• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーがマタニティブルーになるのはどんなとき? 乗り越える方法は?

出産・子育て

シングルマザーがマタニティブルーになるのはどんなとき? 乗り越える方法は?

シンママStyle編集部

「マタニティブルー」という言葉は多くの人が耳にしたことがあるかと思います。これは妊娠すると誰もが経験する可能性のある生理的なもので、心が一時的に不安定な状態になります。

これからシングルマザーとして出産を迎えようとしている方のなかには、なんらかの事情により離婚してしまったり、恋人と別れを選んだ方など、めまぐるしい環境変化のなかにいた方が多いと思われるのでとくにマタニティブルーには注意したいところ。

この記事では、シングルマザーがマタニティブルーに陥りやすいタイミングと乗り越えるためのポイントをご紹介していきます。

■そもそもマタニティブルーとは?

マタニティブルーとは、妊娠初期から妊娠中期にかけて多くの妊婦が経験する精神状態のひとつ。人によっては産後まで継続することもあります。

程度や症状は人によりますが、些細なことで気分が落ち込んでしまったり、漠然とした不安などに襲われやすくなります。このほか、疲れやすくなる、眠れなくなるといった身体的な症状が出ることもあります。

また、初期から中期にかけては妊婦健診の間隔が長く胎動もほとんど感じられないため、お腹の赤ちゃんが無事かどうかという不安も常につきまといます。

基本的にはマタニティブルーは一過性のものですが、人によってはさらに悪化してうつ病に移行ししまうこともあるため侮れない状態です。

■妊婦がマタニティブルーになる原因は?

多くの妊婦がこのような状態になる原因は、ホルモンバランスの乱れといわれています。妊娠すると体内で女性ホルモンが大量に作られるため、ホルモンバランスが急激に変化するとされています。このような精神的に不安定になりやすい状態のところに、妊娠による身体の変化や出産・育児へのプレッシャー、出産や育児への不安などが加わりマタニティブルーを引き起こしやすくなるといわれています。

生理前にイライラしやすかった人や、真面目で抱え込みやすい性格の方はとくに注意が必要です。

■シングルマザーがマタニティブルーを感じやすいのはどんなとき?

妊娠・出産を一人で乗り越えるシングルマザーは、人一倍強いマタニティブルーに陥っても不思議ではありません。ここでは、シングルマザーがマタニティブルーになりやすい時期や場面をご紹介していきます。

同じ不安を抱えているのは自分だけじゃないと知っておくだけでも、だいぶ心が楽になりますよ。

◎つわりがつらいとき

妊娠初期には多くの人がつわりを経験します。つわり中は、食事がほとんど喉を通らなくなる人もいれば、常に何かを食べていないと気分が悪くなってしまう人もいます。また、ときどき吐いてしまう程度という人もいれば、水すらも飲めない状態になり入院になってしまう人も。

人によって症状の重さは異なりますが何をするにもとてもつらい時期です。こうした苦しい状況が長期間続くと、身近に支えてくれる夫という存在がいないことが余計に心細く感じられるかもしれません。

ですが、一人だからこそ家事を最小限に抑えられることはメリットのひとつ。「他の家庭は夫が手伝ってくれているんだろうな」と羨ましく感じるかもしれませんが、夫からつわりの苦しみを分かってもらえずに苦しんでいる人もたくさんいることは知っておきましょう。

◎妊婦健診に夫婦で来ている人を見かけたとき

妊婦健診に出かけると、ときどき夫婦で来院している人を見かけることがあります。二人で出産を心待ちにしているような幸せそうな顔を見ていると、つらい気持ちになってしまうかもしれません。これから出産までの不安をひとりで背負っていかなければならないシングルマザーには、こうした何気ない光景が眩しく見えてしまうことがあります。

気にしないのが一番ですが、どうしてもつらいと感じてしまう場合には女性しか立ち入れない産院を探してみるのもおすすめです。

◎周りから夫の存在を聞かれたとき

妊娠に関する手続きでは、夫について問われる場面が必ずあります。または、夫がいる前提で話を進められてしまい気まずい思いをすることがあるかもしれません。

一部には偏見から悪意をぶつけてきたり詮索してきたりする心無い人もいるかもしれませんが、多くの人は決して悪気があるわけではないため聞き流すことも大切です。このようなやりとりは、おそらく今後何度も発生するので軽く捉えるようにしましょう。

