がもたれることです。 同じシングルマザーの方の知りたい情報や、悩みを分かりやすく紹介していきます。 私の書いた記事がみなさんのお役に立てると嬉しいです! 3.@chi_191127(Twitter) よろしくお願いいたします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!