出産・子育て

シングルマザーが教育資金を貯めるには!?

ゆー

シングルマザーが一生懸命働く理由の大きな1つに、子どもの教育資金を貯めるためという理由があります。子どもが小学校からずっと公立の場合には、家計の収入から教育費を出したいと考えている人も多いでしょう。しかし、なんとなく教育費が支払えるか不安だと思うシングルマザーもいるはずです。

そこで、とくにお金がかかるといわれる大学進学時に困ることがないよう、計画的に教育資金を貯める方法を調べました。

■教育資金を把握する

大学にはかなりお金がかかりそう…というあいまいな状況を放置しておくと、不安はいつまでも解消されません。果たして今からお金を積み立てていって、教育資金がまかなえるかどうかということを前もって計算しておく必要があります。

日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査結果」(2019年)によると、子ども1人あたりの1年間の在学費用が、高校では72.8万円、高専・専修・各種専門学校が144.7万円、短大が138.1万円、大学が151.9万円となっています。

最もお金がかかる私立理系で184.3万円かかる結果となっており、これに入学金が86.6万円かかります。そのため、大学入学から卒業までに800万円ほどかかる計算になります。私立大学理系のなかでも、医学部や歯学部、薬学部はとくにお金がかかるといわれており、大学4年間で2000万ほど必要な大学もあります。

しかし、子どもが国公立の文系を選べば200~400万円で済むところもあります。自宅から通える範囲に大学があればいいのですが、1人暮らしをして通うとなると、家賃もかかってきます。少なくとも400万円用意しておく必要はありそうです。

■もらえるお金を教育資金にする

シングルマザーでなくても、児童の親であればもらえる「児童手当」があります。所得制限があるので、全ての人がもらえるわけではないものの、子どもが中学卒業までもらえるお金なので、0歳からこれを積み立てていけばかなりの金額になります。

児童手当の額は以下の通りになります。

0歳~3歳まで 1万5000円

3歳~小学校修了まで 1万円(第1子・第2子)

           1万5000円(第3子以降)

中学生 1万円

これらの金額は、月額の計算になります。もし、0歳から中学校卒業までずっと手をつけずに積み立てていけば、合計で約200万円になります。

■教育資金の貯め時を知っておく

子どもが幼稚園や保育園に通っている間、保育料が0~2歳の間は結構かかりますし、保育料無償化を利用しても、私立幼稚園や私立保育園ではその他の雑費や行事費などで意外とお金がかかります。

しかも、子どもが乳幼児の間は何かと育児に手がかかることも多く、仕事をセーブせざるをえない母親は結構多いです。この期間は、教育資金もなかなか貯めづらい時期ですが、子どもが小学校に入ってからは落ち着き仕事もできるようになってきます。

さらにシングルマザーの場合、児童扶養手当や保育料の減免・免除、所得税や住民税の減免・免除、医療費の助成、交通機関の割引、下水道料金の減免などの支援が受けられる人もいます。またどの家庭においても、所得が決められた額を下回っていれば、自治体から給食費や学用品、修学旅行費の免除(就学援助)を受けられます。

したがって、子どもが小さいうちに無理をして貯蓄や節約を頑張り過ぎると、かえって体を壊してしまうことにもつながりかねません。子どもが大きくなるにつれ働ける時間も確保しやすくなるので、必要な援助や支援をうまく活用しながら家計の収支につなげていくといいでしょう。

■学資保険で貯める

学資保険は今の時代それほど返戻率はよくありません。つまり、学資保険でお金を積み立てても、返ってくるお金はプラスマイナスゼロかそれを下回る金額であまり得はしない保険が多いです。しかし、受取人は親自身で、名義を子どもにしておくことで、「子どものために使うお金」として確実に積み立てることができる保険です。

個人年金保険や終身保険なども積み立て系の保険ですが、親自身の名義になりますので、つい自分のために使ってしまったり、自分の老後のために置いておきたくなってしまったりしがちです。そのため、あくまでも子どもの教育資金と決めておく保険としては学資保険がおすすめです。

学資保険の月々の金額を決めておきましょう。一般的には、月1万~2万円に設定し、児童手当を使わずに全額学資保険に回すと、それほど家計には響かないはずです。

シングルマザーといえど、国や自治体の支援は活用しても100%頼らず、むしろなかったものとして貯蓄や教育資金に回す余裕を持つように努力していきたいものです。

■学資保険とは別に1万円を貯蓄する

なるべく子どもが乳幼児のうちに子ども名義の口座を作り、毎月1万円を貯蓄するといいでしょう。早い人では妊娠中に子どもの学資保険に入っている人もいるようです。それほど、早めに入った方が月々の支払いは安く済むのがこの保険の特徴の1つです。ただし、学資保険で積み立てる額にもよりますが児童手当の額では、大学資金を全てまかなうことが難しいです。

学資保険を月々1万円弱の支払いに設定しているなら、それとは別に月々1万円を子どもの預金口座に振り込むようにすると、目標とする大学費用400万円を貯めることができます。

■会社の財形貯蓄を利用する

勤めている会社に財形貯蓄制度があればぜひ活用しましょう。給与天引きで決めた額が差し引かれて給与とは別に貯蓄されます。本人が希望したときや退職時に、会社に申請して引き出すことができます。銀行口座に置いておくとつい使ってしまうことがないわけではありませんが、会社に預けておけば簡単に出そうと思わず、気付いたら貯まっていたという人もいます。

■自動積み立て定期預金を利用する

勤務先の給与振り込みの口座に指定している銀行で、別途定期預金を作ります。そして、給与から毎月決めた額を定期に振り替えて積み立てるようにするのもいいでしょう。定期預金では普通預金のようにATMで簡単に引き出すことができないため、気付いたら使ってしまったというリスクを防ぐことができます。

■固定費を見直す

貯蓄がどうしても厳しい場合には、固定費の見直しも必要です。より安い物件を見つけるほか、スマホは格安スマホにする、車を手放してカーシェアリングを利用するなどいろいろ方法はあります。

■奨学金の利用を検討する

子どもの進路によっては、思いのほか学費がかかるという場合もあるかもしれません。そういう場合には、リスクの高い教育ローンではなく、奨学金の利用も検討する必要があります。

奨学金には、返済義務が課せられる貸し付け型のほか、返済しなくていい給付型があります。成績など一定の条件がありますが、子どもに無利子であっても借金を負わせたいと思う親はいないはずです。さまざまなところが給付型の奨学金を用意していますので、自治体や大学などに確認しておきましょう。

~おわりに~

子育てしていくうえで、教育費の負担はほとんどの親にとっての悩みのタネです。子どもが大きくなってから慌てることがないよう、早めにコツコツと貯めておきましょう。

今は奨学金を利用する家庭も増えており、昔ほど珍しくはなくなってきました。成績上位など厳しい要件はありますが、返済義務がない給付型の奨学金の活用も視野に入れておくと安心です。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!