◎出産準備に経済的負担がかかるとき

妊娠すると、定期的な妊婦健診に予想以上に費用がかかることに驚くかもしれません。検査内容にもよりますが、通常時で約2000〜3000円、より精密な検査をするときは5000〜1万円ほどかかるときもあります。

さらに、出産時期が近づいてくるとベビーグッズもそろえなければなりません。オムツやミルクなどのこまごました出費のほか、抱っこ紐やベビーカーなどの大きな買い物も必要になります。十分な貯蓄がないシングルマザーは、こうした出費がかかるほど追い詰められていくような気持ちになってしまうことも。

出産後に使える補助金などをよく調べておき、スムーズに手当を受けられるように準備しておきましょう。

◎出産が近づいてきたとき

出産が近づいてくると、やっと我が子に会えるという喜びが大きくなる反面、これから背負う責任の大きさに押しつぶされそうな気持ちになってしまうかもしれません。また、妊娠後期に近づくにつれて安定していた体調が崩れ始める方も。

身体が重くあちこちに痛みを感じるようになったり、眠れなくなったりする人もいれば胃が圧迫されてまたつわりのような症状がぶり返してしまう人もいます。

体調が悪くなると精神も不安定になりがち。休めるときは休みつつ、出産に備えてできる限りの準備をしておきましょう。

■マタニティブルーを乗り越えるためにはどうしたらいい?

マタニティブルーが重くなるとうつ病につながるケースもあります。ただでさえ環境の変化が大きいシングルマザーはとくに気をつけたいこの時期。乗り越えるために大切な心構えについてご紹介していきます。

◎自分の決断に誇りを持つ

シングルマザーになることを覚悟のうえで子どもを産むと決めたとき、周囲はどのような反応をしたでしょうか。おそらくその決断を後押ししてくれる人ばかりではなかったと思います。

それでも産むと決めたのは紛れもなくママ自身の意思のはず。ママはお腹に宿った命を守れるただ一人の存在です。

マタニティ期間はプレッシャーに押しつぶされそうになるときもあるかもしれません。また、現在に至るまで恋人や元夫との別れなど、さまざまな環境の変化があった方もいるはず。そんななかでも、子どもの命を守るという何物にも代えがたい決断をした自分自身に、もっと誇りを持って過ごしましょう。

◎かけがえのない存在ができることに思いを馳せる

今後母親として子どもを守っていけるのかというプレッシャーは、多くの人がマタニティブルーのときに感じるもの。とくに、シングルマザーは自分ひとりで子どもを育てていかなければならないため、より強いプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

今は自分にそんなことができるのか不安に思うかもしれませんが、ひとりでも子どもを産むと決意できた責任感の強い方なら必ず乗り越えられます。

また、守るべき存在ができるというのはとても幸せなこと。プレッシャーや大変なこともあるかもしれませんが、子どもはそれ以上に幸せを与えてくれるかけがえのない存在です。誕生後の生活に思いをめぐらせながら過ごしていきましょう。

◎隣の芝は青く見えるということを理解する

マタニティのシングルマザーのなかには、決して望んでシングルになったわけではない方もいらっしゃるかと思います。そんなときに町中で子連れの夫婦を見かけるとつらい気持ちになってしまうかもしれません。

もちろん、夫婦円満な家庭や、家事や育児に協力的な夫がいる家庭もなかにはあります。ですが、幸せそうに見えていても性格の不一致により夫婦仲がうまくいっていない家庭や、夫が家事や育児にまったく協力してくれずワンオペ状態のママもいます。

そうした人から見れば、むしろシングルマザーは夫に気を使わずのびのびできて羨ましいと思っているかもしれません。

家族の形に関わらず、家庭ごとにそれぞれの悩みがあります。表面的なところだけを見て比較して落ち込むのはとてももったいないこと。それよりも生まれてくる子どもと幸せな家庭を築いていくことを考えましょう。

☆まとめ

マタニティ期間は、日々子どもの成長を実感できる幸せな時期。でも、ホルモンバランスの乱れや環境と身体の変化などにより、精神的に不安定になってしまうときもあります。環境の変化が大きいシングルマザーにとってはとくにつらい時期に感じられるかもしれません。

本来頼れるべき夫という存在がいないため孤独感を強く感じるときもあるかと思いますが、マタニティブルーは基本的には生理的な現象で一過性。あまり気にしすぎないように日々を過ごしてくださいね。

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!